応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

【体験談】ブライダルの仕事は辛い!ウェディングプランナーを辞めたいときには

S.Hさん 25歳 (ウェディングプランナー)

お客様からの「ありがとう」が嬉しかった

私は昔から、人と接することが大好きでしたし、華やかな世界に憧れていました。

人と接することが好きだったことと、華やかな世界に憧れていたことから、大学在学中に結婚式場で、サービススタッフとしてのアルバイトをはじめました。

結婚式場のスタッフとしての仕事は「人と接することができる嬉しさ」と「結婚式でお客様の笑顔をみることができる喜び」を感じることができて、充実感と達成感でいっぱいでした。なによりも、新郎新婦様から「ありがとう」と言っていただけることが嬉しかったです。

結婚式場で働くことに充実感を感じていたわたしは、大学卒業後にはウェディングプランナーとして結婚式場に就職しました。

体力的に限界で、好きな仕事が嫌いに。

大好きな結婚式場で働くことができると最初は喜んでいたのですが、実際にウェディングプランナーとしての仕事をやってみると、想像以上に体力勝負の仕事でした。

一日中ヒールを履いて結婚式場を走り回るため、仕事中には足腰が痛いし、仕事終わりには膝が痛くて歩けなくなることもあったことから、体力的にウェディングプランナーとしての仕事が辛い…と感じていました。

でもお客様に心から「ありがとう」と感謝していただけるのは嬉しいし、仕事の達成感を感じることができるので、ウェディングプランナーとしての仕事は続けたいという思いはありました。

このまま仕事は続けたいと思ってはいたのですが、やっぱりこのまま身体を酷使していては、いつかはウェディングプランナーとしての仕事が嫌いになってしまう…と感じた私は、思い切ってキャリチェンすることにしました。

体力の限界を感じてキャリアチェンジした体験談はこちらにもあります。

これまで学んだことは無駄じゃない

転職の条件は、足腰をつかわないデスクワーク・一般事務の仕事が希望でした。ただ、転職してデスクワークの仕事をしようと思っても、これまでサービス業しか経験したことのない私にとって、未経験の事務系の仕事はできるかどうか心配でした。

また、これまでウェディングプランナーとして学んだことが無駄になって、一からやり直さないといけないんじゃないかと不安でした。

そして、事務職として働くのに私が一番不安に思っていたことは、パソコン作業が苦手だったことです。

パソコン作業が苦手なのに、デスクワークなんて大丈夫かな…と思っていたのですが、研修でとても丁寧にパソコンの使い方を教えていただいたので、今ではパソコンの苦手意識はなくなりました。

現在、新しい職場でも自分一人でもパソコンでの作業を任されるようになるくらいには、パソコン作業にも慣れることができました。ウェディングプランナーとして培った「人との接し方」と「元気と明るさ」だけは他の誰にも負けないので、新しい職場でも明るく楽しく働いていきたいと思います。

パソコンのスキルがなくてもキャリチェンは可能です。そんな体験談はこちらにもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この人が働いている職場の求人情報

社名:
セコム
職種:
一般事務
勤務地:
東京都渋谷区神宮前1-5-1
勤務時間:
09:00〜18:00
スキル:
雇用形態:
正社員
給与:
28万円
仕事内容:
掲載日:
2019年04月07日
この求人にエントリーする