今まで休日ほとんど遊べなかった分、これからはいろいろチャレンジしたいです!

さん 歳 ()

希望だったグランドスタッフ

高校生の時に初めて一人旅をしたことがきっかけで、国際文化を知ることや国際交流に興味をもち、空港系の専門学校を選び、そのまま成田空港のグランドスタッフに就職が決まりました。成田空港の中国系のエアラインでグランドスタッフをしていました。

希望の仕事だったけど、想像以上に激務だった

職場の人間関係は、みんな歳が近いということもあってとても良好で働きやすく、海外のお客様との交流も楽しく続けていたのですが、やはり労働条件の面でとても辛かったです。

サービス業なので当然ながら休日出勤はあるのですが、出社はいつも6時半ととても早く、休みは週1しかない生活が苦痛でした。5日頑張って働いてやっと休日を迎えても、仕事の疲れに加え次の日もまた早朝から出勤なので、遠出するのはもちろん、思い切って遊ぶことなどほとんどできませんでした。そのため、休日は家でゴロゴロするか、友達と家でのんびりして過ごすのみでした。そんなハードな労働条件ということもあり、私の先輩たちは次々と辞めていき、入社当初10人いた先輩は1年後には2人になっていました。

それもあって私は入社してすぐに昇給して、2年目にしては責任ある仕事を任されていました。それなりにやりがいもあったし、もっと頑張らなきゃという気持ちだったのですが、将来のことを考えると今の労働条件で一生働くことはできないなと思うようになりました。

私の前職での経験を評価してくれた

2年半働いたのち、もっと自分のプライベートの充実を図って、転職を決意しました。

当然、次の転職先は週休2日あって、働く時間も一般的なところを希望していたので、事務の仕事ならそれが出来そうと思い、面接に行きました。

1社目で面接に行ったところはスキル不足で落ちてしまい、不安を感じていたところ、2社目で出会ったエージェントゲートは、スキル云々よりも私の明るい性格であったり、前職で身に着けたコミュニケーション力や臨機応変な対応力を評価してもらい、内定をいただくことができました。

転職してライフスタイルが激変した

現在、丸の内にある会社に常駐が決まり、念願だった事務の仕事ができて本当に良かったです。配属されるまでは、事務の仕事は未経験でしたし、PCスキルもほとんどなかったので、現場でうまくやっていけるかとても不安でしたが、現場の雰囲気もあたたかく、すごく働きやすいです。

そして、前職と比べて一番の違いは、週休2日で土日に休みがあることですね。前職では考えられなかったことなので、今でも土日の使い方に戸惑ってしまうことがありますが、今まで出来ずに我慢していたことを沢山挑戦していきたいです! 不安はありましたが、あの時勇気をもって転職を選んで正解だったなと心から思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャリチェンモニター大募集!

キャリチェン体験談を読んで「私もキャリチェンしたい!」
と感じた方、ぜひキャリチェンして、その体験談をサイトに掲載してみませんか?

モニターを希望する