大手企業が多くて安定しているだけじゃなく、残業ゼロ、土日休みなのがキャリチェンの魅力

S.Yさん 24歳 (銀行員)

希望通り大手メガバンクに新卒入社

私は将来のことを考えて福利厚生がしっかりしている上場企業とくに銀行に行きたいと学生時代は思っていました。両親は公務員だったので、安定という言葉も特に重視していました。

おかげさまで希望がかなって就職先はメガバンクの一つでした。「育児休暇OK」「残業少なめ」さらに、超有名企業で社会的な信頼もあり、両親も私の就職をとても喜んでくれました。

大手企業からキャリアチェンジした体験談はこちらにもあります。

働いてから気が付きました、福利厚生や給与が全てではない

私が担当していた一般向けの住宅ローンには、付随して生命保険、相続に関する信託、自社のクレジットカードなどなど、様々な商品についても取り扱いました。

畏まった事務手続きや覚えるべきことが、とにかく大量で細かく、「これホントにやらなきゃいけない作業?」と業務に対してストレスを感じることも多かったです。

せっかくの休日や終業後も資格取得や新商品の勉強などのために時間を費やさなければいけませんでした。給与や福利厚生など、条件は非常に理想的に見えた会社でしたが、実際の仕事は心身ともにとても辛い職場でした。

それでも、勉強や作業に関しては社会人なら誰でも通る道だと思い、なんとか頑張ることができました。

「目標」「効率」でがんじがらめ

転職を決めた最も大きな理由は、支店での雰囲気でした。支店は小さな会社のような感じで、もちろん、配属先の支店は選ぶことができません。最初の支店は支店長もとてもいい人で、支店内も明るい感じでした。

次に出向した支店が最悪で、噂ではTOP3に入るほどの厳しい支店でした。そこの支店では、顧客の求めていることには関係なく、投資信託をはじめとした運用商品を販売すること業務として課され、先輩方は、ノルマはないと言うんですが「目標」という名のノルマがあり、実質的に証券会社のような業態になっていました。

残業時間が厳しく設定され、仕事も持ち帰れないので、支店長の一言目には必ず「効率」でした。

支店長に潰されたホープも沢山いるという噂で、私は「流石にそこまでは」と思っていたのですが、同期が実際に標的されているところを目の当たりにしました。いつ、その火の粉が飛んで来るか分からないと思い、それがとても恐ろしくて、転職することに決めました。

銀行からの転職なんて五万といるし、新卒というカードがないことはとても不安で、正直、転職に踏み切るまで時間がかかりました。両親にもかなり止められました。銀行はピラミッドでいう下層の人がとても多いので、キャリアアップは実際はとても難しい現状でもあったので、やはり、転職の意思は変わりませんでした。

金融関係hからキャリアチェンジした体験談はこちらにもあります

キャリチェンって大企業ばかりを紹介してくれるし残業ゼロって、そんなことあるのかって感じです

両親の反対を押し切って転職をしましたが、転職先も大企業だったので、両親も安心させることができました。キャリチェンで紹介される会社って本当に大手企業が多くて驚きました。

おまけに残業は全くないし、土日休みもできますし、求めていた福利厚生という面でも、しっかりしていたので、大変満足しています。

この人が働いている職場の求人情報

社名:
Klab
職種:
一般事務
勤務地:
東京都港区六本木6-10-1
勤務時間:
10:00〜19:00
スキル:
雇用形態:
正社員
給与:
28万円
仕事内容:
掲載日:
2019年06月20日
この求人にエントリーする

キャリチェンモニター大募集!

キャリチェン体験談を読んで「私もキャリチェンしたい!」
と感じた方、ぜひキャリチェンして、その体験談をサイトに掲載してみませんか?

モニターを希望する