応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

生理休暇の最適な伝え方は?言い方と電話・メールで対応する方法

女性は取得できる「生理休暇」という制度ですが、なかなか取得率が低いのが現状です。本記事では生理休暇とはどのような制度なのか、日数や申請方法、男性の上司への伝え方など生理休暇に関することを紹介します。

さらに生理痛が酷い時に出社しなければいけない時の対処法や、生理休暇のおすすめの過ごし方についても解説します。「生理痛が酷いけれど会社に伝えることができない」「体調が辛い中働いている」そんな女性におすすめです。

生理休暇って何?詳しく解説!

生理休暇とは、生理痛により労働が難しい場合に取得が認められる制度です。実は、生理休暇を取得する権利は法律で保証されている制度で、労働基準法に明記されています。1947年に女性の社会進出が勧められた際に労働基準法に盛り込まれた制度です。働く女性を守る制度として作られました。

「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と労働基準法第68条により定められているのです。

また、雇用体系に関係なく取得できるため、派遣社員やアルバイトの場合も生理休暇を取得することができます。また、勤続年数や年齢などの制限もありません。

一般的な日数

生理休暇を取得できる日数には制限はありません。基本的に生理休暇については「月に○日以上取得してはいけない」のように取得日数に制限を設けないことが労働基準法に明記されているからです。

生理休暇に日数の制限はないものの、生理休暇を有給にするか無給にするかは法律で定められているわけではありません。生理休暇は欠勤扱いにならないだけで、給与が発生するとは限りません。有給扱いになるかどうかは会社によって異なるため事前に会社に確認しておきましょう。

そのため、生理休暇が有給扱いになるかどうかは各企業によって異なります。「月に1日は有給を認めるが、それ以上取得した場合は無給」となっている企業が多いです。

一般的な取得率

取得率は非常に低く、生理休暇を取得したことがある人の割合は全体の5%しかいないと言われているのが現状です。

「生理の日だということを周囲にばれたくない」「職場の男性への伝え方がわからない」「男性に生理だとばれたくない」などさまざまな理由により、毎月生理休暇を取得できている女性は少ないと言えます。

一般的な申請方法

医師による診断書は必要ありませんが、労働が困難だと判断される場合のみに認められます。申請方法やルールは会社によって異なります。当日に生理休暇を取得したい場合は会社の申請方法にそってメールや電話で欠勤を伝えましょう。

POINT

生理休暇とは働く女性を守るための法律で、取得日に制限はないが取得率は低いのが現状。メールや電話などで会社に申請するのが一般的。


生理痛で休むなんて言いづらい…!多くの人が感じている伝えづらさ

「生理が理由で休むなんて…」と感じるかもしれませんが、生理休暇は法律で認められている制度なので、罪悪感を抱く必要はありません。しかし、多くの女性が生理休暇を使いづらいと感じていると言います。

その理由を見ていきましょう。

生理の周期がバレてしまう

生理の周期がバレるのが、なんとなく恥ずかしいと思う人も多いでしょう。

また、生理の周期が安定せず、バラバラに休暇を取得してしている場合、「あの人、今月の3日も生理休暇だったのに、また20日も生理休暇取るらしいね。」と噂を立てられてしまい、不信な目で見られてしまうこともあり得ます。

男性に言いたくない

「生理」という単語を男性の前で言いにくい方もいるようです。

生理の特性上、男性には痛みを理解できず、痛みを軽視されてしまう場合もあると言います。

「男性には言いづらい」「男性は理解してくれないだろうから言いたくない」という人もいるようです。

生理痛が軽い女性に軽視される

生理痛は、個人差が大きいと言います。このため、生理痛がない、または軽いという人も中にはいるのです。

そういった同性の女性の中には、生理痛を理解してくれない人もいます。

職場のお局のような存在から「生理痛なんて甘えだから出社しないと」と嫌味を言われた人もいると言います。

こういった同性からの冷たい目線も、時に障壁となります。

生理休暇の一般的な伝え方

このように、生理休暇に取りづらさを感じている人が多いですが、どのように伝えるのがいいのか、まずは伝え方を解説します。

生理休暇を取得するのが難しい場合

生理休暇の取得が法律で認められているとはいえ、生理休暇を取得していい風土がない会社では取得がなかなか難しいもの。男性ばかりの職場では一層、申請するのをためらってしまうでしょう。

とはいえ企業は、生理休暇を申し出た労働者に対して取得を拒否すれば、法令違反になります。また、生理休暇を申請したという理由でその社員をクビにすることもできません。言いづらいですが「生理休暇を取得します」としっかり伝えれば取得可能です。

電話の場合

生理痛が酷く仕事にいけない状態の時は「今日は生理痛で辛いのでお休みさせてください」「今日は生理痛で動けないためお休みさせてください」と電話で伝えればいいです。

生理休暇は法律で定められている権利なので、断られることはありません。もし午後から出社できそうな場合は「午前中はお休みさせてください。午後からは体調次第で出社します。」と上司に伝えましょう。

メールの場合

メールでの欠勤連絡が認められている会社であれば、メールで欠勤を伝えるのも可能です。「大変申し訳ありません。今朝より生理痛が辛く、出社が難しい状態です。本日は欠勤させて頂いて宜しいでしょうか。」という内容のメールを作成し、連絡しましょう。

POINT

生理休暇を取得したい時は「生理休暇を取得したい」と強く伝えるべき。また、当日欠勤で電話やメールで伝える場合は「生理痛が辛くて出勤できない」という旨を伝える。

\激務で体調を崩してしまった体験談/

激務で体調不良に!ブラック企業の残業続きに疲れた私がとった選択肢とは?

