応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

もう諦めてた?30代職歴なしでも正社員で就職できる方法!

30代は20代と異なり、資格やスキル、前職の職歴などがないと就活は不利とされます。

ところが30代職歴なしでも、正しい仕事の探し方をして、面接でのアピールの方法を工夫して練習すれば、正社員への道は閉ざされていません。

もう年齢で正社員への道を諦めていた人は、不利と言われる点を払拭して、適切な就活で就職を勝ち取りましょう

30代職歴なしでも就職するためのポイントを解説します。

職歴なしの定義

職歴とは職務経歴のことで、正社員や契約社員で働いた経験のことを指します。

ここでフリーターでアルバイト経験しかない場合は、「転職活動中のアルバイトは職歴になるのか」などの考えが湧くでしょう。

職歴にはアルバイト経験は含まれず、履歴書の職歴欄にはアルバイトの内容を書くことは原則できません。

ただし、アルバイトは仕事としての専門性がなく、比較的簡単に就業できるので、会社としては能力や経験の評価の対象にならないわけです。

30代で職歴がない場合の問題点

30代で職歴がない人は、就活で何が問題となるのでしょうか?

後になって「知らなかった!」とならないように、予め何が自分の就職を難しくしているのか把握しておきましょう。

書類選考に通りにくい

就職をしようとする際には、まず書類選考を突破しなければなりません。

企業側としては何人もの応募者全員に会うことはできません。そのため、自社の希望する人材に近い職歴やスキルを持つ人を、書類だけを見て選ぶことになります。

企業側は、実際に会ってみたい人だけを厳選するために、書類選考を行いふるいにかけているのです。

書類の職歴欄は選考時に重要視される項目です。

年齢が30代で職歴がないと、就労意欲に問題があるのではとか、人と本当に馴染めるのかといった疑問を持たれてしまいます

職歴のない30代女性の場合は、個人情報以外の情報を書類から読み取ることはできません。

そこでおすすめとしては、書類選考がなく、面接のみで選考してくれる企業を探すことです。

人材不足の会社の中には、面接で人柄や仕事への熱意が伝われば、採用してくれるところもあります。書類選考のない求人を探してみるのも一つの手だと言えます。

未経験者の求人は10代、20代のものが多い

未経験でも可の求人は10代や20代向けのものが多く、30代で職歴なしでもよい条件の求人はなかなかありません。

企業は未経験の新入社員に社員教育を行いますが、時間や費用がかかります。そのため、これから長年会社への貢献が期待される、将来性がある若い10代、20代を雇いたいと思っています。

30代で職歴がないとなると、企業としてはその人物の能力や伸びしろを不安視します。

「職歴がない=基本を1から教えないといけない」ということから企業側は若い人の方を求人するわけです。

年齢不問となっていても、実際は10代や20代しか採用する意思がない企業もあります。

本当に30代でも採用してもらえるかどうかは、実際に就職した人の年代を自分で調べ、場合によっては企業に直接聞いてみるのも一つの手です。

30代でも本当に採用する意思があるかどうかは、電話で聞くと意外と教えてくれることがあります。

よほどの人材でない限り30代の人を雇うつもりがない場合は、お互いにとって時間の無駄にならないように、その旨を企業側も説明してくれるものです。

闇雲にたくさん応募するのではなく、本当に30代職歴なしの人でも雇う意志がある企業かどうか見極めるのもとても重要となります。

職歴なしで転職活動を成功させるコツ

職歴なしで就職するには、仕事への意欲やマナー、コミュニケーション能力といった数字では測りにくい人間力をアピールする必要があります。

また、実際にその能力を日々磨くことによって、就職活動を成功させるだけでなく、実践にも役立ててください。

仕事への意欲を見せる

まずは仕事に対する熱意や意欲を面接でアピールする必要があります。

中卒でも高卒でも、20代の間はどのように過ごしていたのかを面接で質問されるでしょう。

そこで「なんとなくフリーターが楽だったから」とか「自分がやりたい仕事が見つからなかったから」といったネガティブな返答ではいけません。

なぜ応募する会社でないといけないのか、明確な志望理由をはっきり伝える必要があります。

自己分析をきちんとして、自分の強みをはっきりさせましょう。

会社の仕事内容と自分の希望や能力が、ぴったりマッチしていることを伝えてください。

社会人としての基礎力をつける

経済産業省が2006年に提唱した社会人基礎力とは「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」で構成された、職場や地域社会で様々な人々と仕事をするために必要な適応力のことを指します。

