~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

職務経歴書は最初の1/3で決まる! 通過率の上がる応募書類の書き方を大公開

転職活動をしていると、なかなか書類選考が通過しない、なんてことがよくあると思います。 なかなか結果が来なくてモヤモヤしたり、長いこと待った結果がお見送りだとモチベーションも落ちてしまいますよね。
中には何十社も応募したのにほとんどがお見送りだった!という方もいるかもしれません。 会ってもいないのにNGを出されるなんて、ちゃんと自分を見てもらえていないようでとっても悔しいですよね

選考試験の最難関は書類選考!

そもそそも、書類選考の通過率はどのくらいなのでしょうか?

一般的に書類選考の通過率は実は15~20%程度!10社応募しても1、2社しか通過しないものなのです。 人気の職種やその時の景気によってはもっと下がることもあります。

ちなみに一次面接の通過率は30%程度、さらに最終面接の通過率は50%となり、書類選考は最もハードルが高い選考フェーズとなっているのです。

中には、「10%もいかないかも、、、」「全滅した!」という方もいるかもしれません。 そのような場合はもしかしたら書き方に何か問題があるのかも?

では、人事は応募書類のいったいどんなところを見ているのでしょうか?
学歴?転職回数?それとも自己PR?

難関の書類選考、少しでも通過率をあげるコツがあったらいいですよね。
実際に採用現場で活躍している方の意見から、通過しやすい職務経歴書のコツについてまとめてみました。

衝撃の事実!人事は職務経歴書の1/3しか見ていない

企業の採用担当に実際にどんなところを見ているかアンケートをとったところ、驚きの事実が分かりました。なんと、ほとんどの人事が前半の1/3だけを見て採否を決めているそうなんです!

理由は「前半を読むだけで、だいたい何やってた人かわかる」「忙しいから」「全部読んでられないから」と意外にもシビア。
これを知った時、以前1社1社応募書類を書き直して送っていた筆者としてはとてもショックでした。

大手人気企業や好条件の求人であればあるほどこの傾向は顕著なようです。
詳しく聞いていくと、上場しているような企業には毎日何十通、何百通と応募書類が届き、それを普段の業務の合間に全て目を通して書類選考をしているとのこと。

人事の仕事は書類選考だけじゃありません。
面接をしたり、求人広告を作ったり、全ての部署の人員配置を考えたり…
そんな忙しい中で大量の書類が届いたら、確かにじっくり目を通す時間はないかもしれませんね。

人事の目に留まる書類は?逆にお見送りになるのはどんな書類?

1/3しか見ていないのであれば、いったいどうやって採否を判断しているのでしょう?
アンケートでは下記のような意見多くがあがりました。

◇通過させる職務経歴書は?

・最初の職務要約に、募集しているポジションで必要な経験がある
冒頭を読んだだけで、どんな人なのか、会社に合っているのかイメージできる
パッと見で経験やスキルが高いことが分かる
強みが分かりやすく書いてある。資料作りで活かせそう。

◇こんな職務経歴書は即お見送り!

文字びっしりで、長い文章がかかれている。経歴云々の前に読む気がしない。
・募集してるポジションとかけ離れた経験や資格が書いてある
レイアウトが見にくい。

職務経歴書を書く時のコツ!これで通過率アップ

先述の内容を意識した上で、具体的な職務経歴書を書く時のコツをまとめてみました。

◇とにかく見やすく!パッと見だけであなたの魅力をアピールしよう

見出しや太字、表などを使い、じっくり読まなくても内容が頭に入ってくるような書類を作りましょう

・だらだらと長い文章は避けましょう箇条書きや簡潔な文章を心掛けましょう
※自己PRをたくさん書きたい場合は、一気に書くのではなく、見出しを付けて段落を分けて書くと効果的です。
一つの文章は3行程度におさめることを目安に書いてみましょう

◇募集ポジションとで活かせるポイントを重点的にアピール

・活かせそうな資格やスキルは前半に盛り込みましょう
募集している仕事をイメージし、人事の方が興味を持ちそうな経験、知識、スキルを意識してみてください。
※特にキャリアが豊富な方は「自分のアピールしたいこと」を中心に書いてしまう傾向があります。
どんなに高いスキルや取得する難易度の高い資格を持っていても、応募した企業で活かせないものなら意味ないですよね。
独りよがりな自己アピールではなく、応募先で活かせるスキルをピックアップしましょう

時系列にこだわらず、同様の経験がある職歴は前半に書きましょう。
例:1社目は飲食業、2社目は事務、3社目は介護職の場合、
事務職に応募するのであれば、2社目⇒1社目⇒3社目の順番で書いてOK
※職務経歴書に絶対の決まりはないので、アピールしやすいように書いていいんです♪

このように、通過しやすい職務経歴書を書くにはいくつかポイントがあったのです。 やっぱり、人の本当の魅力は直接会って話をしてみないと伝わらないものだと思います。

そのためにもまずは面接まで進まなければなりません。
これらのポイントを押さえて、まずは書類選考を突破し、面接のチャンスをゲットできるといいですね。