応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

転職の面接落ちた?面接官の不採用のサインと合格を勝ち取るコツ

「面接を受けたけれど、なかなか合否の連絡が来なくて不安」「面接を受けたものの、手応えがない」と面接を受けたけれど落ちたかもしれないと不安になってしまう時がありますよね。

本記事では、面接結果の連絡が遅い理由はあるのか、そして面接時にわかる面接官の不採用のサインと面接に落ちてしまったかもしれないと思っている方向けに転職の合格を勝ち取るコツについて紹介します。

面接の結果はいつまで言われない?連絡が遅いと不採用?

面接の結果が遅いと「面接結果はいつまで言われないの?」「もしかしたら不採用ではないか」と心配になってしまいます。ですが、合否の連絡が遅くても合格していることもあります。

というのも、他の候補者と比較検討していたことで、合否の連絡が遅くなってしまうこともあるからです。面接結果の連絡が遅いからといって、不合格になっているわけではありませんが、合否の連絡予定日に連絡がなかったり、連絡予定日を大幅に過ぎても連絡が来ない場合は、不採用になっている可能性もあります。

不採用を表すサイン

「面接を終えたけれど、合格の手応えがない」と思ってしまうと「あの面接官の言動は不採用を表すサインだったのでは?」と不安になってしまうかもしれません。

そこで、ここからは不採用を表すサインを紹介します。ただ、面接官にもさまざまなパターンがあります。不採用だと思っていても合格していたり、合格の手応えがあっても不採用になっていたりと、連絡がくるまでわかりません。ここから紹介するサインは、ひとつの目安だと思って見てくださいね。

面接時間が短かった

面接官が早い段階で「この人は不合格だ」と判断した場合は、面接を予定していた時間よりも早く終わらせる場合があります。

ただ、面接時間の長さは直接的には合否に関係しません。というのも、面接官があなたに興味を持ってくれていて面接時間が長くなったとしても、面接中に合格の決定打が見つからない場合は不合格になる場合もあるのです。その場合は面接の中で決定打を探そうとするので、面接時間が長くなってしまいます。

また、面接中に早い段階で合格だと判断し、他に質問することがないと思った場合や、もともと書類審査でほぼ合格が決まっていた場合、簡潔に話すことができていた場合も、面接が早く終わってしまうことがあります。これらの場合は、早い段階で面接官が合格だと判断していたということなので、面接時間が短くても合格していることがあります。

定番の質問ばかりされる

面接官があなたに興味を持ってくれていないということを示すサインとして、定番の質問ばかりされるということが挙げられます。面接官が採用を考えていて、この人のことをもっと知りたいと感じた時は定番の質問に加えて深堀りする質問をします。質問が志望動機や転職理由などいつも聞かれることばかりで、深堀りするような質問がない場合は、不採用のサインの可能性が高いでしょう。

質問が少ない

質問が少なく、あなたに興味を持っている様子がない場合も不採用を表すサインのひとつです。繰り返しになりますが、面接官は「この人と一緒に働きたい」と思った人には、定番の質問以外にもさまざまな質問をして、その人の人柄や経歴を見ようとします。質問が少ないのは、あなたのことをもっと知りたいと思えていないサインのひとつです。また、質問の答えに対して深堀りするような質問をされないのも面接官がこちらに興味を持ってくれていないサインです。

面接官の反応が冷たい

面接官の反応が冷たい場合も不採用を示すサインです。目を見て話してくれなかったり、途中からそっけない反応になったりする場合は、これ以上話を掘り下げても意味がないと思われているのかもしれません。また、こちらが質問した内容に対して、薄い反応しかしてくれなかった場合も同様です。面接官からの質問が少ないのも、こちらに興味を持ってくれていないことを示します。

ただまれに、冷たい態度や圧迫するような態度は、圧迫面接の場合もあるので注意が必要です。面接官は転職者のストレス耐性や対応能力を試すために、わざと威圧的な態度取ることがあります。

雑談ばかりで終わる

雑談ばかりで面接が終わってしまった場合は、不採用のサインかもしれません。面接の始めの段階で「この人は不合格」と判断されてしまった場合、面接時間に余裕があっても早めに切り上げることがあるのです。ですが、面接予定時間よりも大幅に短く終わってしまうと「あの企業はちゃんと中身を見てくれなかった」と会社の印象を悪くしてしまうことがあるため、面接終了予定時間まで雑談で時間を使い、企業の印象をよくしようとしていることがあります。

