~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

営業から転職可能な職種は?営業経験は転職で有利になる?体験談と紹介

営業職は成果がわかりやすくやりがいがあります。ですが、ノルマ達成へのストレスが溜まったり長時間労働になったりと大変なことが多い職業です。営業職をしていると、営業職が向いていないと感じることや他の職業に転職したいと感じることが多いのではないでしょうか。

今回は営業職から他の職種に転職したいと考えている方に、営業職を辞めて他の職種に転職したいと感じた時に考えてほしいこと、そして営業職からのキャリアチェンジにおすすめの職種を紹介します。営業職を辞めたいと感じている方必見の記事です。

転職したい理由を明確にする

転職する際はいずれも転職したいと考えている理由を考える事が大切です。営業職から転職したい理由を明確にすることで、このまま営業職を続けるべきか、それともキャリアチェンジするべきか、とキャリアプランが明確になります。まずは営業職から転職したいと思った理由をはっきりさせましょう。

ノルマが厳しい

成果主義でノルマが厳しい営業職。成果主義なので、プロセスが見てもらえない事が多く、ノルマの厳しさからストレスとプレッシャーを感じる事が多い仕事です。数字でノルマが出される上に達成できないため、成果を出せない場合は辛いと感じる事が多いでしょう。

社員全員が日々の厳しいノルマ達成に必死になり、(中略)私が販売すると「俺なら重点商品を販売したけどな」と小言を言われることもありました。
出典:キャリチェン体験談

人間関係に問題がある

職場の人間関係、顧客との人間関係に問題がある場合は、職場を辞めることで問題が解決する事もあります。営業職の場合、職場の人間関係だけではなく、顧客との人間関係に問題があって転職することもあるため、注意しましょう。

お客様が店内に入ってくると取り合いになり、雰囲気は殺伐としていました。ギスギスとした職場の空気はお客様やアルバイトの目にも明らかだったと思います。
出典:キャリチェン体験談

激務をやりたくない

営業職は顧客に合わせて動く仕事なので、激務になりがちな仕事です。特に女性の場合は、出産と子育てなどのライフステージに合わせて、仕事のやり方を変えたい方が多いですよね。営業職を離れて、ワークライフバランスを取れる他の職種につきたいと考える女性は多いです。特に営業職から事務職へ転職を考える女性は多くいます。

朝8時の就業1時間前には出社して掃除、通勤時間も1時間はかかるため当時の起床は5時でした。新規開拓の部門にいたため、とにかく住宅街を歩いて個人宅への飛び込みしたり電話を1日200件かけたり。
出典:キャリチェン体験談

頭を下げるのが辛い

営業職は理不尽な事に頭を下げなければいけない事もあります。自分が悪いわけではないのに頭を下げなければいけないのはストレスが溜まってしまいますね。

無言で電話を切られたり明らかに居留守を使われる分にはいいのですが、対面で怒鳴られたりすることも多く、それでも契約を取ることは本当に難しく、とにかく精神的に追い詰められることが多かったです。
出典:キャリチェン体験談

雑務が多い

営業職はクライアントとコミュニケーションをとるだけではなく、他にも電話対応や書類作成など様々な雑務をこなさなければいけません。自分で段取りを立てて、スケジュール管理をするのが苦手な人には難しいでしょう。同時にいろいろな仕事を処理するのが苦手な方にも向いていません。

商品や商材に魅力を感じられない

魅力を感じない商品を取り扱っていませんか?自信を持っておすすめできない商品を人におすすめするのは気が引けますよね。自信を持って営業ができない商品を取り扱っている場合には、違う商品を取り扱っている会社に転職することで問題が解決する場合もあります。取り扱っている商品が嫌いなのか、それとも営業職が嫌いなのかを明確にする事が大切です。

営業で身についたスキルは他の職種でも活用できる

営業職で身につけた様々なスキルは、他の職種でも活かせる汎用性の高いスキルです。自分の得意なスキルを把握することは、転職をする上で大切な事です。自分はどの能力が身についているのか、自分の最も得意なスキルは何かしっかり考えましょう。

《営業職で身につくスキル》

  • コミュニケーション力
  • トラブル対応能力
  • 企画力
  • 提案力
  • スケジュール管理能力
  • ビジネススマナー

特に、営業職は高いコミュニケーション能力をつけられる職種です。コミュニケーション能力はどの職種に転職しても役立つスキル。どんな職種でも、コミュニケーション能力の高い人は歓迎されます。コミュニケーション能力の中でも「相手の意見を聞き出す力」「自分の意見を伝える力」「相手の話を理解する力」は特に重宝されるでしょう。

営業の現場経験がある転職は有利?

