~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

向いてる仕事がわからない!自分にあった仕事の見つけ方は?人見知り・オタク・マイペースな人にオススメな仕事

向いてない仕事を続けているとどうなる?

働くことが辛くなってしまう

向いてない仕事を我慢して続けていると、働くことそのものが辛くなってしまいます。仕事が辛いからやる気がなくなり、成果が出ないことで、より仕事が辛くなるという負の連鎖を招いてしまいます。

成果が出にくくなってしまう

「向いてない」「嫌い」だと思う仕事を我慢して続けていても、仕事の成果が出にくいでしょう。仕事の成果が出ないことで、自信がなくなってしまい、自分にこの仕事は向いてないのではないかと感じる悪循環に陥ってしまいます。

POINT

向いてない仕事を続けていると、働くことが辛くなってしまう上に、成果が出なくなってしまう。

自分に向いている仕事とは?

働くことが辛くなってしまったり、成果が出にくくなってしまったりすると、仕事を続けることが嫌になってきがちです。そこで、自分に向いている仕事を選ぶ必要があります。自分に向いてる仕事とは「楽しめる仕事」「やりがいがある仕事」の2つです。

楽しめる仕事

まず、仕事をしていて楽しい!と思える仕事は、自分に向いてる仕事だと言えます。自分が好きで得意なことを仕事にすると、成果が出しやすい上に楽しめるでしょう。

\ 転職して夢を叶えた体験談/

どうしても夢をあきらめたくない!「やりたいこと」を続けるために選んだ転職の道

ただ、自分が好きなことを仕事にすることが必ずしもいいことだとは限りません。好きなことを仕事にすると、好きなことと仕事とのギャップを感じ、思うように仕事を楽しめない可能性があります。好きな仕事と向いてる仕事が必ずしも同じとは限りません。好きなことを仕事にするかどうかはしっかり考えた上で決めるのがいいでしょう。

\ 趣味を仕事にして仕事が嫌いになってしまった体験談 /

「趣味を仕事に」は幸せ?趣味と幸せを分けた20代女性の転職体験記

やりがいがある仕事

やりがいを感じられる仕事とは、満足度が高い仕事のことです。仕事を通してワクワクできる、達成感があるなどポジティブな感情を感じられると向いてる仕事だと言えるでしょう。たとえ激務でもやりがいを感じられる場合は、向いてる仕事だと言えます。

POINT

自分に向いてる仕事とは、楽しめる上にやりがいのある仕事。

自分に向いている仕事の見つけ方

自分に向いてる仕事を見つけるにはまずは「自己分析」をすることが大切です。自己分析とは、自分自身のこれまでの経験や考え方を整理し、自分の能力や強みや弱みを理解した上で、「自分はどんな仕事がしたいか」「どんな人生を歩んでいきたいか」を考えることです。自分自身を理解することで、自分に向いてる仕事を見つけやすくなります。ここからは、自分に向いてる仕事の見つけ方を紹介します。

自分が楽しいことを見つける

直接仕事に繋がらならなさそうな、ちょっとしたことでも構いません。自分が楽しいと思えることを考えてみましょう。それをやっていると自分自身がワクワクする、時間を忘れて楽しむことができる、そんなことを見つけましょう。今日のコーディネートのことを考えているだけでワクワクする、ゲームをしているときは時間を忘れて没頭できるなど、自分が楽しいと思えることを見つけましょう。

「自分が楽しいと思うことがない…」と感じる方は、これまで自分が時間とお金をかけてきたことなにかを考えてみるのもおすすめです。お金と時間をかけてきたことは、自分にとって楽しいことである可能性が非常に高いです。

旅行や買い物など、趣味になっていることでも構いません。自分が何にお金と時間をかけてきたのかをしっかり考えることで、自分が楽しいと感じていることを再確認できるでしょう。

興味がある仕事を見つける

興味がある仕事を見つけて、調べてみましょう。なぜその仕事に興味があるのかを深堀りして考えられると、自分が興味があることを知ることができるでしょう。プログラマーという職業に興味を持ったなら、なぜプログラマーに興味を持ったのかを考えることが大切です。

「一人でできる仕事がいい」「手に職がある仕事に興味がある」「なにかを作り上げる仕事に興味がある」など、自分がなぜその仕事に興味を持ったのかを考えることで、やりたい仕事を見つけるきっかけになるかもしれません。

