応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

そもそも仕事したくない!その原因は?「働きたくない」を解消する方法を紹介

仕事をしていると「そもそも働きたくない!」「マジで仕事したくない!」と感じる時があります。そのような感情になるのは、仕事をしている上では当たり前のことです。

「そもそも働きたくない!」と感じてしまうのは、本当に仕事が嫌いだからでしょうか?本記事では、働きたくないと感じてしまう理由と働きたくない人におすすめの職場環境を紹介します。

そもそも働きたくない!なぜそう感じてしまうの?

働きたくないと感じる理由は人それぞれで、その理由ごとに対処法が異なります。まずは仕事をしたくないと感じる理由を把握しましょう。

働く行為が嫌い

そもそも働くという行為が嫌いな人は多いです。「仕事をする」ということは、時にはミスをして怒られてしまったり、期限に間に合わなくて睡眠時間を削ったりと、楽しいことばかりではありません。

この場合は、怒られることや睡眠時間を削らなければいけないことが苦痛で、怒られることが少ない職場や残業がない職場に転職することで解決するかもしれません。働く行為が嫌いな理由をしっかり考えることも大切です。

業務内容が嫌い

働くことが嫌いというよりも、今の業務内容が嫌いだから働きたくないと感じてしまうこともあります。本来やりたくない業務を1日8時間、週に5日も続けていると、働くことそのものが嫌になってしまうのは当たり前です。

例えば、細かい作業が嫌いなのに緻密な作業をする工場勤務をしている、人と話すのが嫌いなのに営業や接客をしている。このような場合は業務内容があなたにあっていないため、仕事が辛くなっています。

本当は働くことが好きかもしれないのに業務内容に適性がないため、仕事がしたくないと感じているのかもしれません。

職場環境や社風が合っていない

仕事そのものは嫌いではないのに、職場の人間関係が悪いことが原因で、働くことが嫌いになっていませんか?たとえ仕事自体が楽しくても、人間関係が悪いと仕事に行くのが嫌になります。

また、上司との関係が悪くても、他の人との関係が良ければ耐えられるかもしれません。ですが、会社そのものに馴染めなければ、会社に行くこと自体が嫌になるでしょう。職場環境や社風が合っていない場合は、転職することで仕事を楽しめるようになるかもしれません。

\ 上司との関係に悩んでいるなら /

上司が嫌い!職場でストレスが溜まったあなたができる最善の選択肢や対策方法

労働に対して給料が低い

労働に対する給料が低かったり、成果を出しても評価してもらえなかったりすることが理由で、働く意欲が失われているのかもしれません。長時間労働でも、それに対して自分が納得できる報酬がもらえればやりがいを感じるでしょう。ですが、努力に対しての評価を得られないと働いていても意味がないのでは?と働く意味を見出せなくなり、働くことへの気力がなくなってしまうのです。

労働時間が長い

働く時間が長くなればなるほど、働く気力が失われやすいです。残業が多すぎる場合はもちろん、生活のリズムが崩れてしまうような働き方は、心身を疲弊させてしまいます。心身が疲弊してしまうことが「働きたくない」と感じることに繋がります。

\ 長時間労働が続いている…その会社ブラック企業かも…? /

ブラック企業の特徴と面接で見抜く方法とは?ブラック企業で働かないために

思うように成果が出ていない

思うように成果が出ていないと、働くことや自分に対する自信がなくなってしまいます。また、大きなミスをしてしまった時も「また同じミスをするかもしれない」と不安に思ってしまうと「働くことから逃げたい」と感じてしまいます。

キャリアアップができない

これ以上仕事を頑張ってもキャリアアップが見込めないと感じる場合は、働く意欲が失われてしまいがちです。何年も同じ作業を繰り返していて、それ以上の成果を目指せない場合は働くことの意味を見出せなくなるでしょう。

POINT

働きたくない!と感じる理由
・働く行為や業務内容が嫌い
・職場環境や社風が合っていない
・労働に対して給料が低い
・労働時間が長い

やっぱり働きたくない!その場合はどうしたらいい?

働きたくない原因はわかったけれど「やっぱり働きたくない!」と感じてしまう場合には、どのような対策を取ればいいのかを紹介します。

とりあえず仕事を休んでみる

仕事したくない!働きたくない!と思っているのは、疲労が溜まっているからなのかもしれません。疲労が蓄積されると、やる気が失われる上に仕事の効率も下がってしまいます。

特に「仕事が多忙すぎて、休日は1日中寝ていたら休みが終わっている」という方は、休日をすべて疲労回復に使っていることになります。有給を取って仕事を休んでリフレッシュするのがおすすめです。改めて自分を見つめる機会になり、仕事に新たな気持ちで望めたり、働くことへのやりがいを思い起こすことができるでしょう。

目標設定をする

自分の人生における優先順位を明らかにして、自分の理想の仕事の条件とはなにかを見直しましょう。「給料」「労働時間」「職場の人間関係」「業務内容」など仕事に関わる条件を分類し、その中で優先順位をつけましょう。

「労働時間が長くても給料が高い方が仕事いい」「給料が低くても、プライベートの時間を充実させられる仕事がいい」など自分の中で優先順位をつけることで、人生で大切にしていることが明確になります。ただやみくもに仕事を頑張ろうとするよりも、目標を明確にすることで、働く意味を見出しやすくなるでしょう。

