~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

キャリアチェンジはゴールじゃない!!転職した後の話が一番大事

キャリアチェンジはゴールではなくスタートです。キャリアチェンジしてからどう働くのかが大事なことです。念願がようやくかない、望む仕事を手に入れた人たちは本当に満足しているのでしょうか?

入社後に困ったことはなに?

キャリアチェンジした後で困ったことの1位は収入の問題でした。キャリアチェンジはキャリアアップと違いどうしても未経験での挑戦になります。給与は下がるケースが多いということでしょう。

ただし、キャリチェンのキャリアチェンジは違います。平均すると給与が30%以上アップしているのです。入社前のしっかりとした社員研修のサポート体制のおかげですね。2位、3位には業界ならではのルールや仕事の進め方などがわからないという内容がランクインしています。

転職が満足できなかった人の理由とは?

キャリアチェンジに不満を抱いている人に転職先を決めた理由を聞いてみると・・・1位は内定が早くもらえたから、2位は熱心に口説かれたからでした。つまり、自分の意志ではなく、置かれている環境で転職先を選んでしまったということでしょう。

周囲に流されず、環境に流されず、本当に自分の働きたい会社を選ぶことがその後の満足度に大きく影響を与えてしまうことがわかります。

自分の意思で決めるためには、面接後や内定後の節目で、「転職によって何を解決したいのか。それはこの会社で解決できるのか。」を冷静に思い返すことをおすすめします。
転職活動は、長期化すると精神的につらくなり、「早く終わらせたい」と思うようになります。その結果、内定が出ると、あまり考えずに入社を決めてしまうことが多いのです。転職の目的を忘れないために、紙に残し、目に留まるようにしておくこともおすすめできます。