応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

頑固は長所?短所?頑固・我が強い性格を強みに言い換える方法【例文付き】

転職活動をしていると、面接で長所や短所を聞かれるのではないでしょうか。

その際には、しっかりと自己分析をして自分の長所と短所を洗い出しておく必要があります。

頑固は長所なのか短所なのか

そもそも、『頑固』とは短所なのでしょうか。『頑固』な性格の人は、

・こだわりが強く粘り強い性格
・我が強いが人との関り合いが得意
・せっかちだけどスピード感がある

な例も多く、一概に短所だと判断してしまうのは早計であると言えます。

しかし、『頑固』という言葉だけを聞くと、マイナスな印象も強く、多くが自分を謙遜する意味で使ったり、悪口のような意味合いで使ったりする例が多いように感じます。

面接や履歴書における長所・短所とは

そもそも、面接や履歴書において長所・短所を書く意味は何なのでしょうか。

客観的に自己分析し、自分の性格を理解しているか

一番は「性格を知りたい」といったところにあるでしょう。

このため、『頑固』を長所か短所として捉えず、あなたの1つの性格として伝え方を考えるのが良いでしょう。

『頑固』と聞くとマイナスイメージがあるかもしれませんが、プラスのイメージのある言葉に置き換えれば良いのです。

■プラスのイメージのある言葉の例
・こだわりが強い
・納得いくまで考え抜く
・自分を強く持ってる
・他人に左右されない
・自分に自信がある
・裏表がない
自分の感情に素直である

また、自分の長所・短所や性格を正確に理解していることは、仕事をしていく上で重要です。しかし、自分のこととはわかっていそうで身近過ぎて一番わかっていない部分でもあります。そこをどこまで客観的に分析し人に説明ができるか・・そこを面接官は見ているのです。

仕事に適性があるか

また、面接官は性格から仕事に適性があるかどうかを見ています。良い悪いではなく募集職種や社風に合っているかを判断しているのです。

面接官は採用した人材に長く活躍してもらいたいと考えています。長所・短所や性格の質問を通して、周りの人間と上手く関係を築けるかなども見ています。

面接ではエピソードを踏まえて効果的に

面接で長所や短所を伝えるときには、エピソードなどを添えて伝えるのがわかりやすく効果的です。

このため、

・自分が頑固だと思ったエピソード
・頑固だからこそ為せた成果や取り組み(ポジティブな結果)
・頑固だから失敗してしまった経験、悔しい想いをしてしまった経験

などを添えて、会社の求める人物像に合わせたアピールをすると良いでしょう。

面接官は、判断の理由や具体的なエピソードを聞いて、本当のあなたについて深掘りしてきます。

その際に、自分がどうして頑固だと思ったのかを伝えることで、きちんと自分の性格を理解した人間だとアピールできるのです。

POINT

・頑固という言葉単体で使用してしまうと短所だと見られがちである。
・面接官は長所や短所を聞いて、自己理解度・仕事に適性があるかを見ている。
・自己理解度をアピールするためにもエピソードを入れることが効果的。

頑固だと伝えた際に面接官が考えること

では、『頑固』だと伝える際、面接官はどのようなことを懸念するのでしょうか。事前に面接官が考える懸念を確認しておき、それを払拭するような形で面接すると効果的です。それでは見ていきましょう。

融通がきかなそう

頑固な人の多くは、最初と違った考え方ができない人だと想像できます。つまり、融通がきかないということです。

融通がきかない人の多くは、自分の意見や一つの選択肢のことしか考えておらず、別の意見を考慮しようとしない傾向にあります。

そのため、他人の考えを採用しようとすることが一切ありません。最初から「この意見のみが正しいのだ」と決めつけてしまうのです。

融通が利かないと集団行動は難しいでしょう。

会社で飲み会に行く際に一人で早帰りしてしまったり、ランチに行く際に頑なに食べたいものを譲らなかったりすると、会社の和を乱すと懸念されます。

我が強そう・協調性がなさそう

我が強そうだと思われる心配もあります。また、似たような意味で、協調性がないということも言えます我が強い人はエゴイスティックで独りよがりな行動をとることが特徴です。

マイペースであったり、自分らしさを大切にしたり、優柔不断でもゆっくり自分と向き合ったりする行動自体は悪い事ではありませんが、我が強すぎるのも考えものです。

強引に自分の意見を押し通しそう・負けず嫌いそう

また、相手の気持ちをあまり考慮せずに、強引に自分の考えを押し通すという意味で頑固なのではないかというのも、面接官は心配します。

自分の主義主張を強く押し通そうとすると、公正な判断ができなくなってしまうでしょう。また、強引に自分の意見を押し通す人は、自己中心的で負けず嫌いな性格な特徴があります。

