~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

【失敗談から学ぶ】面接の心構えと採用される回答例!キャリアチェンジしたい人必見

キャリアチェンジは必ずしも成功するとは限りません。もちろんなんでもそうですけど・・・キャリチェンのキャリアコンサルタントが聞いてこんな心構えだと失敗する確率が高いという転職の際の心構えをご紹介します。

先輩方の失敗談に学んで、自分のキャリアチェンジは絶対に成功させましょう!!

○○が嫌だからキャリアチェンジしたい

営業でさんざん数字に追われて嫌な思いをしたので、もうそんな思いをしたくない。だから事務職に転職をしたい・・そんな方も数多くいるはずです。もちろんきっかけはそれでも構わないのですが、面接の際になぜキャリアチェンジしたいのかを聞かれたときに「営業が嫌だから」では通用しません

例えば・・「以前はノルマの厳しい環境で営業をしていました。ノルマの大変さ、クリアした時の達成感などは十分理解しております。そんな私だからこそ、営業の皆さんのサポートがしっかりできると考えています。」

と答えたらいかがでしょう?面接官は前職の営業の経験をしっかりと活かした事務になってくれそうだと感じますよね?

どうしてもこの仕事じゃないとだめ

キャリアチェンジするにはそれなりのその仕事じゃなきゃいけないというこだわりや夢をもっているに違いありません。でも、採用担当者は経験者ではなく未経験であるあなたに何を期待しているのでしょう

それは伸びしろと柔軟性です。経験はないもののやる気と情熱に満ち溢れるあなたは非常に魅力的であることは間違いありません。さらに新しいことに挑戦し環境になじもうとする柔軟性を評価することでしょう。

しかし、自分の考える仕事じゃないとダメだというのはその柔軟性を著しくかいた考え方です。もちろん、その仕事やることが前提でありながらも、どんなことでも挑戦していきたいという姿勢を伝えたいですね。

自分の短所を言いっぱなしにしない

採用面接ではあなた自身の短所を聞かれることもあります。聞かれなければ基本的には自分から短所を話す必要はありません。が、短所を聞かれたのに「特に短所はありません」では、あまり自己分析できてない、客観的に物事見つめる視点に欠けている・・・と思われてしまう可能性があります。

短所はきちんと答えるものの、言いっぱなしにせず、その短所を理解したうえで、どのような対策をしているのかをきちんと説明できるようになっておきましょう。

例えば、頑固なところが短所だったとしたら。「頑固な部分があって、どうしても人と意見が衝突してしまうことがあります。そのため、意識的にお互いのホンネをぶつけ合って、納得いくまでコミュニケーション取ることを心掛けています」と答えれば、きちんと短所と向き合っていることが伝わります。

転職とキャリアチェンジでは違っている?面接官が見ているポイントの違い

キャリアチェンジは単なる転職と少し違います。業界もしくは業種で未経験の新しいことに挑戦するということを意味します。だとすれば、面接官が見ているポイントも通常の面接とは少し異なって当然です。

◇前職を辞めた理由、新しく挑戦する理由が理にかなっているか?

キャリアアップと違いキャリアチェンジは今まで培ってきたスキルとは違うことに挑戦することになります。それにはある程度の決意と勇気が必要です。

それだけのリスクを背負ってキャリアチェンジするのであればそれに相応な理由があるだろうと面接官は考えています。「なぜ、今までのキャリアを捨てて新しいキャリアに挑戦するのか」「どうしてもこの仕事をしたい理由な何なのか」そこが合理的に理解できれば逆に非常に有利なポイントになります。

◇未経験でも継続する覚悟があるか?

未経験で新しい環境に飛び込むからには周囲からもそれなりの風当たりが想像されます。未経験なのでできませんでは当然周りは納得してくれません。そのプレッシャーに耐えて、きちんと成果を出していく覚悟があるかを面接官は知りたがっています。

その覚悟のもとは情熱です。どれだけ自分はこのキャリアチェンジを熱望しているのかをはっきりと伝えることが非常に大切です。

キャリアチェンジはライフスタイルから劇的に変わります

キャリアチェンジでライフスタイルが劇的に変わった体験談は「私のキャリチェン体験談でご紹介しています。

スーパーの精肉部門 → ITベンチャーの事務 体験談を読む

食品メーカーの商品企画 → 外資系コンサルティング会社事務 体験談を読む

美容室のアシスタント → ITベンチャー事務 体験談を読む

みなさん、仕事を変えることで生活も変わってますね。あなたもあなたらしい生活をキャリチェンで見つけましょう。

キャリチェンに相談してみる→