~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

転職は結婚前後、どちらのタイミングがいい?それぞれのメリットとデメリットを紹介

結婚を前に、転職のタイミングを迷っていませんか?結婚前に転職してしまうべきか、それとも結婚後に生活が落ち着いてから転職するべきか、迷ってしまいますよね。

本記事では、そんな結婚を機に転職をしようと考えている女性に向けて、転職のタイミングは結婚前と結婚後のどちらがいいのか、さらに、結婚後に女性が働きやすい会社の特徴を紹介します

結婚前後の転職はあり?転職のタイミングはいつが適切?

「結婚を期に転職を考えている」という女性は多いもの。ライフステージの変化に合わせて、働き方を変えていくというのは一般的なことです。

「家庭を優先するために定時で帰れる仕事にしたい」「出産後もキャリアを築きたい」など、仕事に求める条件は人によってさまざま。適切な転職のタイミングは自分がこれからどんな働き方をしたいかによって変わってくるのです。

結婚後に女性の働き方が変わる理由は?

そもそも、結婚すると女性の働き方が変わるのはなぜでしょうか。結婚後も独身時代と変わらない働き方をしている女性もいますが、働き方を変える女性もいます。「結婚後働き方を変える必要はある?」と疑問に思っている方のために、結婚後に女性が働き方を変える主な理由を紹介します。

まずは、家族の都合のために自分の働き方を変えなければいけないパターンです。

配偶者の勤務先が自分の勤務先と離れている場合や、配偶者の転勤がある場合はどちらかの働き方を変えなければいけません。家族との時間を優先するために、女性が転職するというパターンです。

次に、家庭を優先するために、ワークライフバランスが整った仕事に転職するというパターンです。このパターンは、女性が自ら仕事のペースを落として、家庭を優先するという選択をすることが多いです。

独身時代は、仕事もプライベートも思い通りにしていたという方でも、家族を優先するために、結婚後働き方を変えなければいけないということもあるのです。

転職を機に結婚できた先輩もいる?!結婚前後の転職のタイミングはどちらがふさわしい?

結婚を機に転職することが決まっても、転職のタイミングはどうしたらいいのか迷ってしまいますよね。そもそも、結婚前と結婚後どちらが転職のタイミングにふさわしいのでしょうか。

実は、結婚と転職のタイミングによって、今後のキャリアプランが変わってきます。結婚と転職のタイミングを選ぶことはとても重要なのです。ここからは、結婚の前後、それぞれの時期に転職するメリットデメリットの違いを紹介します。

結婚を機に転職する場合

メリット① 結婚後の都合に合わせられる

職場までの通勤時間、勤務時間、雇用形態など、転職先に求める条件を結婚後の都合に合わせて選べるのがメリットです。

また転職前に転職してしまえば、転職後にある程度時間が経ってから結婚し、仕事と生活の基盤を作った上で出産の準備ができます。転職後すぐには産休・育休を申し出にくいですが、転職してある程度時間が経ったころなら、育休・産休を取りやすいというメリットもありますよ。

メリット② 仕事の選択肢が広がる

未婚の女性の方が、幅広い職種で採用されやすいと言えます。企業側は「既婚の女性はすぐに産休に入ってしまうのでは」「産後すぐに退職してしまうのでは」と懸念しています。

たしかに、子どもがいる女性を積極的に採用している企業はあります。ですが、未婚で長く活躍してくれる女性を求めているという企業も多いのです。

即戦力を求めている企業にとっては、入社してすぐ産休に入ってしまう女性よりも、長く働いてくれる未婚の女性を採用したいと思っているところも。そのため、未婚の方が採用されやすいと言えるのです。

また転職において、転職時の年齢は若い方が有利です。年齢が若い方が、求人数が多いのです。若い人はキャリアやスキルよりも、ポテンシャルを見込まれて採用されることがあります。20代のうちなら未経験の業種にも挑戦しやすいのです。20代、30代、40代ごとのキャリアチェンジのベストタイミングについてはこちらの記事を参考にしてください。

