給料?土日休み?それも大事だけど、楽しく前向きに働けることが一番

I.Tさん 23歳 (眼科アシスタント)

働く意欲がなく、成長感が感じられない毎日

大学卒業後は眼科で働いていました。眼科といっても私自身は医療系の資格はなく、資格が必要のない簡単な検査や受付などをするのが主な業務でした。私が務めていたのは町医者などではなく、繁華街にある少し小綺麗な感じのクリニックで、そこは入社時に週休3日制でボーナスなしか、週休2日制でボーナスありかを選べるスタイルで、正直働くことに意欲的ではなかったので私は週休3日制を選んでました。仕事内容自体もそんなに難しくなかったですし、なにより週4日勤務というのは友達にも羨ましがられるぐらいだったので、少し自慢に思っているぐらいでした。でも、仕事に慣れてくるとなんだか味気ないというか、同じことの繰り返しが続く仕事に飽きが出てくるようになりました。また、働きたくなくて選んだ週3日の休みがあっても休み自体を持て余してる感があったのも事実です。大学の友達と話していると、やっぱり仕事の話が中心で。友達は楽しそうに充実した仕事をしているんだなって思うと、なんだかそれが羨ましく感じるようになっていました。毎日ただの流れ作業ではなく、自分で考えながら、失敗や成功を繰り返して自分の成長に繋がるような仕事をしてみたいと思いました。正直、眼科での私がやっている仕事は誰でもできるし、失敗も成功もないのでこのままずっと同じ仕事をしていて何も自分自身では得ることがなく、成長できない気がしてきました。毎日が充実している、と感じたい。メリハリをつけて、仕事が楽しいと感じながら働けるようになりたいと思いました。

理想の働き方を手にすることができました

眼科で働きながら転職先を探していたのですが、営業はしたくなかったですし、かといって飲食店とかサービス業はしたくなく、デスクワークで働きたいと思っていました。今考えると、何のスキルもないくせにわがままだったと思います。また、出来れば友人や彼氏と休みの合う土日休みで働ける企業が理想でした。ただ、デスクワークって人気があるので経験も資格もない私は、なかなか書類選考を通過することができず、面接にすら進めない状況が続きました。いくつかそんな感じで選考漏れをしていて、やはり未経験では正社員で事務職なんて無理なんだと諦めかけていた頃に出会ったのがキャリチェンでした。無資格でも未経験でもデスクワークに挑戦できるチャンスがある、しかも書類選考がないというのがとても魅力的でした。迷わず私はキャリチェンに応募。今では大手企業さんでデスクワークをすることができています。最初の頃はやっぱり慣れないパソコン作業だったり、かなり苦戦したExcelも、今ではすっかり慣れることができました。キャリチェンでそういった研修があったということもですが、毎日少しずつでも出来なかったことを出来るようになろうとする気持ち、仕事を覚えていくにつれて任せて貰えることも増えるようになっていく、ということが自分自身の成長として感じられるようになったのが嬉しくて。だから一生懸命にいろんなことを覚えようという気持ちにもなれています。もちろん、失敗することもあったり、今でもそういうときがないと言えばうそになりますが、働くっていろんなことを繰り返して次のステップアップに繋げていくものなんだな、と今ではそういう風に感じています。いまは土日休みの週休2日制ですが、仕事が充実しているからか、働く意欲がどんどん沸いてきます。ワークライフバランスを保ちながらメリハリをつけて働く、私はキャリチェンに出会って理想の働き方を手に入れることができました。

この人が働いている職場の求人情報

社名:
三井住友銀行
職種:
一般事務
勤務地:
東京都千代田区丸の内1-1-2
勤務時間:
08:30〜17:30
スキル:
雇用形態:
正社員
給与:
25万円
仕事内容:
掲載日:
2019年09月30日
この求人にエントリーする

キャリチェンモニター大募集!

キャリチェン体験談を読んで「私もキャリチェンしたい!」
と感じた方、ぜひキャリチェンして、その体験談をサイトに掲載してみませんか?

モニターを希望する