応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

仕事のストレスで限界を感じたら?サインや症状、対策方法を紹介します

「仕事が辛くて、ストレスが限界…」と感じた時にチェックして欲しい、ストレスの症状とストレスが溜まりやすい働き方を解説します。さらに、ストレスを感じた時の対策方法も紹介します。

仕事の限界のサイン?ストレスの症状チェック

仕事のストレスに限界を感じたまま耐え続けていると、身体と生活に影響が出てしまいます。ストレスの限界に気づくためのサインをまとめました。

イライラする

普段の生活の中で、ちょっとしたことでイライラするようになっていませんか?イライラしている状態というのは、状況や物事が自分の思い通りになっていない時に感じる不快感のことです。

ちょっと人と肩がぶつかったり、電車が数分遅れてしまったり、普段の生活の中でちょっとしたことに怒りを感じることを指します。街を歩いている時に、かすかな音や刺激に敏感になってしまうのも当てはまります。

不安になる・落ち着かない

試験の前やプレゼンの前など、心配事や大切な事がある時に不安になったり落ち着かなくなったりするのは誰にでもあることです。そのような理由がないのにも関わらず、突然息苦しくなる、動悸がする、めまいがするなどの症状が出ている場合は強いストレスを感じているでしょう。

憂鬱になる

憂鬱になる時があるのは、誰にでもある事です。仕事に行く前に憂鬱な気分になることがあるのは、おかしいことではありません。月曜日に出社するのが憂鬱で、日曜の夜に放送されるサザエさんをみると憂鬱な気分になることが「サザエさん症候群」と名付けられているほど、仕事に行く前は憂鬱に感じる人は多いものです。

身体からのストレスのサインは、憂鬱で何をしても楽しくない、何にも興味がないとなっている状態の時です。

1日8時間立ちっぱなしの姿勢や上司からのイジメに近い指摘に心身共にストレスが溜まり、キャリアチェンジした体験談。自分に合わない仕事を続けていくのもストレスでした。
出典:キャリチェン体験談

睡眠が取れない

寝付けない、夜中に目が覚める、朝早く目覚めてしまうなど、睡眠が十分に取れない場合はストレスを感じているでしょう。

体調がすぐれない

胃がもたれる、頭が重い、ひどい肩こりや腰痛がある、立ちくらみがある、風邪が長引く、微熱が続く、頻繁に湿疹が現れる、下痢や便秘など、体調に異変がある場合はストレスを感じているサインです。

昼夜逆転の仕事をしていて、体調を崩してしまいました。転職をしたかったけれどお金も時間もなくて困っていた時に見つけたのがキャリチェンでした。
出典:キャリチェン体験談

物事に集中できない

気分が落ち込んで物事に集中できない、いつも不安で仕事に集中できない、気分の浮き沈みが激しく集中できないなどはストレスの症状です。

間違いが多い

以前はしなかった物忘れやちょっとしたミスが増えていませんか?これは、気の緩みではなく、疲れやストレスが原因でミスが多くなっているサインかもしれません。

日中強い眠気に襲われる

日中眠気に襲われるのは夜に十分な睡眠が取れていないのが原因なこともありますが、パソコンからの刺激、オフィスでの物事や話し声がストレスの原因になっている場合もあります。刺激の強い環境に居続けることでストレスが溜まり、眠気が引き起こされることがあるため注意が必要です。

