~キャリアチェンジは思ったほど怖くない、コツさえわかればラクラク転職大成功~

履歴書の資格はどう書けばいい?アピールできる資格の書き方

履歴書の資格には、正しい書き方があるのを知っていますか…?履歴書の資格の欄は持っている資格をただ書けばいいのではありません。

例えば、営業職へ応募する際は運転免許が高評価になるなど、企業や職種によって、人事が見ているポイントが異なります。

このため、「仕事と関係ない資格も書くべきなのか」「資格がないときや中途半端なレベルまでしか持っていないときどうしたらいいのか」などお悩みの方は多いはずです。

履歴書の資格の正しい書き方や注意すべきこと、記入しない方がいい資格などを解説します。「履歴書の資格の欄はどう書けばいい?」と疑問に感じている方必見です。

履歴書の資格で何がわかる?

資格は自分の身につけているスキルや経験を、企業にアピールできる材料になります。そのため、自分が持っている資格の中から、企業にアピールしたい自分のスキルを書くことが大切です。

というのも、企業は資格の欄から、あなたのスキルや向上心、興味のあることを読み取っています。そして、その資格取得のために身につけたスキルが、実際に業務の中でどのように活用できるのか、を考えています。

履歴書の資格を書くときの注意点

企業が求めるスキルを考える

企業が求めるスキルを考えると、アピールすべき資格がわかるはずです。例えば事務職の募集では、パソコンスキルや簿記のスキルが必要とされます。具体的には、簿記や秘書検定、マイクロソフト・オフィス・スペシャリストなどです。

特別な場合を除きますが、事務職への転職では、たとえスポーツインストラクターの資格を持っていたとしても直接必要とされる資格ではありません。

企業が求めるスキル、そして入社後役立つスキルをアピールするのが良いでしょう。また募集要項で企業が求める条件をしっかりチェックしましょう。TOEIC700点以上が必要だと記載されているのに、履歴書に記載したのがTOEIC600点だと、募集要件を満たしていないと判断されてしまいます。

もし募集要項に書かれている資格を取得していない場合は「資格取得のために勉強中」「〇〇に取得見込み」など、意気込みを示す言葉を付け加えるといいでしょう。

書く資格の優先順位をつける

履歴書の資格の欄は、持っている資格を全部書けばいいわけではありません。業務に全く関係のない資格ばかり書いていると、「この人は何を目指しているのか」と疑問に思われることがあります。

企業が求めるスキルをしっかりと考え、記入する資格の優先順位をつけましょう。そして、業務内容と関係がない資格は、趣味の欄に記入しましょう。

書くべき資格の見分け方とは?

資格欄はとにかく所有している資格をできるだけ書いてしまいがちです。とはいえ、何も関係のない資格を並べてもあまり意味がありません。書くべき資格と。書かなくてもよい資格をどのように分類していくかを整理してみましょう。

積極的に書く資格

ITスキルを示す資格

ITスキルをアピールできる資格は、直接採用に有利になるわけではありませんが、どんな職種でも役に立ちます。ITスキルを示す資格は積極的に記入しましょう。

タイピング技能検定やマイクロソフト・オフィス・スペシャリストなどの資格はITスキルをアピールできます。パソコンを使うことがなさそうな仕事でも、後々パソコンのスキルが必要になる可能性も。直接業務に関係がなくてもアピールしておきましょう。

ビジネススキルを示す資格

ビジネススキルを示す資格は、業務に直接関係なさそうに見えても記入しましょう。ビジネススキルを示す資格は、スキルだけではなく、意欲を示すのにも役立ちます。

業務に直接関係あるように見えませんが、営業職なら運転免許、接客業なら語学系の資格などは業務に役立つことが多い資格です。積極的にアピールしましょう。

書かなくてよい資格

業務に関係のない資格

業務に関係のない資格は特に書く必要はありません。ですが、業務に関係のない資格は、人柄をアピールするポイントになったり、面接の話題作りに役立ったりします。業務に関係のない資格はスキルのアピールにはならないものの、書いていて損はありません。自分の興味のあるものを示すためにも、持っている資格は趣味の欄に記入しましょう。

