応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

職場での人間関係に耐えられない。孤立の原因と今からできる対処法を紹介

「職場で嫌われている」「職場の人間関係に耐えられなくて仕事が辛い」と感じてしまうと、仕事に集中できない上に、ストレスが溜まっていきます。

そんな職場で嫌われている時に考えて欲しい、孤立してしまう原因と、孤立に耐えられないと感じた時にできる対処法を紹介します。

「人間関係の悩みや職場での孤立した場合は、自分ひとりで悩まず、第三者に相談し、客観的に判断するようにしましょう。

自分だけの行動が原因ではなく、上司や同僚との性格や相性、仕事の進め方の不一致が原因であることも多いです。自分だけで解決しようとすることで、さらに状況がこじれてしまう場合もあります。

さらに問題がこじれてしまった後の場合、自分ひとりでは解決できないことも多いです。

職場内で信頼できる上司や人事がいない場合は、ぜひキャリチェンにご相談ください。職場の人間関係のトラブルについても経験豊富なアドバイザーが親身にご相談にのります。

\現職の不満を解消したい!/

今すぐ無料で転職相談する

職場で嫌われてる?人間関係で孤立してしまう原因や事例

職場の人間関係で孤立してしまう原因はさまざまですが、主に考えられる原因やよくある事例を紹介していきます。

同期に馴染めていない

特に新卒入社の同期によく見られることですが、以下の場合は同期から孤立してしまうことがあります。

✓他の同期に比べて優秀すぎている

✓他の同期に比べて劣等すぎている

✓上司から気に入られている

✓自分の意見を主張しすぎてしまった

✓同期にキツい指摘をしてしまった

同期に馴染めていない理由の可能性を列挙しましたが、意見を主張したり辛辣な指摘をしたりすることが必ずしもマイナスになるとは言えません。意見の主張を求められる職場もあります。

同期と馴染めないかもしれないからといって仕事上の意見の主張をやめてしまったり、個性を出すのをやめてしまったりしては、仕事に悪影響を与えることもあります。

個性やその独自の行動は強みにも弱みにもなります。先ほど挙げた原因が必ずしも嫌われる原因になるとは限りません。

嫌われてしまう理由や馴染めない理由はその環境や人によって異なります。孤立してしまう理由を自分なりに考えてみるのがいいでしょう。

上司から嫌われている

上司から嫌われるのには、以下の原因があります。

✓仕事ができない

✓ホウレンソウ(報告連絡相談)ができていない

✓文句やいいわけが多い

✓学生気分が抜けていない

✓素直さがない

自分勝手な行動をしている

「自分がよければそれでいい」と相手のことを考えず、自分勝手な行動をしていませんか?

自分が嫌いな仕事だからと他人に無理やり押し付ける、人の意見を聞かず自分の意見を通そうとする、などの行為は自分勝手な行動に当たります。

ビジネスの場において自分の意見を言えるのは素晴らしいことですが、自分勝手な意見を押し付けすぎると自己中心すぎると捉えられてしまうかもしれません。

さらに、その日の気分で態度や言っていることが変わったりするのも、職場で嫌われる原因になります。

自分からコミュニケーションを取ろうとしない

社内の人とコミュニケーションを取ろうとせず、素っ気ない態度を取っていると、周囲の人もあなたに話しかけにくくなってしまいます。

話しかけられるのを待っているだけ、話しかけられても会話を続けようとしないのでは、誰とも話したくない人だと勘違いされているかもしれません。

また、自分から言わなくてもわかってもらえるだろうという態度を取ってしまうのもよくありません。

言動に問題がある

笑顔がない、態度が悪い、怒っているように見える、など何か言動に問題があるかもしれません。これらは自分では無意識に行っている場合が多いので、注意が必要です。

また、言葉で直接伝えるのではなく、そっけない態度で意思を伝えてしまうのも、勘違いされる原因になります。

ビジネスマナーを守っていない

ビジネスマナーを守っていないというのは、身だしなみが整っていない、上司への言葉遣いがなっていない、挨拶をしないなど、社会人としてのマナーが守れていないことを指します。

特に身だしなみについては、不潔感のある服装をしていると周りの人に嫌がられやすいため、気をつけましょう。

信頼を失うような行動をしている

仕事中に文句や愚痴ばかり言う、嘘をつく、会社のルールを破る、上司や同僚の悪口を言うなどは信頼を失う行動です。

不満が顔に表れる

イライラや怒りが顔に出やすいと、周りの人に気を使わせてしまう上、不快感を与えてしまうこともあります。

感情を全く表に出さないのは難しいですが、周りの人に気を使わせてしまうほど感情を表に出すのはやめましょう。

真面目すぎる

仕事をする上で真面目なのは大変良いことですが、真面目すぎて頑固、意見を曲げられないのは、人付き合いをする上では敬遠される原因になるかもしれません。

空気を読むのが苦手

空気を読むのが苦手で、無意識に人を傷つけているかもしれません。空気を読まずに自分の意見を押し通すことが仕事上でメリットになることもありますが、社内の人を傷つけているかもしれません。