激務と昼夜逆転の生活で睡眠障害を患いました。体調を崩してしまい休職している時に、キャリチェンと出会い、いい環境の職場に転職できました。
出典:キャリチェン体験談

やる気が出ない

やる気が出ない、無気力な状態が続くのは、過度なストレスや過労が症状になって現れているサインです。

寝ても疲れが取れない

しっかり寝ても疲れが取れないのは、肉体的疲労と精神的疲労が原因です。仕事で脳が疲れていると、寝ても疲れが取れないということが多いです。

自分にあっていない仕事でうつ病、体調不良に。ストレスの限界を感じて、ワークライフバランスの取れた仕事に転職した体験談。
出典:キャリチェン体験談

ストレスが溜まりやすい働き方

時間外労働が多い

原則1日8時間以上の労働は、時間外労働に当たります。時間外労働が多ければ多いほど、健康に問題が生じる確率が高くなります。

不規則な勤務が多い

その日ごとに深夜勤務、早朝勤務と勤務の時間帯が不規則な場合は、身体への負担が大きいです。起床時間、就寝時間、食事の時間が常に不規則な場合は注意しましょう。

深夜勤務は自律神経を乱れやすくするため、ストレスの原因になります。

土日出勤、連勤が当たり前の職場で、心身の疲れを無視して働きつづけていました。そんなある日、仕事の疲れがピークに達してついに交通事故を起こしてしまいました。
出典:キャリチェン体験

出張が多い

出張は、長距離移動や慣れない土地への不安、慣れない相手との仕事など、心身共に疲労が溜まりやすいものです。

限界までストレスを感じた時にやるべき解決策

限界までストレスを抱えてしまった時にやって欲しい解決策をまとめました。是非試してみてください。

仕事を休む

ストレスのサインが出ているほど疲れている場合は、有給をとって長い間休みましょう。一時的に仕事のことを忘れてストレスから開放されることで、心身の疲れもすっきりするでしょう。仕事から離れて休んでいる間にアイデアが出てきたり、仕事の生産性をあげることができる場合もあります。

有給は勤続年数に応じて必ず取得できるものです。休みたい日の1週間前までには、上長に有給取得の意思を伝えておきましょう。通常は有給取得の理由を伝える必要はありません。有給を取得するのに特別な理由は必要ありません。「ゆっくり休みたい」「遊びに行きたい」という理由で休んでもいいのです。

有給取得は労働者の権利で、本来は自由に取得できるものです。もし会社側が有給を取らせてくれない場合には、ブラック企業の可能性があります。転職を視野に入れるのもいいでしょう。ブラック企業の特徴についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

趣味でストレスを発散する

仕事のストレスを発散するには、没頭できる趣味を持つことも大切です。趣味というとかっこいいことをしなければいけない、となんだか身構えてしまいますが、特定の趣味ではなくても、自分が楽しいと思えて、没頭できることをしましょう。

身体を動かす、カラオケに行く、散歩をする、旅行をするなど、自分が楽しいと思えて気分転換になる趣味を見つけてくださいね。動画配信サービスを利用して映画やドラマを一気にみる、美味しい物を食べる、お風呂に入るなど手軽にできることも趣味にしてしまえばストレス解消に役立つでしょう。

友人に相談する

仕事のストレスや悩みを友人に相談するのもいいでしょう。自分の悩みを人に知られるのが嫌、自分の弱みを人に見せたくないという人はストレスを溜めやすいという傾向があります。ですが自分の気持ちを外に吐き出す機会を作らないと、ストレスの限界に近づいてしまいます。

職場の人に職場や上司の悪口を打ち明けてしまうと、社内にそのことが広まってしまう可能性もあります。会社への不満を誰かに聞いて欲しい場合は、社内の同僚は避け、社外の友人に相談してみるのもおすすめです。

相談にふさわしい友人が見つからない場合は、精神科や診療内科などの専門医や行政機関に相談するのも一つの方法です。厚生労働省が「こころの耳」という無料の電話相談サービスを設けています。誰かに相談したいけれど相談に適した友人が見当たらないという方は利用してみてください。

他部署や他支店へ異動する

今の職場の人間関係に問題がある場合は、他部署や他支店への異動を志願するのも有効な有効な手段です。ストレスの原因となっていた人間関係から離れることで、ストレスを感じずに、働きやすい環境に異動することができます。

退職・転職する

限界までストレスがたまると、心身共に影響が出てしまいます。「ストレスが限界」「他の解決策を試してみる前に体調を崩してしまいそう」と思ったら、無理せずに転職するのもいいでしょう。退職や転職は逃げではありません。新しい職場でスキルや経験を積み上げるのも選択肢の一つです。

次はどんな職場がいいのか分からないと感じたら、キャリアカウンセラーに相談してください。キャリチェンは、転職支援と転職紹介のサービスです。ストレスを限界まで溜めずにプライベートを充実させて転職したいという方は是非ご相談ください。