POINT

不採用を表すサインとは

・面接時間が短かった

・定番の質問ばかりされる

・質問が少ない

・面接官の反応が冷たい

・雑談ばかりで終わる

採用を表すサイン

ここからは、面接中に判断できる採用を表すサインを紹介します。採用を表すサインが多ければ、合格している可能性は高いでしょう。

入社予定日を聞かれる

普通は今後選考に進むことがない不合格者に、入社予定日を聞くことはありません。入社予定日は採用しようと思っている人に聞く質問なので、入社予定日を聞かれた場合は、採用されている可能性が高いでしょう。

また、「入社したらどんなことがしたいか」「入社後の目標は?」などと、具体的に入社後の話をされるのも合格のサインです。これらのことを質問された時に答えられるように事前に準備しておくのも大切です。

仕事の希望条件を聞かれる

希望年収や希望の勤務地、勤務時間、残業の有無など、その会社で働き始める前提で職場の希望条件を聞かれるのも、採用を表すサインです。希望条件をしっかり伝えられるようにしておきましょう。

面接時間が長引いた

予定していた面接時間よりも長引いた場合は、面接官があなたに興味を持ってくれているサインです。ただ、多くの質問をして合格の決定打となる回答を引出そうとしていたものの、結局合格の決定打となる回答が得られなかった場合は、面接の時間が長くても不合格になっている可能性もあります。面接時間からだけでは合否を推測するのは少々難しいですが、面接時間が長いということは、興味を持ってくれているサインです。

今後の選考フローについての説明がある

面接官も時間に制限があるため、不採用となる人に次の選考の説明やアドバイスをしている余裕はありません。今後の選考フローについての説明やアドバイスをもらえるのは次の選考に進める可能性が高いです。

他社の選考状況を聞かれる

他社の選考状況を聞いて、合格させるか参考にしている場合があります。他社の選考が進んでいたり内定が出たりしている場合は、他社に取られてしまう前に早めに内定を出してしまうことがあるからです。他社の選考状況を聞かれた場合は、嘘をつかずに正直に伝えましょう。

エレベーターの見送り

「エレベーターの見送りがあったから不合格」と感じてしまう転職者が多いですが、実はエレベーターの見送りの有無は合否に無関係です。そもそも応募者に丁寧に対応する企業だったり、面接官側に時間の余裕があったりする場合に見送りがあります。また、企業によっては案内係がいるところもあるため、エレベーターの見送りがあったからと言って不合格になっているわけではありません。

POINT

採用を表すサインとは

・入社予定日を聞かれる
・仕事の希望条件を聞かれる
・面接時間が長引いた
・今後の選考フローについての説明がある
・他社の選考状況を聞かれる

面接で合格を勝ち取るには?

ここまで不採用と採用を表すサインについて解説しましたが、面接で合格を勝ち取るための事前の準備や面接時に気をつけることが最も気になるポイントだと思います。面接で合格を勝ち取るには、面接官の質問の意図を理解して、的確に回答することが大切です。そのためには、面接前にしっかり準備しなければいけません。面接前の準備の仕方については以下の記事を参考にしてください。

\面接前にはどんな準備をすればいい?/

転職は本番1割、準備が9割!?準備のない転職に成功なし!!

また面接で好印象を与える自己紹介の例文や、よく聞かれる最後の質問の例文、失敗談をうまく伝えるポイントにもついても紹介しています。面接のポイントを押さえて合格を勝ち取りましょう。

\ 面接の自己紹介が不安なら/

面接で自己紹介はどうする?好印象を与える例文も紹介

\最後の質問でアピールしたい!/

面接の最後の質問でいいアピールをするには?逆質問の具体例を紹介

\失敗談をうまく伝えるコツとは?/

面接の失敗談はどう答える?失敗談を生かすポイントと解答例を紹介

まとめ

転職の面接は、まず徹底的に企業研究や自己分析など準備をしなければいけません。面接の準備だけでなく、企業に出向いて面接を受け、その後合否の連絡を待つ必要があります。これらを一人でやり抜こうとすると非常に気力と体力を使います。

キャリアコンサルタントのキャリチェンに相談すれば、自己PRや志望動機、転職理由などをプロの転職コンサルタントと一緒に考えることができます。面接の準備から本番までの対策を考えるのが難しいと感じている方は是非、キャリチェンにご相談ください。丁寧にカウンセリングした上で、あなたに合う職場の紹介もしています。気軽に相談してくださいね。