強い口調、適当な言い分、威圧的な態度などで無理やり相手の主張を押さえて自分の考えを押し通そうとする印象があります。

論理的思考ができなそう

客観的に自分を見ることがない人というのは、感情や感覚で動くのではないかと懸念されます。

このため、ロジカルな考え方ができないのではないか、感情論でしか仕事を捉えられないのではないか、という点が心配されます。

自分だけが正しいと思ってそう

自分のことを誰よりも正しいと思い込んでいる人は頑固な傾向があります。自分が絶対的に正しいと盲目的に信じている人はビジネスには向きません

POINT

頑固だと面接官に伝えることで、「融通がきかなそう」「我が強そう」「協調性がなさそう」「負けず嫌いそう」などの印象を面接官に与えてしまう可能性がある。

頑固を伝えるときの上手な言い換え

頑固があなたの性格である場合には、ポジティブに伝えるような工夫が大事です。先に述べたような懸念を払拭するための努力だけでなく、自分の良い部分を伝えられるように努力しましょう

納得いくまで考え抜く性格

頑固な人の特徴として、自分が納得する意見に固執してしまうという特徴があります。これを逆手にとると、納得いくまできちんと考え抜く性格だと言えます。

周囲に惑わされない強い自分がいる

周りに流されずに、強い意志や信念・熱意を持って自分を信じて行動できるというのも頑固な人の特徴です。

特に日本人は同調圧力に弱いのではないでしょうか。会社の忘年会のお店などを多数決で決めるという会社も多いでしょう。多数派の意見に流されてしまう人が非常に多いのです。
このような環境で、頑固な人が自分の意思を主張してくれると場に活気が生まれたり、議論が活性化したりします。

こだわりがある

ビジネスシーンにいて自分の意見を言うことは非常に大切です。イエスマンばかりでは会社は成長しません。考え方にこだわりを持つことは会社にとって貢献できる人間になるためにも非常に重要な要素です。

負けず嫌いで真面目

負けず嫌いなことは、競争社会において成果をだしやすい最高の性格です。自分が常にナンバーワンでいたいという強い思いが、営業成績の向上や未経験の仕事でも食らいつける一つのチャンスになるでしょう。

負けず嫌いな人は同期からは嫌われやすいかもしれませんが、会社としては重要な人材になれるのです。

\ 面接の自己紹介が不安なら/

未経験でも転職できるおすすめの職種・業界!不安を成功に変えるポイントは?

頑固な人が今スグ使える自己PR例文を紹介

最後に、頑固な人が今スグ使える例文を掲載します。

粘り強い性格でチームで成果を残した例

私は頑固ですが、粘り強い性格です。私は学生時代に体育会テニス部に所属していました。監督やコーチはいない自分たちで運営する組織だったため、自分たちの力のみでテニス部を向上させていく必要がありました。しかし、監督する人間がいない部分自堕落で欠席率の高い部活になっていました。
そこで私は絶対にこの部活の体制を変えたいと思い、まずは役職決めの制度を作りました。全員からの投票制にし、やる気のあるメンバーに役職をつけてマネジメントさせることで部活の雰囲気は大きく上がり、日々の部活の出席率は60%程度から90%まで向上しました。

頑固な性格を治せるように取り組んでいる例

私は自分の考えを絶対に曲げたくないという強い意志があります。しかし、それのせいで前職では悔しい思いをしました。1人5件のアポイントメントを獲得することを目標とした営業力強化期間がありました。同期は皆先輩のアドバイスを聞いたり、同期同士で情報交換をしたりしていました。しかし、私は父が事業主で幼い頃から営業する姿を見てきたので、きっと自分は大丈夫だと思い、誰にも頼らなかった結果、下位20%の成績を取ってしまいました。
その後、私はまずは他人のやり方を吸収できるように、多くの人とコミュニケーションをとったり、自分の考えを見つめ直してみたりなど広い視野で考えられるようにする努力をしています。

長所と短所に迷ったら自己分析や他己分析を

面接という時間ほど、自分自身を見つめる時間はありません。

今までふんわりとしか考えてこなかった自分自身のことを面接官に追及されます。

「長所はどこですか?」「短所は何ですか?」「あなたの強み弱みは何ですか?」など。しかし、面接という短い時間の中で、企業もあなたのことを理解しようと必死なのです。しっかりと答えてアピールできるように準備しておく必要があります。

キャリチェンでは、キャリアコンサルタントが自己分析や他己分析を手伝います。

転職に悩んでいる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

画像