社会人基礎力は職種や業種に関わらず、普遍的に必要となる能力ですので、現在の自分の能力を分析し、得意・不得意分野を正しく把握しましょう。

社会人基礎力を今から身につければ就職してから仕事を円滑にこなせますし、キャリアアップの礎になります。

コミュニケーション能力をアピールする

女性の場合は職歴無しでも、職種によっては、コミュニケーション能力を得意とする女性を積極的に求人する企業があります

女性を対象とした商品やサービスの営業や販売は、お客様が女性相手だと話しやすく、男性には伝えにくいことも相談してくれることがあります。

スキルや資格よりも、丁寧に分かりやすく人に伝えて相手の希望や悩みを上手に聞き出す能力を面接でアピールしましょう。

ビジネスマナーをつける

会社は即戦力を求めていますので、当然世間では20代で身につけるべきビジネスマナーを持っていないといけません。

ビジネス本や仕事に関するブログなどに職歴無しの初心者に対して分かりやすいビジネスマナーの基本が詳しく載っていますから、まずはしっかり覚えましょう。

もしビジネスマナーを極めたいのであれば、ビジネススクールのセミナーを受講するのも一つの手です。

30代職歴なしで正社員になる方法

30代はまだ若手のうちと考えている企業も少なくありませんので、まず職歴を作ることが重要です。

希望先企業のうち、正社員への道がある職種を上手に選ぶことが不可欠ですから、就職支援をしてくれるサービスを活用してください。

ハローワークを利用する

ハローワークは、無料で就職の支援を受けられる国の行政機関です。求職者として登録しておけば、様々な就職支援を受けられます。

求人情報を提供してもらえるのはもちろん、書類の作成方法や面接の対策といった就活のための指導まで受けられます。

ハローワークを利用すれば職業訓練も可能で、IT関係のパソコンの勉強ができたり、介護資格を取ったりできて、無職やニートの人におすすめです。

\ハローワークとは?/

ハローワークとは?その種類とメリットとデメリットについて説明

派遣やパートから正社員を目指す

最初から正社員でなくても、派遣やパート、アルバイトなどから始めて、実力や能力を認めてもらえば正社員になれるケースもあります。

会社によっては求人の時にその旨が記載されている場合があり、うまく正社員登用制度を利用すれば正社員になれる確率が高くなるでしょう。

派遣社員は資格やスキルが必要なものばかりではなく、工場勤務や交通誘導員、警備員などの仕事でも可能です。

気になる給料も派遣社員はアルバイトよりも時給はよく、東京都内では時給が1,500円の高時給まで見つかります。

しかも保険や福利厚生などの優遇も受けられるという特典付きです。

\派遣社員から正社員に/

派遣社員から正社員に変われた私!プロのアドバイスでスピード内定!

\アルバイトから正社員になりたい/

アルバイトから正社員になるのは難しい?正社員登用と中途採用どちらを選ぶべき

そして就職・転職エージェントを利用するのがおすすめです。 

就職エージェントは一人ひとりカウンセリングを行って個々の適性診断をして就職の希望を聞き、それを元に求人を紹介します。

応募時の書類チェックや、面接でのアピール方法も教えてもらえて心強いのは間違いありません。

中でも、キャリチェンは30代職歴なしでも、アドバイザーが一つひとつ不安を消し、サポートしてくれます。

職歴がなくて就活方法がわからない方にピッタリのエージェントです。

まとめ

30代で職歴なしだと、「もう正社員への道はない」「やばい」といったネガティブなことが耳に入るかもしれませんが、全くそんなことはありません。

未経験や年齢不問の求人をしている企業で、30代の人でも正社員への登用ありで就職できている人もいます。

30代職歴なしというのは決して特別なことではなく、働く意欲と自己分析がしっかりしていれば希望の職に就ける可能性は十分あるはずです。 

20代の就職希望者に負けず劣らないコミュニケーション能力やビジネスマナー身につけて、志望動機もきちんと面接官に伝えましょう。 

今までの就活でうまくいかないと感じたら、転職エージェントの力を借りて正社員への近道を進みましょう。 キャリチェンはあなたの就職活動のお手伝いを致します。ぜひお気軽にご相談くださいね。