履歴書の資格の欄の正しい書き方

取得日順に正式名称で記入する

資格の欄を書く順番は、一般的に資格を取得した順です。合格証に記載されている取得日の順に記入してください。

また、資格の正式名称で記入しましょう。「英検」「FP」「MOS」など略称で呼ばれているものでも、正式名称で記入するのが正解です。インターネットで検索すれば資格の正式名称がわかります。略称が定着している資格でも、正式名称で書きましょう

何級から書くべき?

履歴書の資格は何級から書くべきでしょうか。資格によって違いはありますが、一般的に3級は基礎レベルで、難易度が低い資格だと言われています。3級だと高いレベルのスキルを持っているとは感じてもらえないため、履歴書には記入しないのがいいと言われています。

記入してはいけないということではないので、他にアピールできることがなかったり、話題作りにしたかったりする方は記入してもいいでしょう。

勉強中なら取得見込みと書く

勉強中の資格は取得見込みと記入しましょう。取得見込みと記入することで、意思の高さや前向きさをアピールすることができます。

書く時にやってはいけないこと

絶対にやってはいけないのは「嘘をつくこと」です。企業が求める資格を持っていない場合は、自分のスキルを盛りたくなる気持ちはわかります。ですが、嘘をついて入社できたとしても、実際のスキルが不十分で、求められる仕事がこなせないこともあります。

さらに、嘘がバレると、入社取り消しや懲戒処分など処罰されることも。自分のスキルを盛ったり嘘をついたりするのは、必ず後悔することになります。絶対にやめましょう。

資格がない時はどうすればいい?

履歴書に書けるような資格がないと「採用不利なのでは?」と不安に感じてしまいますよね。ですが一般的には、履歴書に書ける資格がないからといって、採用に不利になることはありません。ここからは、履歴書に書ける資格がない場合の履歴書の正しい書き方とアピール方法を紹介します。

履歴書に書ける資格がない場合

履歴書に書ける資格がない場合は「特になし」と書きましょう。書ける資格がなくても問題ありませんが、持っている資格がある場合は、一つでも書いておくのがおすすめです。

資格を持っていないことが採用に不利になることはほとんどありませんが、もし「一つでも資格を取得したい」「役に立つ資格を取得したい」と考えている方は、資格取得を目指してもいいでしょう。取得しているとプラスになる履歴書の資格はこちらの記事を参考にしてください。

書ける資格がない時の自己PR法

「履歴書に書ける資格がなくて不安」と感じる方は、資格以外の部分で意欲や前向きさをアピールしましょう。資格はスキルや経験を示す一つのものさしです。資格を持っていないだけでスキルがないと見なされることはありません。

これまでの経験の中から、自分ができること、今後のキャリアプラン、将来勉強したいことをしっかりアピールすると、特に資格がなくても意欲や前向きさを伝えられます。

資格がない場合は、勉強中のことや受講中の講座を書くのも良いでしょう。資格でなくても「ワード・エクセル・パワーポイント使用可能」「デザインの講座を受講中」など意欲的に取り組んでいることをアピールするのもおすすめです。

また、仕事に必要な資格がある場合は、入社後、会社で取得できることもあります。書ける資格がないからと諦めず、これまで身につけたスキルや経験、今後のやる気をどうアピールするかを考えることが大切です。

履歴書の資格以外の欄の書き方に迷ったらこちらの記事も参考にしてくださいね。

履歴書の書き方に迷ったらキャリチェンに相談♪

転職活動の際には履歴書の資格の欄だけではなく、職務経歴書、自己PRなどどう書けばいいのか迷ってしまうことがたくさんありますよね。キャリチェンなら、転職活動であなたが悩んでいることを一緒に解決していきます。ささいなことでも結構なので、気軽に相談してくださいね♪