応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

カタカナビジネス用語一覧!ベンチャーへの転職者は暗記必須?

ビジネスの場面で飛び交うカタカナ用語。用語の意味がわからなければ「会議の内容が全くわからない…」なんてことになる可能性もあります。特にIT業界ではカタカナ用語を使うことが多いので、IT業界への転職を考えている方はこの機会に是非覚えてくださいね。

ベンチャーの人がよく使うカタカナ用語ってうざい?

ベンチャーの人がよく使うカタカナ用語は「いちいちカタカナ使わないでわかりやすい日本語で言ってよ」と思うかもしれません。意識高い系だと揶揄されがちなカタカナ用語ですが、結局自分が覚えないと仕事になりません。

この記事ではベンチャーの人がよく使うカタカナのビジネス用語をまとめました。「あの人何言ってるの?使っている言葉がわからない!」とならないためにも、今回紹介する用語を是非覚えてくださいね!

カタカナのビジネス用語一覧

アグリー

同意する、という意味で、「私はアグリーです。」「社内の6割にアグリーされる」などでいます。ビジネスの場においては、否定する際はディスアグリーよりも「アグリーできない」「アグリーできかねる」という言い方をする場合が多いです。

アサイン

任命する、という意味です。「○○プロジェクトにアサインされた」「あの案件には〇〇さんをアサインしよう」などの使い方をします。

アジャイル

機敏な、頭の回転の早いなどの意味があります。入念な計画をして開発を進めるのではなく、「仮定を立てる→実践する」という細かい単位の反復を繰り返しながら臨機応変に対応していくことを指します。「この案件はアジャイルで進める」という使い方をします。

アジャスト

アジャストは英語の「adjust」から来ている調整、調節という意味の言葉です。何かを調節する時に使われ、「打ち合わせの日程をアジャストする」「チームメンバーをアジャストさせる」のような使い方をします。

イシュー

課題、問題点を指す言葉です。今考えるべき問題を見定める時に使用しますが、特に改善の余地がある問題のことを指します。「まずはイシューの特定をしよう。」「イシューを取り上げよう。」などのような使い方をします。

エーエスエーピー(ASAP)

「as soon as possible」の頭文字を取った言葉で、日本語で言うところの「なるべく早く」「なるはやで」「大至急」という意味です。相手に何かをお願いする時に使われることが多いです。

主に関西を中心に、「アサップ」と呼ぶ人も。「この資料はASAPで仕上げてください」「ASAPで折り返しください」のように使います。

NR(エヌアール)

訪問など社外に出てそのまま直帰すること。「NoReturn(ノーリターン)」の略語で「直帰する」という意味です。

会話の中で「今日はNRします」という使い方はあまりされず、主に会社の予定表で使います。予定表の中に「NR」と記載されていれば、それは「直帰」を指しますよ。

OKR(オーケーアール)

「Objectives and Key Results」の略で、簡単に言うと「目標と成果」を管理する目標管理方法のことで、大きな目標を実現するために、達成しなければいけない成果を指します。

Objectives(目標)とKey Results(成果)は分けて考えられます。Objectives(企業の目標)が「アプリダウンロード数、月100万を目指す」の場合のKey Results(成果)は「○月までに新機能をリリースする、デザインをリニューアルする」などになります。

オンスケ

英語の「on schedule」の略で予定通りにプロジェクトが進行すること。企画進行が押してしまう場合には「オンスケでは難しそうです。」案件が順調に進んでいる場合には「この案件はオンスケで進んでいます」などと使います。

カバレッジ

カバレッジとは、全体に占める割合のことを指します。主にプログラムをテストする時に使われる言葉で「カバレッジを分析する」「全体のカバレッジはどれくらい?」などのような使い方をします。

キャパ

「キャパシティ」の略で、容量のことを指します。人に対して使うことも多く、「○○さん、今月キャパ厳しそうだね。」「今週、まだキャパある?」などと使います。またキャパの限界を超えてしまうことを「キャパオーバー」といいます。使い方は「キャパオーバーしそう」「キャパオーバーに気をつけて」などです。

クロージング

クライアントなどの相手に対して、距離を狭めていくこと。また、契約まで繋げるまでのアプローチの意味を持ちます。「この案件はクロージングが難しい」「諦めずに営業したおかげでクロージングできた」などと使います。

KPI(ケーピーアイ)

企業目標を達成するために設定したプロセスの目標のこと。最終的な目標を達成するための中間目標とも言えます。

最終的な目標が「アプリの売上を〇〇万円アップさせる」の場合、その目標を達成するためのKPIは「営業数を上げる」「アクティブユーザー数を増やす」などが挙げられます。

KGI(ケージーアイ)