営業は上下関係やノルマが厳しい上に、予測不能なトラブルが起きやすい職種です。厳しい職種だからこそ、社会人的な基礎力や様々なスキルが身につきます。営業の現場で様々な経験を積んだ経験がある人は、他の職種についてもその経験を生かすことができるとみなされるため、転職に有利だと言えます。

営業職から転職可能な職種

営業職としてのスキルを活かせる、営業職からの転職におすすめな職種を紹介します。

別会社の営業職

「営業職という職種が合わないのか」「今の会社が合わないのか」と、自分が営業職を辞めたいと思っている理由をしっかりと考える事が重要です。

営業職と言っても、様々な業界と職種があります。営業職から他の職種へ転職したいと考えていても、職場環境や担当する商材を変えることだけで解決する場合もあります。

また、企業や業界によっても営業のスタイルや営業の方針が異なるため、今の会社で営業が合わないと思っていても、他の企業に転職して営業職をやってみたらうまく行ったという場合も多いのです。

同じ営業職でも、管理職となり部下を育成する立場を目指すのも一つの手です。マネジメントする立場になって、キャリアアップを目指すのもおすすめですよ。

販売職

営業職と販売職はどちらも物を売るという点では同じ職種です。営業は新しい顧客を獲得し商品を販売しますが、販売職は獲得済みの顧客に対して購入サポートをする仕事です。販売職は、営業職のように顧客に売り込みをするのではなく、顧客の買い物のサポートをする仕事。顧客を新規開拓するのが苦手と言う方は、営業職よりも販売職の方が向いているでしょう。

マーケティング職

マーケティング職はコミュニケーション能力と論理的に伝える力、さらに情報収集能力が必要とされる職業です。また、マーケティング職は市場と顧客、商品の事について詳しく知っている必要があります。営業職として、日々顧客のニーズと向き合ってきた経験をマーケティング職として活かす事ができるでしょう。

カスタマーサポート職

カスタマーサポート職は、顧客からの問合せにメールや電話で対応する仕事です。クレーム対応や問合せへの対応を行う場合もあります。顧客とコミュニケーションを取りながら、顧客のニーズを把握し、サポートする力が求められます。営業職で身につけたトラブル対応能力やコミュニケーション能力を活かす事ができるでしょう。

事務職 

事務職は、会社の社員がスムーズに働けるようにサポートをする仕事です。事務職と一口に言っても、一般事務、経理事務、営業事務など様々なものがあります。事務職は仕事をコツコツ進められる力、人をサポートする力、対応力、パソコンスキルが求められます。

営業職と違い、事務職はわかりやすい成果がでないためつまらないと感じてしまうこともありますが、ノルマがなくなったことで仕事が楽しくなったと感じる人も多いです。

企画職

企画職は、消費者の動向や市場の動向をリサーチする事が重要な職業です。クリエイティブなアイデアが重要だと思われる企画職ですが、リサーチに基づいた根拠が大切な仕事で、顧客や市場のニーズを捉えて商品を企画する力が必要とされる職業です。

顧客のニーズをとらえてそれに合わせた商品を提案していた、営業職としてのスキルを活かせるはずです。

バックオフィス

バックオフィスは企業の中で、顧客と直接やり取りしない部門のことです。具体的には、人事・経理・法務・一般事務(庶務)などの職種を指します。バックオフィスは営業職と同じく、人とコミュニケーションを取りながら仕事を進められたり仕事のやりがいを感じられたりする職種です。営業職で培ったコミュニケーション能力を生かすことができます。また、営業職のように売上に直結するわけではないものの、サポートする

ことで売上や収支に貢献することができるのがバックオフィスの魅力です。

転職で迷ったらプロに相談

「なんでもいいから営業職ではなく別の職種に転職したい」と転職を焦ってしまうと、自分に合わない職種や職場を選んでしまい、転職を繰り返すことになってしまいます。まずは、営業職を辞めたい理由を明確にし、自分に合う職種や職場を探すことが大切です。

「営業職を辞めずに他の会社に転職したい」「営業職を辞めてキャリアチェンジしたい」など迷っている事があれば、キャリアカウンセラーに相談してください。キャリチェンなら、あなたの転職活動をしっかりとサポートします。是非気軽に相談してくださいね。