人生で優先すべきことを見つける

「プライベートよりも仕事を優先させて、キャリアを積みたい」「仕事と同じくらいプライベートを充実させて趣味を楽しみたい」「仕事はそこそこにして、子育てに専念したい」など、人それぞれ人生で優先したいと思うことは異なります。自分は人生でなにを一番優先したいのかを考えることで、向いてる仕事や理想の働き方を見つけることができるでしょう。

苦手なことを見つける

「好きなことが見つからない…」そんな時は、苦手なことややりたくないことを見つけましょう。「〇〇だけは絶対にやりたくない」「〇〇は苦手」と自分がやりたくないことを見つけ、苦手なことから消去法式で、やりたいことを探していくのもひとつの手段です。

例えば「コミュニケーションを取るのが苦手だから人と話す仕事はしたくない」「体力には自信がないから身体を動かす仕事をしたくない」などのように、自分が苦手なことからやりたくない仕事を考えるのもおすすめです。

また、苦手なことだけではなく、自分が無意識にいらっとしてしまうことは何かを考えるのもいいです。他人のしぐさや言動が気になっていらっとしてしまうのであれば、マナーに興味があるのかもしれません。

また、お店のインテリアをみた時に「もっとこうしたらいいのに」といらっとする場合は、インテリアにこだわりがあるのかもしれません。普段の生活のちょっとしたことから自分の興味があることを見つけ出すようにするといいでしょう。

得意なことを見つける

得意なこととは、人よりもできること、やっていても苦にならないことを指します。特に努力したわけではないけれど、なぜかさらっとできてしまうことも、実はあなたの得意なことかもしれません。自分にとっては簡単にできることなのに、周りの人は苦労していることを見つけることで、自分の得意なことが見つかるかもしれません。

仕事の譲れない条件を考える

仕事の譲れない条件から考えてみましょう。「ハードワークでもいいから稼ぎたい」「土日休みがいい」「9時から17時までの仕事がいい」など仕事の条件から考えるのもおすすめです。仕事の譲れない条件を考えることで、やりたくない仕事を絞ることができ、やりたい仕事を見つけるきっかけになります。

キャリアコンサルタントに相談する

自分に向いてる仕事がわからない…と悩んでしまう場合は、キャリアコンサルタントに相談するのもおすすめです。キャリアコンサルタントは、相談者のこれまでの経験や性格や思考から強みや弱みを一緒に考えていきます。一人で考えるのが難しいと感じる方は、是非キャリアコンサルタントに相談して、第三者の意見を聞くのもおすすめです。キャリチェンへの相談はこちら

POINT

自分に向いてる仕事の見つけ方

・自分が楽しいことを見つける
・興味がある仕事を見つける
・人生で優先すべきことを見つける
・苦手なことを見つける
・得意なことを見つける
・仕事の譲れない条件を考える
・キャリアコンサルタントに相談する

性格別に向いてる仕事とは?

ここからは「人見知り」「オタク気質」「マイペース」の3タイプ別に向いてる仕事を紹介します。

人見知りに向いてる仕事

コミュニケーションを取るのが苦手な人見知りの性格の方には、比較的コミュニケーションの場が少なく、自分でコツコツ仕事を進められる仕事がおすすめです。これらは一例ですが「Webデザイナー」「Webライター」「エンジニア」「データ入力」などは人とコミュニケーションを取る必要が少ないです。

オタク気質に向いてる仕事

オタク気質な人には、没頭できて集中力を必要とする仕事がおすすめです。オタク気質ならではの粘り強さや探究心が活かせるプログラマーや発売前のゲームのバグを調査するゲームのデバッカーなどの仕事がいいでしょう。

マイペースに向いてる仕事

マイペースな性格に向いてるのは、自分のペースで仕事ができて、自分なりのこだわりを活かせる仕事です。自分のペースで仕事を進められる「営業職」「事務職」「ドライバー」「司書」「データアナリスト」などがおすすめです。

POINT

性格別!向いてる仕事の特徴
人見知り:自分で仕事を進められる仕事
・オタク気質:集中力を活かせる仕事
・マイペース:自分なりのこだわりを活かせる仕事

まとめ

自分に向いてる仕事はなかなか見つけるのが難しいものです。誰にでも必ず向いてる仕事はあります。自分に向いてる仕事がわからないと悩んでいる方は是非キャリアコンサルタントのキャリチェンにご相談ください。キャリチェンは、あなたの経験ややりたいことや理想の働き方を伺い、それに合ったお仕事を提案します。自分に向いてる仕事がわからないとお悩みの方は是非キャリチェンにご相談くださいね。