飽き性で何事も続かなかった私に仕事を続ける喜びを教えてくれたキャリチェン

F.Yさん 22歳 (フリーター)

バイトを転々としていました

高校を卒業してから、進学しなかった私は、フリーターとして転々といろいろなバイトを渡り歩いていました。飲食店やコンビニ、工場のライン作業、清掃、コールセンターなど業界や仕事内容問わず、本当にいろいろなことをしてきました。しかも、1つの職場にいるのは長くて3ヶ月程度。仕事が続かない理由は私の性格が飽きっぽいから。お金がないと遊べないので働きはするけれど、打ち込めるほどではない、という感じである程度の期間を働いたら辞めて新しいバイトをする、というような生活を送っていました。実家暮らしだったので生活費はそんなにかからないし、少ない収入でもやっていけていたから、というのも大きかったかもしれません。あの頃の私は本当に何も考えず、ただやってくる日々をたんたんと過ごしていました。

周囲の同年代を見て急に不安になりました

今思えば若くてなんでもやれる時期にとってももったいないことをしていたなと思います。そんなフリーター生活を3年程過ごしていました。大学に進んだ友達は就活の時期、短大や専門学校に進んだ友達は就職して新しい生活になったことを聞くようになり、そこで初めて自分はこのままバイトを始めては辞め、また新しいことを始めては辞めるの繰り返しでいいのかと思うようになりました。少しずつ大人のレールに乗っていく友人たちや就活中であろう同年代の子を街で見かけると、これまでにはなかった劣等感や、これから先の自分の将来が心配になるようになり、きちんと社員として働こうと決めました。

1年以上仕事を続けている自分にびっくりです(笑

これまでいろいろなバイトを渡り歩いてきたので、長く続けていくためにはサービス業は難しいと思っていました。仕事によってはずっと立ちっぱなしで拘束時間が長く、お給料も低いことがわかっていたからです。実はやったことがなく、あこがれていたのは一般企業での事務員でした。事務員はバイトであったとしても人気があって倍率が高く、いつも選考漏れしていたので、興味があったけれど出来なかったのです。長く安定して仕事を続けていくには事務職がいいかな、とそれに絞って探していたときに見つけたのがキャリチェンでした。ホームページを見ていると、紹介されている仕事は大手企業ばかりでしたし、仕事内容も事務職が大半でした。また、パソコンスキルに自信がなくても応募できるという文字に惹かれて、思い切って挑戦してみました。あれだけ職場を転々としていた私がもう働き始めて1年以上になります。まだ辞めたいとも思っていません(笑)仕事でExcelやPowerPointを毎日使用するのですが、使えば使うだけ新しい使い方を発見出来るのが楽しいですし、周りからも頼りにされるというのがとても嬉しく感じています。お給料もバイトに比べると高く、大学に行っていた友人と比較しても遜色がありません。このままできればずっと続けていきたいと考えています。あのとき、キャリチェンに惹かれなかったら、いまでもバイトを転々としていて、将来のことも真面目に考えられるようになっていなかったかもしれません。

この人が働いている職場の求人情報

社名:
すかいらーくホールディングス
職種:
一般事務
勤務地:
東京都武蔵野市西久保1-25-8
勤務時間:
09:00〜18:00
スキル:
雇用形態:
正社員
給与:
25万円
仕事内容:
掲載日:
2019年09月11日
この求人にエントリーする

キャリチェンモニター大募集!

キャリチェン体験談を読んで「私もキャリチェンしたい!」
と感じた方、ぜひキャリチェンして、その体験談をサイトに掲載してみませんか?

モニターを希望する