~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

面接の最後に来る山場・・逆質問!!「何もありません」は絶対にNG。面接官にアピールできる質問とは?

面接は緊張する方が多いですよね。普段は聞かれなれないような質問をいろいろされて、ようやく終わるときにこんなことを言われます。「では、最後に何か質問はありますか?」ほっとしていたところにドキッとしますよね(笑

「特にありません」と答えるのはもちろんNGです。その質問に込められた面接官の意図とどのような質問をするのが良いのかをまとめてみました。最後まで気を抜かずにしっかり終われるように理解しておきましょう!!

面接官が逆質問をする理由

面接官が最後に逆質問をするのにはそれなりの理由があります。相手の意図をきちんと理解するのが良い回答をするための第一歩と言えます。

自社に対する本気度を知りたいから

面接官は逆質問をすることによって「応募者がどれだけ真剣にこの会社への入社を希望しているのか」を知り高がっています。それこそが逆質問の重要な目的です。

当たり前ですが「自社への関心度が高い方が志望度が高い」と判断されるので、「何か質問はありますか?」と聞かれて、「特にありません」と答えるのは論外と言えます。

これはつまり「あなたの会社には興味がありません」と言っているようなものですから、「本当にうちに入社する気があるのか?」と面接官に疑われても仕方ありません。

どれだけ自社のことを事前に調べてきたのかを知りたいから

最終的に知りたいことは前述の通りに自社を応募してくれている熱意なのですが・・・その指標として事前に会社のことをどれだけ理解してくれているのかを逆質問で知りたがる面接官も少なくありません。

事前にしっかりと会社のことを調べてきてくれた人ほど「入社への意欲や熱意が高い」と判断されるので、企業研究や業界研究をした上で逆質問を準備しておくことが必要です。

また逆質問によって、「調べた情報をもとに質問を組み立て、聞きたかった答えを相手から引き出す」いうコミュニケーション力のスキルが身に付いているかどうかも判断できます。

これはどんな業種でも職種でも求められる必須のスキルといえます。面接の最後で「この人は社会人としてコミュニケーションの能力にたけている」と評価を高めるためにも、やはり事前にきちんと逆質問の準備をして臨むことが必要です。

相互理解を深めたいから

正直なところ面接官も人間です、緊張感の高い面接がほぼ終わってちょっとほっと一息をついたところで、もう少しあなたの人間性についても知りたいなと考えるのです。逆質問は基本的にはそれで合否を判断されるものではありません。あくまでも、興味のある人に対する追加の質問なのです。

そう、スキルなどは問題ないとして・・・人柄として自社の社風に合っているのかいないのかという人間的なところの理解を深めたいと考えているのです。つまり、面接官はあなたを高く評価していて、あなたに興味を持っていることを意味しています。

逆質問でのNG集

前項でも書いたように、「何か質問がありますか?」に対して何も質問しないのは絶対にやってはいけません。だからと言って、なんでも聞けばよいというものでもありません。具体的にはどのような質問をしてしまうと悪印象なのでしょうか?

調べればすぐに分かることを質問する

御社の企業理念は何ですか?
どんな事業内容ですか? 

今は企業も多くの情報をウェブサイトなどを使って発信しています。面接官はそういった情報は当然のように目を通してきていると考えています。そのため、ウェブサイトに書いてある情報を質問してしまうと「なんだそんなことも調べてきていないのか」と考えることでしょう。

「御社の企業理念をホームページで拝見して非常に共感いたしました。その理念が反映されている人事制度などはありますか?」といったように、事前に調べた内容をうまくアピールしながら、さらにそれを詳しく聞きたいといった質問だと面接官の印象は非常に良くなるでしょう。

質問の内容がざっくりしている

御社の社風はどんな感じですか?
職場の雰囲気はどうですか?

「社風」といっても、組織の上下関係を知りたいのか、仕事の進め方を知りたいのか、社員たちの人柄を知りたいのか、様々な答えが考えられます。また、結局のところ、 面接官の主観でしか答えようがなく、非常に困惑されてしまうことでしょう。

逆質問例としてよく紹介される「1日のスケジュールを教えてください」も、実はこの失敗パターンに該当します。

質問の数が多い

あれもこれも聞きたい気持ちはわかりますが、質問は整理して3つぐらいまでにしておきましょう。

少ないと準備不足の印象を面接官に与えますが、予定の面接時間をオーバーしてまでいくつも逆質問をすると、「しつこいな」「場の空気が読めないやつだな」「周囲に配慮ができない」といったマイナスの印象を与えてしまいます。

逆質問の具体例

逆質問の意図と失敗例がわかったところで、いよいよ具体的にどのようなことを質問したらよいのかを考えてみましょう。

やる気を見せる

やる気を見せるには、その会社への志望度や関心度の高さを示したり、「入社後は長く御社のために貢献したい」と伝えることが大事。

評価制度や管理職の経歴を質問することは、つまり・・「自分も会社から評価される存在を目指します」「管理職を目指して頑張りたい」という意欲を示すことになります。

その会社で成果を出している人の特徴や、逆に成果を出せずにいる人の理由を質問するのも、「自分自身が入社後に、どうすれば成果を出して活躍したい」というアピールになることでしょう。

また、事前の企業研究や業界研究にもとづいて、具体的な逆質問をすれば、「自分はここまであなたの会社について調べてきました」というやる気が伝わります。

  • 「御社の人事評価制度はどのような基準になっていますか」
  • 「御社では、どんなキャリアの方がマネージャーになっていますか」
  • 「御社で成果を出している人の共通点は何ですか」
  • 「入社までに勉強しておくべきことはありますか」
  • 「御社に入った方が、最初につまずくのはどんな場面ですか」

自分の長所をさりげなくPRする

逆質問で自分の長所をアピールするには、自分の強みやスキル、前職での経緯などを前置きにして、それを入社後にどのような場面で生かせるかを聞くのがオーソドックスな方法です。

自信を持ってPRできるスキルや能力がなければ、性格や行動特性を長所としても構いません。また、20代で前職での経験や実績が十分とは言えない場合は、学生のころのエピソードを話しても構いません。

ただし、前置きに使う長所が応募先のニーズとズレていたら逆効果となります。あくまでもニーズに合った長所をPRするようにしましょう。

  • 「前職では、中間管理職として経営層と現場の間をつなぐ役割を経験しましたが、管理職に求められるスキルとして重視されることはどのようなものでしょうか」
  • 「前職ではインスタグラムを活用した新サービスを立ち上げましたが、御社で今ない新しいビジネスを立ち上げるための仕組みは存在しますか?」
  • 「前職では会議でファシリテーターを任されることが多かったのですが、御社の営業会議はどのように進められますか」
  • 「私は新規開拓を得意としていますが、営業として求められるのは既存顧客のフォローアップと新規顧客開拓で言えばどちらになりますか?」
  • 「私は新しいルールを作り出すことに喜びを感じる性格です。配属先の部署で、私に求められる役割はどのようなものでしょうか」

面接の対策をキャリアコンサルタントに相談する→