POINT

働きたくない時はとりあえず仕事を休んでみる、目標設定をし直すことが大切。

働きたくない人におすすめの職場

「やっぱり働きたくない」「できることなら働かずに生活していきたい」と感じてしまう人におすすめの職場の条件を紹介します。働きやすい職場であれば、今よりも楽しく仕事ができるかもしれません。このような観点で仕事を選んでみてはいかがでしょうか。

仕事に見合った報酬をもらえる

働くモチベーションを保つには、やりがいが大切といいますが、やはり労働に対する報酬は働く上で重要です。長時間労働でも、それに対してしっかりと報酬がもらえれば、仕事のモチベーションを保てるかもしれません。仕事に見合った報酬がもらえないと、働いているうちに不満が溜まって、働きたくなくなります。しっかりと労働量に見合った報酬をもらえる仕事に就きましょう。

転職後に想像していた年収よりも低かったとならないためにも、事前に求人広告を見て年収を把握したり、逆質問の際に面接官に年収を聞いてみるのもいいでしょう。事前に報酬を把握しておくことで、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

人間関係がいい

職場の人間関係は非常に大切です。たとえ自分が好きな業務内容でも、人間関係に不満があると、会社に行きたくなくなったり、働くことそのものが嫌いになったりします。今の職場の人間関係に不満がある場合には、転職を考えるのも一つの手です。

人間関係がいい職場に転職したい場合は、面接の際に社内の様子を確認してみるのがおすすめです。社内がどんよりしている場合や疲れ切っている社員が多い場合は、社内の人間関係が悪い可能性があるため、注意しましょう。

コーポレートサイトや求人広告に掲載されている社員の声は所詮広告なので、実際の現場とは異なる可能性があります。本当は直接社員の声を聞ける機会があると理想的ですが、もし難しい場合は面接の際に職場の人間関係について正直に聞いてみるのがいいでしょう。自分自身が着飾らずに正直に話すことで、面接官も正直に答えてくれるかもしれません。

\ 職場での人間関係に悩んでいるなら /

職場での人間関係に耐えられない。孤立の原因と今からできる対処法を紹介

有給が取りやすい

有給の消化は本来、労働者に与えられた権利です。ですが有給が取りにくい会社では、有給を使えないこともあります。上司も有給を取っているような会社に就職すると、仕事とプライベートを楽しみながら仕事を続けられるでしょう。有給を使って旅行に行ったり、のんびり時間を使うのもいいでしょう。

リモートワークができる

仕事をすることではなく、職場に行くことがストレスになっている方も多いです。リモートワークをすることで、業務に集中できたり時間を有効に使うことができたりします。リモートワークを取り入れている会社に就職すると、職場へのストレスを感じにくくなるためおすすめです。

POINT

働きやすい職場環境
・仕事に見合った報酬をもらえる
・人間関係がいい
・有給が取りやすい
・リモートワークができる

働きたくない人が正社員になって良かった体験談

ダラダラ残業が嫌で会社を辞めたかった場合

男性ばかりの職場で営業職をしていたのですが、ダラダラ残業する付き合い残業や急な飲み会が多く、体調面で大きなダメージを受けてしまいました。定時で帰るために早く仕事を切り上げようとしても、帰りにくい雰囲気で嫌な気持ちになり、だんだん働きたくない!もう辞めたい!という気持ちが高まっていきました。

そのため、男性中心ではなく女性でも活躍できる会社に転職したいと考えるようになり、キャリチェンを利用して女性も活躍している営業事務に転職しました。現職では、前職のような付き合い残業や急な飲み会もなく、プライベートも充実させられています。

\ 転職して仕事もプライベートも充実した体験談はこちら /

付き合い残業も飲み会もうんざり!定時で帰るために私がしたこと

上司の都合に振り回されて会社が嫌になった場合

求人広告の代理店に営業として勤めていました。ノルマが厳しく、目標の数字に届いていなければ長いミーティングで詰められる日々。毎日終電での帰宅で心身ともに疲弊していました。ある日取引先とのトラブルで心がポキっと折れてしまい、退職を決めました。働くことに対してトラウマを抱えていましたが、キャリチェンを利用して事務職に転職しました。現職では楽しく働くことができています。「もう仕事したくない」と追い込まれている時は、転職して働き方を変えるのもおすすめですよ。

\ 「もう仕事したくない」と追い込まれていた気持ちが楽になった体験談/

営業を辞めたいけど転職する勇気がなかった私|辞めて良かった20代女性キャリアチェンジ体験談

まとめ

働きたくないと思い続けて仕事を続けても、思うような成果は出しづらいです。さらに、その状態で仕事を続けていると、体調を崩してしまうおそれもあります。働きたくないと思いながら仕事を続けるよりも、自分が働きたいと思う環境に転職をするのも一つの手段です。

「働きやすい環境に転職したい」と考えたなら、是非キャリアコンサルタントのキャリチェンにご相談ください。キャリチェンは、丁寧なカウンセリングをもとにあなたにあった職場をご紹介します。働きやすい環境に転職したいと思ったら是非キャリチェンにご相談くださいね。