出産後の仕事復帰でキャリアチェンジ!!キャリチェンは主婦にも強い味方です

S.Sさん 28歳 (営業)

営業の責任者としてバリバリ働いてました

結婚して妊娠するまでは小売メーカーで営業の仕事をしていました。それなりに営業成績を上げていた方だとも思いますし、責任あるチーフという立場にも就かせてもらって、取引先のお客様とも懇意にさせてもらって、多くの経験をさせてもらっていたと思います。自分も営業をしながら部下を持つ営業チーフだったので、自分だけの仕事だけではなく部下に関することや、社内プロジェクトに参加したり通常よりも仕事量が多く毎日残業したり、規定よりも早く出社したりして仕事漬けの毎日ではありましたが、とても充実した日々でした。なによりも若く仕事が好きだという気持ちと大きかったことと、自分一人だけの生活だったということもあって仕事に打ち込めていたんだと思います。大学時代からお付き合いしていた男性と結婚し家庭に入ったものの、このご時世ですから仕事を辞めるという選択肢はなく、そのまま仕事は続けていました。ですが、程なくして私は妊娠。思っていたよりもつわりがひどく、妊娠発覚直後からこれまでなかった体調不良と戦うことになりました。

自分が子供のころにしてもらったことは最低限してあげたい

安定期に入っても、社内での立場は変わらなかったですし、変えたくなかったので少々無理していたのが祟ったのか、切迫流産の恐れありと診断され、1ヶ月の入院を余儀なくされました。中小企業ではありましたが、産休育休制度も整っていた会社だったので上司からは早めの休暇と今後について幾度となく相談を重ねて、出産後のことも話し合いをしていました。ですが、子どもという存在や家庭との両立を考えると、同じ立場で居続けるのは物理的に難しく、また、私自身が打ち込んできた仕事に戻れないと考えたときに、仕事は代わりの人を立てられても、母親であり妻である私に代わりは立てられないと改めて実感したのです。私自身が両親に愛され、大事に育ててもらったので、できれば同じように我が子も育てたい。それが一番だと気づき、私は退職することを決めました。

仕事と家庭と将来と自分と

無事子どもが生まれて、仕事をしていたときとはまったく違う大変さがありましたが、ある程度大きくなってきた頃、やはり社会との繋がりがないことが寂しいのと、これから子どものことでお金がかかると考えて、再び働き始めたいと思って見つけたのがキャリチェンでした。一番魅力的だったのはある程度のお給料があるのに残業なしで定時帰宅ができるということ。あとは土日休みというお仕事が多かったことですね。数年仕事をしていなかったこととパソコンスキルにブランクがあったことが不安だったので、就業前にキャリチェンの制度で学び直すことができたこともとても良かったです。家庭と仕事とを両立しワークライフバランスがとれて、しっかり将来と子どものことを考えながら働けるようにしてくれてキャリチェンは、ママさんにとっても強い味方だと思います。子どもが小さかったり、会社での立場だったり、家庭と両立させたいのにできないというママさんは本当に多いと思います。不安だらけの毎日だとも思います。そういう方はぜひキャリチェンしてみませんか?キャリチェンで一歩踏み出すことで変えられること、たくさんあると思います。実際に私もそうだったので。共働きが主流であるこのご時世、キャリチェンで願いを叶えてみませんか?

この人が働いている職場の求人情報

社名:
キューピー
職種:
一般事務
勤務地:
東京都渋谷区渋谷1-4-13
勤務時間:
09:00〜18:00
スキル:
雇用形態:
正社員
給与:
27万円
仕事内容:
掲載日:
2019年11月25日
この求人にエントリーする

キャリチェンモニター大募集!

キャリチェン体験談を読んで「私もキャリチェンしたい!」
と感じた方、ぜひキャリチェンして、その体験談をサイトに掲載してみませんか?

モニターを希望する