~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

【知らなきゃ損!!】転職するなら何月がいい?転職に適切な時期と悪い時期を解説!

転職を考えたときに重要なのが「転職の時期」です。転職活動の時期によって、求人の数や内容が異なります。また、転職の時期によっては、募集している仕事のポジションが変わることもあるため、転職の時期は重要なのです。本記事では、転職におすすめの転職におすすめの時期とその理由を紹介します♪

目次

転職におすすめの時期

最も求人が多いのは3~4月・9~10月

1年の中で最も求人数が多いのは3月〜4月、9月〜10月です。

といういのも、3月〜4月は年度末と新年度を迎える時期です。9月〜10月は企業の決算の時期で、下半期が始まる区切りのタイミング。

この2つの時期は、企業にとってタイミングのいい時期。「退職者が出て欠員を埋めなければいけない」「新しい事業を始めるため、新しい人員が必要」などさまざまな理由で、求人を出しているのです。

この時期に転職をするメリット

選択肢が広がる

求人数が多い時期に転職活動をすると、転職先の選択肢が広がります。多くの選択肢から選べることで、自分が望む仕事や条件を探しやすいのです。

またこの時期は、<b>内部の体制で人事が大きく動くため、重要なポストに空きがでる</b>ことも。責任ある仕事のポジションの求人が出されることもあるので、キャリアアップしたい方にはおすすめですよ。

職場の環境に馴染みやすい

この時期は、人事異動が多い時期です。多くの人が人事移動しているこの時期は、新しい環境に馴染みやすいというメリットがあります。また、4月5月はイベントが多く、職場の人と広く関われるというメリットもあります。

前職を退職しやすい

この時期は、前職の退職時期を設定しやすいのも魅力です。年度末や決算の時期など、仕事の繁忙期に区切りをつけて退職しやすいです。前職に迷惑をかけることなく、円満に退職ができる時期とも言えます。

この時期に転職をするデメリット

競争率が高い

たくさんの求人が出ているこの時期は、転職者の競争率が高くなる時期です。ライバルが多い時期なので、早めの準備や対策が必要です。

面談、採用面接の日程が組みにくい可能性がある

転職希望者が多くなるこの時期は、希望する日程で面談や面接を設定できないこともあります。この時期の転職活動は、余裕を持ったスケジュールを組むことが必要です。

5~6月も求人が増える傾向にある

この時期に転職をするメリット

閑散期と比べるとある程度の求人数がある

この時期はある程度の求人数があります。というのも、4月に新しい体制や組織がスタートします。5月、6月は当初想定していなかった人材を補充するために、求人を出す企業が多いです。

新たなポジションや未経験を受け入れる案件が多い

実は、新たなポジションや未経験可能の案件がでやすい時期。他の時期には出ていなかった求人が募集されることがあるため、狙い目とも言えるんです。企業側が欠員を早く埋めたい場合は、タイミングが合う人が優先される可能性も高いです。

この時期に転職をするデメリット

繁忙期ではないため求人数は多くない

繁忙期と比べて求人数は少ない時期で、夏休み前に選考を進めておきたいという企業が多いです。少ない選択肢の中でも満足のできる転職活動ができるように、転職スケジュールをしっかり立てましょう。

1月や年末年始は応募者が少ない傾向にある

この時期に転職をするメリット閑散期と比べるとある程度の求人数がある

閑散期と比べるとある程度の求人数がある

1月以降からだんだん求人数が増加し、繁忙期へと向かっていきます。年末年始から1月にかけての時期で転職先が決まらなかったとしても、繁忙期に向けて焦らず余裕を持って転職活動できるのはうれしいポイントです。

転職サービスに相談しやすい

普段転職活動をしている求職者も、年末年始から1月にかけて活動を控えます。求職者が減るこの時期は、転職サービスに相談しやすい時期なのです。

転職サービスを利用する人も少なくなるため、キャリアアドバイザーに相談する時間を設けやすいのです。時間的にゆとりを持って転職活動したい方にはおすすめの時期です。

ボーナスをもらってから退職できる

ボーナスをもらって退社すると、金銭的にも精神的にも余裕が生まれます。12月中に在籍していれば、冬のボーナスをもらえる会社も多いです。現職のボーナスの支給時期や支給条件を確認しましょう