デメリット① 結婚準備と転職で忙しくなる

転職活動、そして転職してすぐの時期はバタバタしてしまうもの。そもそも転職だけでも大変なのに、同時に結婚準備をしなければいけないとなると非常に忙しくなります。転職か結婚準備かどちらか一方に集中したい方には向いていません。

転職を機に結婚する場合

結婚生活に慣れてきてから勤務先の場所、仕事の時間帯を決められます。結婚生活を始めたばかりの頃は、引っ越しや手続き、生活を整えることなど、プライベートな面でバタバタしがちです。

メリット① 結婚生活に慣れてから転職できる

ですが、結婚後に転職先を探すと、結婚生活に余裕が出てから勤務先を選べるため、結婚後の生活に合わせたキャリアプランを選べます。

メリット②育児を視野に入れた転職活動ができる

結婚生活に慣れてから転職をすることで、育児を視野に入れた転職をしやすくなります。結婚前に育児のプランを決めていても、結婚後に変化する可能性も高いですよね。その点、結婚後に転職をすると、育児を視野に入れた転職活動をしやすいです。子育て支援がある会社や育児に理解がある会社などを選ぶといいでしょう。

デメリット① 仕事の選択肢が狭くなる

既婚の女性の方が、仕事の選択肢が広がるのは事実です。やはり結婚してまもない時期だと「出産してすぐにやめてしまうのでは?」と思われてしまい、採用されにくいことがあります。幅広い選択肢の中から仕事を選びたい場合は、結婚前に転職しておきましょう。

キャリア重視なら結婚前、家庭重視なら結婚後の転職がおすすめ

転職のタイミングは、今後自分がどんな働き方をしたいのかによって変わってきます。

「キャリア重視で、結婚後もこれまで通り正社員として働きたい」
「仕事のペースは落としたいけれど、結婚後も正社員として働きたい」
「家庭を優先させたいから、結婚後は派遣やパートでペースを落としながら働きたい」

などいろいろな選択肢があります。どの選択肢を選ぶかは、自分次第です。
一概には言えませんが、キャリアを重視したい人は正社員として採用されやすい結婚前の転職、家庭を優先したい方は結婚生活にゆとりが出てから仕事を決められる結婚後の転職がいいでしょう。

結婚後働きやすい会社とは!転職の決め手になる2つのポイント

「転職と結婚のタイミングは決まったけれど、どんな会社が働きやすいの?」と疑問に感じた方のために、結婚後働きやすい会社の特徴を紹介します。

子育てを経験した女性社員が多い

子育て中や子育てを経験した女性社員が多い会社は、女性の働き方に理解がある会社だと言えます。やはり、仕事と育児を両立させるのは大変なことです。家族のサポートはもちろん必要ですが、職場の人たちの理解が不可欠なのです。

社内に育児経験がある女性がいると、妊娠中に働く辛さや育児の大変さに共感してもらえます。さらに、職場にロールモデルがいると将来のキャリアプランを立てやすいです。

また、育児経験のある会社の役員がいると、育児中の働き方に理解が高まります。働きやすいと感じる会社は人それぞれです。自分の中で譲れない条件を決めて、その軸をもとに決めましょう。自分の中で仕事に求めることを決めることが大切です。

特に「結婚後には子どもを作りたい」という女性は、育児への理解を得られる会社を選びましょう。出産も視野に入れている方は、こちらの記事も参考にしてみてください♪

今後のキャリアプランはあなた次第♪

結婚を機に転職をするとしても、大切なのは自分のこれからのキャリアプランです。家庭の事情や目指してるキャリアプランもひとそれぞれ。転職のタイミングは配偶者としっかり相談して決めていくのもいいかもしれません。

「結婚と転職という大きなライフイベントを前に不安を抱えている」という方は、ぜひキャリチェンに相談してみてください。キャリチェンには結婚を機に転職を考え、今でも活躍している先輩方も多いですよ。不安を感じている方はぜひキャリチェンに相談してくださいね♪