応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

東京で働きたいけど難しい?上京組が苦労するポイントや転職の年齢制限など

地方にいると東京で働きたい!と思っても「なにから始めればいいのかわからない」「東京で働きたいけれど地元に残った方がいいのかもしれない」と不安に感じてしまうでしょう。

本記事では、東京で働くメリットとデメリットや上京転職する時に難しいポイントを紹介します。さらに東京で働きたい場合の面接での答え方や転職時の年齢制限についても解説していきます。

東京で働きたい!その本当の理由は?

東京で働きたい!と思うその本当の理由は何でしょうか?環境を大きく変えたい、親しい友人が東京にいる、東京に憧れがある、プライベートを充実させたいなど、東京で働きたい理由はさまざまでしょう。これらの東京で働きたいと思った理由を明確にすることはいい志望動機を作るのにも役立ちます。東京で働きたいと思った時は、なぜ東京で働きたいと思ったのかを明確にしましょう。

東京で働くメリット

東京には地方にいると感じられないメリットを感じることができます。ここからは東京で働くメリットを紹介します。

給料が高い

東京の平均年収は全国1位で、非常に高いです。というのも東京と地方の年収には大きな差があり、東京は平均年収全国1位の東京と全国47位の沖縄ではなんと283.47万円の差があります。

東京:614.97万円(全国1位)

愛知:537.05万円(全国3位)

大阪:523.68万円(全国4位)

北海道:4040.58万円(全国9位)

宮城:469.68万円(全国11位)

福岡:436.88万円(全国17位)

沖縄:331.50 万円(全国47位)

参考:https://type.jp/s/nenshu/vol010.html

東京の平均年収が高い理由は、多くの企業が集まっていて人口密度が高いからです。東京は企業数が多いため求人数も多いです。求人が多いということは、求職者はたくさんの選択肢の中から応募する企業を選ぶことができます。つまり、給料を高めに設定しておかないと応募者が集まらないため、給料が高く設定されているのです。

ただ、東京は平均年収が高いのと同時に、物価が高いです。東京で働いて年収が上がったとしても、実際に自由に使えるお金は地方と同じということもあります。給料が高いから使えるお金が増えるわけではないので注意しましょう。

キャリアの選択肢が多い

東京には大手企業からベンチャー企業まで多くの企業が集まっています。2019年の全国の有効求人倍は1.62倍、それに比べて東京は2.12倍と非常に高く、キャリアの選択肢の幅が広いです。求人数が多い為、多くの選択肢の中から自分のキャリアを選択することができます。仕事の種類が多いので、転職したくなった時も選択肢が多いというメリットがあります。

未経験OKの求人が多く、スキルアップを目指せる

東京は地方に比べて未経験歓迎の求人が多いため、新しい仕事に挑戦しようとした時に挑戦しやすいというメリットがあります。年齢を重ねるにつれて未経験の職種へのキャリアチェンジは難しくなりますが、20代の方はキャリアチェンジのチャンスがあります。

東京に集中している仕事がある

IT系やアパレル系、旅行系、外資系の企業は東京に集中しており、東京に本社を置いている企業が多いです。

地方では倍率が高い業種でも、東京の方が倍率が低いこともあります。上京することで地方にはなかった憧れの企業で働くことができるかもしれません。

多種多様な人と関われる

東京には多くの企業が集まっており、人と出会うチャンスが多いです。東京で働く人は比較的意識が高く意欲的な人が多いため、これまで関わることがなかったような人と一緒に働くことができて、仕事に対するモチベーションを高く保てるでしょう。

POINT

東京で働くメリットはキャリアの選択肢が多くスキルアップを目指しやすい。さらに年収も高くなりやすい。

地方から東京への転職は難しい?転職時に苦労するポイント

東京で働くとメリットもありますが、地方から東京への転職は難しい点もあります。ここからは東京で働く時に苦労するポイントをお伝えしていきます。

仕事探し

東京には多くの企業が集まっており、有効求人倍率が高いです。東京では求人数が多く仕事の幅が広いですが、その分ブラック企業も多いです。多くの求人の中から自分に合う優良企業を見つけるのは難しく、仕事探しには時間がかかるかもしれません。