この時期に転職をするデメリット

繁忙期ではないため求人数は多くない

年末年始の休みに入るこの時期は、採用を控える企業が多いです。繁忙期に比べて、求人数が少なく、選択肢が狭くなってしまう可能性が高いです。

選考結果の連絡が遅い

企業が休みに入る年末年始は、選考結果の連絡が遅くなる可能性があります。早く選考を進めて早く内定をもらいたいという方には懸念事項かもしれません。

転職に悪いタイミング

繁忙期の直前

3月〜4月、9月〜10月が転職の繁忙期です。この直前の時期は、求職者が少なく、求人があまりないというデメリットがあります。

8月や12月、1月の時期はイベントが多かったりお休みになる会社が多かったりということで、採用に力を入れている会社が少ないことがデメリットです。

転職して1年以内

転職して1年以内の再転職は、企業に悪い印象を与えてしまいます。「すぐに辞めてしまうのでは?」「忍耐力がないのでは?」と思われてしまうのです。

また即戦力を必要としている企業は、転職者に経験や知識を求めています。転職して1年以内だと「たった1年で仕事が身についていないのでは?」と思われてしまうことも多いです。

転職して1年以内に再転職する場合には「退職理由をポジティブなものにする」「これからのキャリアプランを明確にする」など、<b>企業にネガティブなイメージを与えない理由を作る</b>のがいいでしょう。

「転職の理由を考えるのが難しい」と感じる方は、キャリアアドバイザーに相談するのがおすすめ。キャリアアドバイザーは転職の悩みを一緒に解決していきます。ひとりで考え込まず、プロのサポートを受けるのもひとつの手ですよ。

転職に最適なタイミング

ボーナスを貰ってから

前職でボーナスを貰ってから退職すると、金銭的にも精神的にも余裕が生まれます。ボーナスを貰ってから退職する場合は、会社のボーナス支給規定を確認して、転職活動のスケジュールを立てましょう。

20代前半・第二新卒の場合

キャリアチェンジなら早めが良い

未経験の業種に挑戦するなら早めがおすすめです。20代前半や第二新卒者の転職は、人柄や今後の伸びしろを重視する企業が多いです。

社風に馴染みやすい柔軟さを持っていることから、企業は20代前半や第二新卒者の若い人材を求めているのです。

また、20代前半なら未経験の業種でも転職しやすいというメリットがあります。これは、経験やキャリアよりも、人柄や今後の伸びしろを重視する企業が多いことが理由です。

ただ、20代後半になると、スキルや経験が求められるため、未経験の業種にキャリアチェンジするのが難しくなってしまいます。キャリアチェンジするなら今後の伸びしろを重視してくれる20代前半のうちがおすすめです。

ただ、3年以内での転職は「またすぐにやめてしまうのでは」「我慢強さにかけるのでは」と悪い印象を持たれてしまうことも。転職の理由やキャリアプランを明確にしておくことが重要です。

第二新卒として入社するなら、4月がおすすめです。新卒の社員と同じ4月に入社すると、新卒の社員と同じ研修を受講できることも。一緒にスタートする新入社員が多いのも魅力です。第二新卒で4月入社を目指すなら、早めの準備が必要です。

20代後半の場合

キャリアチェンジのチャンス

20代後半の転職では、ポテンシャルに加えて実績が求められます。実績を出してから転職をすると、転職の際にアピールしやすく、条件のいい転職をしやすいです。

これまで経験してきたことをどのように活かせるかを考え、アピールするのがいいでしょう。もし未経験の分野にキャリアチェンジしたい場合には、20代のうちが望ましいです。

30代になるとポテンシャルではなく、キャリアや経験を求められます。未経験の業界にチャレンジするのが難しくなるのです。30代ほどのスキルや経験を求められる前に、転職するのがベターです。

30代で転職

キャリアチェンジするには準備が必要

30代での転職は即戦力を求められます。これまでに培ってきたスキルや経験を生かしながら働かなければいけません。

スキルや経験が求められる30代の転職は、未経験の業界に挑戦するのが難しくなります。また、30代で異業種へとキャリアチェンジすると年収が下がりやすいというデメリットも。ですが、年収やキャリアは下がっても、満足度は上がることが多いです。

「プライベートを充実させたい」「好きな仕事をしたい」と考えているなら、30代でのキャリアチェンジで満足度が上がることもありますよ。

転職の悩みはキャリチェンで解決するのも◎

転職の時期によって求人の数や内容は違います。転職活動は考えなければいけないことが多く、一人で考えるのが難しいこともありますよね。

キャリチェンなら時期に関わらず、転職の相談に乗ってもらえます。転職やキャリアチェンジを考えている方は、ぜひ一度相談してみてくださいね。

まずはキャリアコンサルタントに相談する→