逆に空気を読みすぎて人に遠慮しすぎてしまうのもよくありません。適度に空気を読みながら仕事ができるのがベストです。

マイナス思考

マイナス思考は物事を慎重に進められる、人とは違う視点を持つことができるなどのメリットもあります。

しかし、過度なマイナス思考は人間関係を悪化させ、人を遠ざけてしまう可能性があります。

仕事ではできない理由や挑戦しない理由を見つけてばかり、行動するのが遅い、失敗をひきづりすぎる、クヨクヨといつまでも悩んでしまう場合は、人に悪い影響を与えてしまうことも。

ある程度のマイナス思考はいいですが、行き過ぎたマイナス思考は避けましょう。

また否定的な言葉が多いのも孤立の原因になることも。「それおかしくない?」「絶対無理じゃん」のような言葉ばかり使うのは避けましょう。

感謝・謝罪ができない、伝わっていない

感謝や謝罪ができていなかったり、していたとしても伝わっていないことが人間関係を悪化させる原因になる可能性があります。

「ありがとうございます」や「すみません」など当たり前に使っている言葉は、言っているつもりでもなかなか伝わっていないこともあります。

ただ一言「ありがとうございます」というのではなく「〇〇してくださってありがとうございます」「〇〇の件は申し訳ありませんでした」のように一言付け足すとより気持ちが伝わるかもしれません。

嫉妬されている

職場で孤立してしまう原因として、嫉妬されている可能性もあります。仕事をして結果を出していることや、特定の上司に気に入られているなどの場合は嫉妬されているかもしれません。

特に女性の場合は、若さや容姿も嫉妬の対象になってしまうこともあります。

トラブルを起こした

過去に大きなトラブルを起こしたことがある場合も孤立の原因になることがあります。時間や締め切りを守らなかったり仕事の責任感がなかったりしてトラブルを起こしてしまった場合には、周囲からの反感を買ってしまうかもしれません。

職場で孤立してしまった時にできること

孤立の原因を明確にする

自分では孤立の原因がわからない場合は、その原因を上司や同僚に尋ねてみるのがいいでしょう。

ですが、孤立している上に、職場の人に「私が孤立している原因はなんですか?」とは聞きにくいですよね。そんな時は、自分の職場での行動をメモに書き起こして、自分の行動を見直してみるのがおすすめです。

メモに書き起こすことで、今まで自分が気づいていなかった言動を把握できるかもしれません。

自分の悪いところがあれば謝る

孤立の原因に心当たりがあり、謝罪が必要だと感じる場合はきちんと謝罪しましょう。謝罪することで信頼を取り戻すことができるかもしれません。

同じ失敗を繰り返さないためにも謝罪する時は、今後どのように改善し行動していくかを伝えることが大切です。

ビジネスマナーをしっかりする

身だしなみを整える、言葉遣いを丁寧にする、挨拶をするなどのビジネスマナーを見直しましょう。

自分ではできていると思っていても、実際にはできていないことも多いです。まずは身だしなみを整えることから始めてみましょう。

積極的にコミュニケーションを取る

積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。自分から積極的に話しかけてみるのはもちろん、目をみて話す、笑顔で聞く、相槌を打つなどコミュニケーションの取り方を変えることも大切です。

まずは自分から「おはよう」「こんにちは」「お疲れ様」と基本的な挨拶をするところから始めましょう。

謙虚な姿勢を取る

謙虚な姿勢を取っていると信用されやすいため、深い人間関係を築きやすくなります。

謙虚な姿勢とは、素直、聞き上手、価値観を押し付けない、人によって態度を変えない、感謝の気持ちを伝えるなどの姿勢です。

全てをこなすことは難しいかもしれませんが、まずは感謝の気持ちを伝えるところからやってみるのはどうでしょうか。何かをしてもらった時に「ありがとうございます」と伝えるだけでも、相手にいい印象を与えられます。

気にしないで仕事に集中する

職場で孤立している事を気にしないで、仕事に集中してしまうのも一つの選択肢です。職場で楽しい人間関係を築くことも大切ですが、職場は仕事の目的を果たすための場所です。職場の人間関係の深入りすると、自分の仕事の集中力を妨げてしまう可能性があります。

人間関係ばかり気にして仕事していては、本来集中すべき仕事に取り組むことができなくなります。仕事本来の目的をしっかり考え、一生懸命仕事に取り組むことで、人間関係の悩みも払拭されるかもしれません。