また、東京の企業には応募数も多く、優秀な人材が集まります。全国から集まった優秀な人材と共に選考を勝ち抜かなければならず、人気企業であれば難易度も上がります。さらに、多くの応募の中から採用する人を選び抜くため、選考に時間がかかりがちです。

家探し

地方に住んでいながら仕事探しと家探しを同時に行うのは難しいです。また、東京は住む地域によって家賃や物価が大幅に異なります。通勤のしやすさや住みやすさ、家賃などを事前に把握しておかないと、東京での生活が始まった時に苦労するかもしれません。

金銭的な負担

転職活動には地方と東京の往復の交通費やホテル代などのお金がかかります。その他、上京転職が決まった場合、引っ越し費用や家具家電の費用が必要です。転職活動前にある程度の資金を貯めておかなければいけません。

時間的な制約

地方の企業に在職しながら東京で転職活動を行うのはスケジュール管理が難しいです。転職活動の時間が足りずに満足な転職活動ができない可能性もあります。

地方の企業を退職してから上京し、転職活動を始めるという手もありますが、あまりおすすめではありません。自分の希望する職種や業界が求人に出ているかわかりません。

退職後のブランクが長いほど転職活動には不利になります。さらに転職活動を続けても仕事が見つからず、望まない職種に就いてしまったりフリーターになってしまったりする可能性があります。

POINT

上京転職する時には、金銭的な負担と時間的な制約を考える必要がある。できるだけ効率的に転職活動を行うことが大切。

東京で働き始めるのに年齢制限はある?30代でも可能?

東京で働き始めるのには、年齢制限はありません。ですが、キャリアチェンジは若い方が有利です。また、長年東京で働きたいと思っていても、年齢を重ねると上京の決意が固まらないかもしれません。上京するということは、今の会社でのキャリアや慣れ親しんだ地元での生活を捨てることになります。

地元での生活を捨てて東京での新生活や仕事に飛び込むのは、相当の覚悟が必要です。ですが、覚悟があれば30代からでも東京で働くことは可能です。30代で上京したとしても、東京で働く人とスキルが劣っているわけではありません。20代と違って30代は社会人としての経験やスキルが豊富です。東京で働きたいと思っているのなら、挑戦してみましょう。

POINT

東京で働き始めるのに年齢制限はないが、未経験の職種へのキャリアチェンジは若い方が有利。30代でも経験とスキル次第で上京転職が可能!

東京で働きたい場合の面接での答え方

面接で本音を話すことは大切です。ですが転職理由が「東京で働きたい」「東京に憧れがある」という場合は、正直に話すべきでしょうか。東京で働きたいから転職したいという場合は、上京に対する本気度を伝えることが重要です。

ただ東京に憧れがあるだけでは、東京で働くという目標が達成されるだけでやる気がなくなってしまうのではと思われてしまいます。

上京理由がプライベートなものだと遊ぶ目的で上京したいのではないか、と捉えられてしまうかもしれません。上京したい理由を話す際は、仕事上での上京したい理由を伝えるといいでしょう。地方ではなく東京だからできることをしっかりアピールすれば、東京で働きたいという本気度を伝えられるでしょう。

まとめ

東京で働きたい、キャリアチェンジしたいと思っているなら、いつでも遅くはありません。上京転職には転職活動にかけられる時間とお金に制限があります。効率的に転職活動を進めることが大切。転職活動をスムーズに進めるためには、キャリチェンのキャリアコンサルタントを利用するのがお勧めです。

キャリアコンサルタントはプロの視点からあなたに合った職場を紹介します。東京で働いてみたいけれど不安があるという方は是非キャリチェンにご相談くださいね。