応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

保育士が辛い!保育士から他職種への転職は難しい?転職しやすい職種と面接対策を紹介!

「このまま保育士として働いてもいいのだろうか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?保育士を目指したきっかけは「子供が好きだから」という方が多いです。しかし、子供が好きという理由だけではやっていけないほど、保育士はとても大変な仕事です。転職を考えている方は、最低限必要な知識を身に着けた上で、求人探しや転職活動を始めることが大切です。保育士から他職種に転職を目指す時のポイントをお伝えします。

もう保育士はやってられない?辞めたくなる理由とは?

保育士を辞めたくなる理由は人それぞれですが、一番多い理由としてあげられるのが、「給料の低さ」です。他にも、「有給が使えない」「残業や家での仕事が多い」「先生同士の人間関係がうまく行かない」「子供と遊ぶことが体力的にきつい」「保護者との人間関係がつらい」などと言ったことが理由のようです。まずは、自分が保育士を辞めたい最大の理由は何なのか明確にしましょう。

例えば、「今の保育園の人間関係がつらい」という理由だけなのであれば、他の園に移るという選択肢もあります。しかし、「今より年収をあげたい」「体力が厳しいから座り仕事がしたい」などの他の園に移っても叶えることができない問題の場合は、民間企業への転職を考えた方が良いかもしれません。とはいえ、どんな仕事に就いても必ず不満に思うことやデメリットは起こります。次の転職先に就いてから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、現状の不満点や改善したいことをはっきりさせておくことが大切です。

POINT

保育士が転職を考える一番の理由は給料の低さ。保育士を辞めて民間企業に転職するとしても、現状の不満や改善点を明確にしておくことが転職成功に繋がる。

保育士から他職種に転職するのは難しい?

結論からお伝えしますと、やはり保育士から他職種への転職は厳しいのが現状です。その理由は、大きく分けると以下の3つになります。

民間企業での就業経験がないこと

まずは、保育士としての専門的な経験しかなく、民間企業での就業経験がないことがあげられます。民間企業は利益を追求することが第一なとてもシビアな世界のため、子供相手の仕事をしていた保育士だと、企業の面接担当者から「大人相手のビジネスがやっていけるのか」「すぐに辞めてしまうのではないか」と懸念されてしまいまうこともあります。

専門的なスキルがないこと

保育士のとしての資格は、一般的な民間企業で活用しにくいものであるため、転職先で即戦力として働くのは難しいです。そのため、転職することが難しいのです。転職したい職種がある場合には、そこで生かせそうなスキルを身につけておくのも良いでしょう。

転職する暇がないこと

保育士として働きながら転職活動をすることが時間的に難しいという問題もあります。保育士の仕事は残業が多く、勤務時間が長くなりがちです。そのため、保育士の勤務時間が終わってからだと企業の面接時間に間に合わないことや、有給が使いづらいため、面接にあてる時間を捻出することが難しいでしょう。しかし、本気で転職したい気持ちがあれば、転職は不可能ではありません。

保育士から転職しやすい職種

それでは、保育士から転職しやすい職種を紹介します。保育士から転職するには、保育士の資格を生かした仕事や、保育士として培ってきたコミュニケーションスキルを生かせる仕事への転職がおすすめです。

保育のキャリアを活かす職種

介護福祉士

ホームヘルパーや特別養護老人ホームでの介護業務が主な仕事内容で、他にも在宅介護の場合には、介護方法の説明や介護に関するさまざまな相談にも対応しています。介護福祉士の資格は国家資格のためスクールに2年間通う必要がありますが、保育士養成施設の卒業者であれば、1年短縮して取得できるので保育のキャリアを生かすことができます。

社会福祉士

心身の問題などで日常生活を送ることが困難とされる方への支援や相談を聞くのが主な仕事内容となります。保育士として、保護者支援や子育て支援をしてきた経験をそのまま生かせるため、積み上げてきたキャリアを生かして働くことが可能です。

