~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

キャリアチェンジで求められるものは?企業が必要としているコミュニケーション能力の秘密

企業が人材に求めている能力でもっとも多い回答は何と15年連続で「コミュニケーション能力」です。つまりそもそも企業は経験者を求めていて、スキルが必要だと言っているわけではなく・・人と人とのコミュニケーションがしっかりできる人材を求めているのです。(下図参照)

経団連による「企業が採用活動選考で特に重視している要素」

では、コミュニケーション能力とは何なのか?

「コミュニケーション能力」という言葉は確かによく聞きます。いったい何がコミュニケーション能力なのでしょう?コミュニケーション能力が高いといわれる人はどうゆう共通点があるのでしょうか?

コミュニケーション能力の秘密が紐解ければ、キャリアチェンジでも採用にぐっと近づける気がしますね。

コミュニケーションの基本は相手に興味を持つこと相手を知ること

コミュニケーション能力とは自分一人で成立する能力ではありません。相手がいて、対人関係をスムースに進めていくための能力です。では、人間はどんな人を信頼し、仲良くなりたいと考えるでしょう?

それは共感できる人です。共感とは相手の気持ちを汲み取り、自分もそのような気持ちになるということです。これは動物の中で人間にしかできないといわれています。人間以外の動物は相手が悲しいからといって、自分が悲しくなったりしませんし。相手が楽しいからといって自分が楽しくなったりすることもありません。

共通点があると共感できると勘違いすることも?

人間は共通点を見つけることによって共感ができると勘違いすることもあります。皆さんにも経験があるのではないでしょうか?

初めて会ったにもかかわらず、生年月日が同じだったり・・出身地が同じだったり・・出身校が同じだったり・・共通の友人がいるといきなり相手との距離感が縮まります。それは共通点を見つけることで、共感できると勘違いするからです。

第一歩は相手のことに興味をもち、相手を知ること

共感するにはまずは相手のことを知る必要があります。これはビジネスでもプライベートでも同じです。相手のことを知るモチベーションは相手に興味を持つことです。自分のことをわかってくれている相手を人間は信頼します。

逆に相手に対して、あなたに興味がありますよ。あなたと名共感していますよと伝えることができると、それはとてもコミュニケーション能力が高いと思われます。

ミラーリングとペーシング

相手に対してそれを伝える方法の一つに「ミラーリング」と「ペーシング」といわれる方法があります。ミラーリングとは言葉のとおり、鏡に映るように相手のやることをまねるということです。

相手が手を組めば手を組み、相手が前のめりになれば前のめりに、相手が足を組んだら自分も足を組む・・・ただそれだけで相手はあなたのことを信頼するようになるのです。

コミュニケーション能力が高いとはどういうことなのか少しお判りいただけましたでしょうか?

キャリアチェンジだけではなくビジネスだけでもなく・・人生を豊かにするためにもコミュニケーション能力は身につけていきたいものですね。