最終的な目標の数値のこと。企業目標から落とし込まれた目標数値であるKPIなどが実際に達成されたかどうか判断する基準のことを指します。KGIは企業の最終目標として設定されるため、多くの場合は「今年度の売上〇〇万円」と会社全体の大きな目標として掲げられます。

コンピテンシー

コンピテンシーとは、優秀な成果に繋がる行動特性のことを指します。仕事ができる人のルーティンといえばわかりやすいでしょうか。営業成績が一位の人の営業メールの送り方や事務作業の方法、営業のクロージング方法を分析し、人材育成に生かすことがができれば、会社全体の売上に貢献できます。人事評価の際は、成果をあげている人のことを「コンピテンシーモデル」と呼ぶこともあります。

シュリンク

シュリンクとは「縮む、縮小する」という意味。「市場がシュリンクしている」「需要がシュリンクしている」など、縮小していくことを指します。

シナジー

シナジーとは、相乗効果という意味があります。相乗効果の意味で、単体で行うよりもいい効果を得られる状態を指し、企業のM&Aもシナジー効果を狙ったものだと言えます。「シナジーを狙う」「シナジーをもたらす」などの使い方をします。

コミット

「約束」の意味や、「関わり」の意味です。責任を持って、目標を達成する際に、「〇〇%達成にコミットします。」などと使います。某企業のCMの「結果にコミット」というフレーズをイメージするとわかりやすいですね。

ジャストアイデア

ただの思いつきのこと。「ジャストアイデアで恐縮ではございますが、○○○○はどうでしょうか?」などと前置きの言葉として使います。「思いつきですが」と言うよりもスマートな印象を与えることができます。

スキーム

計画のこと。事業計画のことを、事業スキームと呼びます。「商品の販売スキームを考える」「事業スキームを考える」などの使い方をします。

セグメント

市場で同じ分類にされる層のことで、マーケットの中で、同じニーズを持った人達、同じ購買意欲の人達を指します。広告配信などで使う言葉で、「Facebook広告のセグメントにより~」などと使う。

ドライブ

車を運転することをドライブすると言うように、前進するという意味で使います。また「もっと頑張れ」という意味で、目標達成していない状況からギアをかけるときなどに使うこともあります。「ノルマ達成のためには、ドライブをかけて!」という使い方をします。

ナレッジ

知見のこと。その会社に蓄積された独自のノウハウをナレッジと呼ぶことが多いです。組織にとって有益な情報をまとめて、迅速に対応できるようにまとめておくことをナレッジといいます。「ナレッジ管理をしなければいけない」「今後はナレッジを蓄積していこう」などと使います。

バッファ

余裕を持たせること。スケジュールがきつきつのときに、人員に余裕をもたせるなどの意味で使います。「今月はバッファある?」とは「今月はまだ余裕がある?」という意味です。

バリキャリ

バリキャリとは、恋愛や結婚よりもキャリアを重視して、バリバリ働くキャリアウーマンのことを指します。「あの女性はバリキャリだよね」「バリキャリを目指したい」という使い方をします。バリキャリの反対にはゆるやかなキャリアを目指すという意味で「ゆるキャリ」と呼ばれます。

\バリキャリの特徴が知りたい/

バリキャリ女子の特徴とは!年収はいくらから?結婚できないって本当?

フィックス

フィックスとは「確定」「修正」「固定」の意味があり、変更されない、変化しない最終決定をすることを意味します。「スケジュールをフィックスさせた」「書類をフィックスした」などの使い方をします。

フェーズ

段階、局面のこと。プロジェクトの進捗や段階を指します。「今は認知を広げるフェーズです。」「次のフェーズに移るべきだ。」などで使います。

フィジビリティ

「実現可能性」「実行可能性」という意味です。新たな挑戦の際、成功するかどうか検討する際に使用する言葉として使われています。「フィジビリティを検討する」「フィジビリティーが高いので、新規事業を始めることを決断した」などの使い方をします。

ペルソナ

より鮮明に設定されたターゲット像のこと。典型的なユーザー像を描くため、特徴や性格など細かい設定を描きます。「この商品のペルソナは東京在住の30代の主婦です。兄弟構成は兄一人、趣味は漫画を読むことで、子供を保育園に預けた後に漫画を呼んでいる設定。」など、細かい設定を洗い出します。。

まとめ

いかがでしたか…?すんなり覚えられそうな用語からなかなか覚えにくい用語までたくさん紹介しましたが、どれくらい覚えられましたか?一度に覚えられなくても少しずつ意味と使い方を覚えていきましょう。

ITベンチャーへの転職を考えている方は是非キャリチェンにご相談ください。キャリチェンは丁寧なカウンセリングを元にあなたにあった職場をご紹介します。

未経験からIT業界への転職もサポートしています。「土日休み」「残業なし」が叶えられる職場をご案内できるので、是非お気軽にご相談くださいね!