~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

未経験でも事務職に転職できる方法?!志望動機やアピールポイントはどうすれば?

女性に事務職は非常に人気の職業です。有効求人倍率も常に高く、なかなか未経験では採用されにくいイメージがあります。でも、事務職に最も求められるのはコミュニケーション能力であることを考えれば、未経験でもうまくアピールできれば十分に採用される可能性があるはずです。

どんな志望動機を伝えたり、自己PRができればよいのか考えてみましょう!

未経験で事務職を目指すときの志望動機

未経験だとしても志望する動機は必ず存在します。あなたが事務職を志望する動機をきちんと説明して伝えましょう。ただ、事務職の最大の特徴である「残業が短い」ということだけにポイントを絞って「残業したくないので事務職を希望する」といったところで、それは印象が悪くなるだけです。

どんな志望動機であれば、面接官に好印象を与えることができるのか、具体的にみてみましょう。

好きな会社であることを伝える

どんな職であっても当然のことですが、まずはその会社に興味があり、その会社で働きたいということを伝える必要があります。どれだけ事務職の仕事に興味があるといっても、どの会社にも事務職は存在します。うちの会社じゃなくてもいいのではないか?と思われないためにも、まずはそれが基本です。

しかし、ただ好きですといっても、どこにでも言っているのだろうと思われるのが落ちです。できるだけ好きな理由を具体的に伝えましょう。さらに言えば、できれば複数の理由を話せた方がより説得力が増します。最初から「好きな理由を3つあります~」と言ってしまって、その3つを話していくのもよいでしょう。

回答サンプル

私が御社の事務職を希望するのは、まず大前提として御社のことが大好きだからです。その理由は主に3つあります。一つ目は、女性が活躍する土俵があるということです。ウェブサイトで女性の管理職の方もいると拝見しました。そういう環境で挑戦をしたいと考えているのが一つです。二つ目は常に新しい事業に挑戦されている企業姿勢です。私自身も今回、事務職に未経験で挑戦するのですが、会社としてそうした取り組みを常に行われているところに共感いたします。最後にIPOを目指されているところです。経営ビジョンに3年後の上場を目指されていると書かれていました。企業としてますます事務職の果たす役割も増えていくと考えて御社の事務職を希望いたしました。

自分の家庭環境やライフスタイルと合致していることを伝える

先ほども書いたように「残業をしたくない」では理由として成立しません。しかし、働く時間が固定していて働きやすいというのは志望動機として十分通用します。ちょっとした表現の違いではありますが気をつけて使いましょう。

企業としてはしっかりと時間を守れて、決められた時間きちんと業務出来る人材を探しています。自分自身の働き方と応募している事務職が非常にあっているということはしっかり伝えましょう。

回答サンプル

事務職は未経験で応募させていただいておりますが、これからMOSなどの資格も取得したいと考えております。夜はその勉強などに時間を使いたいと考えていますので、定時で上がれる仕事を希望しています。決められた時間の中でしっかり成果を出すことにこだわって働いていく考えです。

自分の性格が事務職に向いていることを伝える

事務職は、パソコンスキルだけでなく、オフィスにおける「縁の下の力持ち」的な役割を求められることが多いです。むしろ、パソコンスキルよりも、周囲のメンバーとコミュニケーションを上手くとりながら、円滑に業務を進められる人材を求めている企業も多いのです。

そのため、「明るく元気な性格で、笑顔で人と接することができる」、「周囲の様子に気を配ることが得意」などといった性格面のアピールは大いに武器になります。

回答サンプル

学生の頃はラグビー部のマネージャーをしていました。レギュラーの選手だけではなくメンバー全員、一人一人の体調管理から個性を生かした練習法の確認、試合でのフィードバックなどを行っていました。一人一人の選手と向き合ってコミュニケーションを積極的にとり、全員が成長してもらうために気を配っていました。そうした、全体を支えるような取り組みが大好きですし向いていると考えています。

未経験でも事務職を目指すときのアピールポイント

例え未経験だとしてもしっかりと自己PRはする必要があります。事務の経験はなくても、今までやってきたことから自分がどのように成長してきたのか、伸びしろはどの程度ありそうなのかをしっかりと伝えましょう!!

コミュニケーションの高さ

事務職は外に出てお客さんとやり取りすることはほとんどありません。そのためかコミュニケーション能力は必要ないように思われがちですが・・・実は事務職に最も必要な能力は「コミュニケーション能力」なのです。

企業側も事務職にはコミュニケーション能力を求めています。そのため、あまり無関係のように思われているサービス業での接客の経験などは非常にアピールできるポイントになるのです。

回答例

前職はカフェで店員をやっていました。地元では有名なお店で年齢層も幅広くいろいろなお客さんがいらっしゃいました。もともと人と接するのが大好きでなった仕事でしたので・・・できる限り、コミュニケーションをとることを意識していました。2度、3度と再訪していただけるお客さんにはさらに積極的なお声がけをするように心がけていました。事務職になっても関係する皆さんとしっかりとコミュニケーションをとって仕事を進めていきたいと考えています。

パソコンのスキル、もしくはパソコンの作業が苦にならないということ

事務の仕事では日常的にパソコンを使います。そのためにパソコンのスキルを求められることが非常に多いです。 事務経験がない人も、パソコンが使えるのであれば、そのことを大いにアピールしましょう。

ワード、エクセルが使えることは基本で、職場によってはパワーポイントが使えた方が良いこともあります。具体的にどのように勉強したのか(MOSの資格を取得しているなど)、パソコンを何に使っているのか(学校のレポート作成で使用しているなど)を説明すると説得力が増します。

また、そこまでのパソコンスキルがないのであれば、日常的にパソコンを使うことに慣れていることだけでも伝えたいものです。

回答例

事務職は未経験ではありますが、特技であるパソコンのスキルを活かせると思ってキャリアチェンジを決意しました。大学のころから資料作成は全てパワーポイントで作っていましたので、簡単なアニメーションのスライドなども作ることが可能です。

未経験でも事務職に転職するための相談をキャリアコンサルタントにしてみる→