また仕事に集中し成果を出していると、誰かがあなたの頑張りを見てくれていて、孤立から抜け出せるかもしれません。

笑顔を忘れない

笑顔はコミュニケーションの一部です。いつもニコニコと笑顔でいる人は、話しかけられやすく、親しみを持たれやすいです。

また、いつも笑顔でいる人に不快感を持つ人はあまりいません。

ちなみに笑顔で過ごすようにすると、脳が勘違いし、楽しいと錯覚するようになり、本当に楽しくなってきたりします。笑顔を忘れないことは自分にも周りにもいい影響を及ぼすので、是非実践してみてくださいね。

感謝の気持ちを持つ

感謝されて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。何かしてもらったら「ありがとうございます」と口に出して伝えるようにしましょう。

ただ「ありがとうございます」と伝えるのではなく、「〇〇の件対応してくださりありがとうございました」「〇〇さんの素早い対応のおかげで無事納品できました、ありがとうございます」のように、何に対して感謝しているのかも伝えられるとより感謝の気持ちが伝わるかもしれません。

清潔感を大切にする

仕事とは一見関係ないように思えますが、清潔感の有無は人への印象を大きく左右します。また清潔感が一切ないと近寄りづらくなってしまうこともあります。ただ、容姿と清潔感は別物で、清潔感は努力次第で作ることができます。

髪にフケがないかどうかチェックする、お肌は脂でギトギトしていないかチェックするなど、ちょっとした努力をして清潔感を保つようにしましょう。

退職・転職を考える

「どうしても職場の人間関係に耐えられない」と思うのであれば、転職を考えましょう。人間関係の悩みで転職をする方は多くいます。今の会社の人間関係が全てではありません。また、人間関係が原因で転職するのは逃げではありません。

一度人間関係をリセットさせて、新しい場所で働き始めると、今抱えている悩みやストレスも軽減され、仕事に集中できる環境で働けるかもしれません。

転職を考える際には、同じ事を繰り返さないためにも、今の職場でなぜ孤立してしまったのかを考えることが大切です。転職の理由が人間関係の場合には、転職活動で退職の理由をそのまま伝えてしまうと面接官に悪い印象を与えてしまいます。

\退職理由の伝え方がわからない?/

面接で退職理由の伝え方!転職理由ランキング・理由別回答例・答え方を紹介

いい退職理由を自分で考えるのが難しい場合には、キャリアカウンセラーに相談するのがおすすめです。

特にキャリチェンは、いい印象を与える退職理由を一緒に考えることはもちろん、あなたにとって働きやすい職場を紹介します。あなたの転職活動を丁寧にサポートしますので、是非お気軽にご相談下さい。


画像

職場での人間関係についてのよくある質問

Q1:上司との人間関係に悩んでいます。うまくやるにはどうすればよいですか?

A1:頻繁にコミュニケーションを取るようにするのがおすすめです。「自分とは合わないから」と上司とのコミュニケーションを放棄していれば余計関係が悪くなってしまいます。「報連相」を必ず行う、ちょっとした休憩中に話しかけてみるなど、上司とコミュニケーションを取る回数を増やしてみるのもおすすめです。

Q2:職場で孤立することはダメなことですか?

A2:仕事内容によりますが、ほとんどの場合は職場で孤立すると多くの弊害が生まれます。一人で完結する仕事であればいいのですが、会社は組織で成り立っており、仕事はチームプレーで行うことが多いからです。チームワークや周りからの協力がなければいい仕事をすることは難しくなります。そのためできるだけ孤立しないようにすべきだと言えます。

Q3:人間関係がこじれてしまい転職したいです。こんな理由で転職するのは可能でしょうか?

A3:実は人間関係の悩みが原因で転職をした人は非常に多いです。組織で仕事をする以上、人間関係の悩みはつきものですが、職場での孤立が仕事に悪影響を与えている場合は辞めるべきだと言えます。また耐えられないほどのストレスを抱えており、体調に悪影響を及ぼす危険がある場合も転職を考えるべきだと言えます。

Q4:誰ともコミュニケーションを取らずともクビにはなりませんか?

A4:会社は簡単に従業員をクビにすることはできません。リストラに値する理由がない限り簡単にクビにされることはありませんが、十分な指導を行ったのに改善の見込みがないと判断された場合はクビになる可能性もゼロではありません。

Q5:心労から身体を壊して仕事を辞めました。こんな状態でも転職は可能ですか?

A5:体調不良は誰にでも起こりうるものであり、転職は可能です。転職活動をする際には、転職理由の伝え方が重要です。できるだけポジティブに退職理由を伝えるようにしましょう。