~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

20代は転職の最高のタイミング?キャリアチェンジのタイミングとは?

キャリアチェンジはキャリアアップとは違います。今まで培ってきたノウハウを活かして同じ業界の、同じ職種に転職することがキャリアアップです。キャリアアップを「成長」とするのなら、キャリチェンジは「 蛻変 (ぜいへん)」と言えます。あまり耳慣れない言葉ですが・・・ 蛻変 とは卵が幼虫になったり、幼虫が成虫になったりすることです。つまり、そのまま大きくなる成長とは違って、今までとは全く違う形に生まれ変わるということです。

今日はそんなキャリアチェンジのタイミングについてお話します。キャリアチェンジだけではないですが、すべての物事はタイミングが大切です。

キャリアチェンジする年齢について

20代はキャリアチェンジの好機です。

未経験者の採用となると、企業としては基本的に、成長性が期待できる20代を優先するのが一般的です。
年齢が若い分、柔軟性や将来性に期待がもてるうえ、前職で社会人経験を積み、一定のビジネスマナーを身に付けていると考えられ、新卒のようにゼロから研修を行う必要がないからです。たとえ、未経験の業種・職種へのキャリアチェンジでも、人柄やポテンシャルを重視し、内定を出す企業も多いといわれています。

そのため、キャリアチェンジして働きたい業界や職種がある人は、できるだけ20代のうちにチャレンジするのが良いでしょう。

30代になると、20代の頃と比べてキャリアチェンジのハードルは少し高くなります。
なぜなら30代以上の転職では、スキルや実務経験を兼ね備えた即戦力を求められる傾向があるからです。30代になると、20代よりは収入も上がっているでしょう。30歳を過ぎてからそれまでのスキルや実務経験とは関係のないキャリアチェンジをする場合、収入ダウンも覚悟しておく必要があります。

キャリアチェンジを諦めきれないという場合、勤務先の会社で別の職種に異動するのもひとつの方法です。

周囲のアドバイスより自分自身のタイミングを信じて

Two twin little sister girls whisper in the ear, outdoor on green park

夢を持って働き始めたけど、実は理想と現実は違ってなかなか思うような仕事ができていないということはよくあります。自分なりの目標を持っていて就活をした人であればあるほどそんな気持ちを持ちやすいと言えます。

そんなとき、ちょっと考えと違ったのでキャリアチェンジしようとすると周囲はこんなことを言ってきます。「我慢が足らない」「どこに行っても同じ事になるだけ」「もう少し様子を見てみたら?」「逃げるの?」・・・そう聞くと確かにそうかもななんて思ってはいけません!!

なぜならアドバイスをしてくれる多くの人はキャリアチェンジをしていない人だからです。やったことない人のアドバイスではなく、タイミングを決めるのは自分自身だと信じましょう。