保育士で得た経験を活かす職種

販売職

実は、どちらもコミュニケーションスキルが必須という点で保育士と販売員は少し似ているお仕事です。保育士は、子供だけでなく保護者とのコミュニケーションが必須です。販売職もお客様とのコミュニケーションによって、信頼関係を得るものです。そのため、保育士として培ってきたコミュニケーション能力が販売職にも役に立ちます。

また、保育士は子供と遊ぶことが仕事のため、体力が必要な仕事です。販売員も立ち仕事の上、店内やストックなど動き回ったり、洋服のストックが入った段ボールやトルソーなどの重いものを運んだりと体力が必要な仕事です。

営業職

営業職も同じように、コミュニケーションスキルが必要とされる仕事です。また、営業職はどの業界でも募集が多く、、採用人数も多い傾向にあります。そのため、未経験でも採用されやすい狙い目の仕事といえるでしょう。さらに、営業職であれば営業成績によってインセンティブやボーナスに反映されるなど、年収アップが望めます。

事務職

保育士の仕事の中で、保護者向けの資料の作成やパソコンを使用していたのであれば、その経験を生かして働くことが可能です。事務職は座り仕事で毎日決まったルーティーンになりやすいため、比較的定時で上がれることが多い職種です。「保育士の仕事は残業が多くてつらい」という方におすすめの仕事です。

POINT

保育士のキャリアを生かすなら介護福祉士や社会福祉士。保育士で得た経験を生かすなら販売職、営業職、事務職がおすすめ。

保育士からの転職の面接対策はどうすればいい?

ここからは、保育士から転職する際の面接対策についてお話しします。

志望動機はポジティブに伝える

まず、退職理由については、必ず聞かれると思っておきましょう。その際、保育士時代の仕事の不満をストレートに伝えるのはよくありません。不満を伝えることで、「きっとうちでも同じように不満が出ると辞めてしまうだろう」とマイナスな印象を与えてしまいます。

ただし、「保護者との問題がうまく行かなかった」「体力が続かなくなった」といった保育士ならではの問題は、例えば事務職の面接などでは伝えても支障がない場合もあります。ただし、できるだけポジティブに伝えるようにしましょう。

保育士の経験をわかりやすく伝える

面接の際に「アピールポイント」や「前職で得たことは?」などと聞かれることも多々あります。その場合は、保育士として経験してきたことを具体的に、知らない人でもわかりやすい言葉を選んで伝えましょう。保育のことを知らない面接官に専門用語を使って話しても内容が伝わらず、アピールに繋がらなくなってしまう可能性があります。

POINT

面接では志望動機はポジティブに、保育士の経験をわかりやすく伝えることが大切!

\例文付き!自己紹介で好印象を与えよう/

面接で自己紹介はどうする?好印象を与える例文も紹介

保育士を辞めてよかった体験談

家でも外出先でもプライベートはほとんどなし。そんな状況がストレスとなり、やっぱり仕事は仕事、プライベートはプライベートできっちり分けたいと強く思い、転職を決意しました。そんな時に見つけたのがキャリチェンのサイト。キャリアアドバイザーの方が希望を丁寧に聞いてくださり、登録して3ヶ月後には希望していた企業から内定をいただくことができました。 ECサイトを運営しているITベンチャー企業の事務職です。残業や持ち帰り仕事もなく、定時には会社をすんなり出ることができ、今の仕事を始めてみて私はやっぱりプライベートも大事だなと改めて実感しました。

\保育士辞めてよかった!IT企業にキャリアチェンジできた体験談/

初めての転職!無知な私でも丁寧なサポートで保育士からITベンチャーに転職できた!!

まとめ

保育士は専門職のため、一般の民間企業への転職はとても難しいです。とくに、一人では情報やニーズも分からず、何から手を付けたら良いのか途方にくれてしまうのではないでしょうか?キャリチェンでは、経験豊富なキャリアカウンセラーが、現職の不満点や今後叶えたい希望などをきちんとうかがい、仕事の紹介から応募書類の書き方などの面接対策までしっかりとサポートしています。初めての転職活動でも安心して相談することができますよ。まずは、気軽にキャリチェンに相談してくださいね。