生理休暇について伝えるときのコツ

嘘はつかない

生理だと言いたくないがために、「体調不良」を理由に休む人もいますが、体調不良や腹痛など曖昧な理由の欠勤を繰り返していると「体調管理もできないのか」と思われてしまう可能性があります。

生理休暇の取得は正式に認められている制度ですので「生理が原因で休む」ということをしっかり伝えるようにしましょう。そうすることで、今後も休みやすくなります。

休む場合は早めに言う

休む場合はメールか電話どちらでもいいので、できるだけ早めに伝えるようにしましょう。欠勤連絡があまりにも始業時間寸前だと会社の人に迷惑をかけてしまいます。「今日は出社できない…」と感じたらすぐに連絡しましょう。

また早退する際も「生理痛が酷く、これ以上勤務が難しいため早退させていただきます」と正直に伝えれば認められるでしょう。

生理は特性上、いきなりの連絡をしてしまうことが通常になります。朝起きて、「今日生理だ…。」となることもあるので、連絡が急になってしまうのは当然です。しかし、その中でも、どれだけ早く伝えられるかで、会社への影響も変わってきます。

男性への伝え方は慎重に行う

男性には、生理痛の辛さを根本的には理解してもらえませんし、生理についてよくわかっていない男性も多いです。「生理なんて体調不良にならない」と思う男性もいるかもしれません。さらに、生理に関することは女性にとってデリケートなことで、なかなか男性には言いたくないと感じるでしょう。

そのような場合は直属ではなくても、女性の上司に相談してみましょう。女性の上司なら生理の辛さを理解してもらえ、対策を一緒に考えてくれるかもしれません。

ただ、生理痛がない女性もいます。そのような女性の場合は「生理痛で休むなんて甘えている」と感じてしまうかもしれません。女性に相談する際は生理痛の辛さを理解してくれそうな方に相談しましょう。

診断書を提出しておくのも手

生理は毎月来ますよね。「生理痛の理解が得られない…」「生理だから休ませてください」と毎月言いづらいという場合は、一度お医者さんの診断書を会社に提出するのも一つの手です。

労働基準法には診断書の提出義務はありません。ですが、生理痛について理解してもらえないのであれば、医師の診断書を持って会社と相談しておくのも一つの手です。

あらかじめ会社側にPMSの症状を説明し、月に一度は生理休暇を取得する可能性があることを伝えておけば、生理休暇を取得する際もスムーズに進むでしょう。

お礼を忘れない

生理休暇の取得が認められているとはいえ、あなたが休んだ分の仕事をカバーしてくれる人がいます。体調が悪い時はお互い様ですが、感謝の気持ちとお礼の言葉を忘れないようにしましょう。

POINT

生理休暇について伝えるときのコツ
・休む場合は早めに・男性への伝え方は慎重に
・会社に診断書を提出して理解を得ておく
・お礼を忘れない

生理休暇が取れない…そんな場合の対処法

生理休暇が認められているとはいえ「なかなか取得が難しい…下っ腹がズキズキして辛いけど出勤しないといけない!」そんな場合の対処法を紹介します。

身体を動かして血行を良くする

ストレッチをして全身の血行をよくすると、生理痛が少し和らぐかもしれません。お手洗いで全身を伸ばしてみたり、デスクでも足を動かしたりと血行をよくすることを意識してみましょう。

カイロでお腹を温める

お腹が冷えると痛みが酷くなってしまいます。夏でも会社内はクーラーで冷えていることが多く、お腹も冷えてしまいます。お腹が冷えないようにカイロを貼ってお腹を温めてください。

また、カイロを入れるポケットがついたサニタリーパンツも販売されています。そのような商品を使って上手に身体を温めてくださいね。

ゆったりした服で過ごす

生理中に締め付けのある服で過ごすと、より痛みを加速させてしまいます。生理痛がひどい場合はウエストがゴムで、しめつけのないボトムを選ぶようにしましょう。ウエストの締め付けがないだけでも痛みの緩和に一役立ちます。

生理周期に合わせて仕事を調節しておく

もし仕事を自分で調節できる場合には、生理が予測される日に、重要な会議を入れないようにする、外まわりの仕事を入れない、体力を使う仕事を入れないなどの工夫をしましょう。

会社で働いている限りすべての仕事を調節するのは難しいですが、ほんの少しの工夫で生理中のイライラを軽減できるでしょう。

生理痛が酷くなりそうな日やだるさを感じそうな時は「比較的頭を使わない事務作業をする日」と決めておくのもおすすめです。生理周期に合わせて仕事を調節すると、生理前特有のイライラや気分の落ち込みを少し抑えられるので是非やってみてください。

POINT

生理休暇が取れない…そんな場合の対処法
・身体を動かして血行を良くする
・カイロでお腹を温める・ゆったりした服で過ごす
・生理周期に合わせて仕事を調節しておく。

生理休暇の過ごし方

田中さんの場合

生理休暇をいただいた日は「生理だから今日は頑張ってはいけない日」と決めて、自宅でのんびりするようにしています。食事も本当は自炊をすべきかもしれませんが、身体に負担をかけないように出前を頼みます。

ちょっと豪華な出前を頼んでプチ贅沢をすることも。のんびりしながらネットフリックスで気になっていた映画を観て過ごします。

生理中には身体を冷やさないことが大切。生理休暇中は、できるだけ温かい飲み物を飲んだり、部屋を暖かくしたりして身体に負担をかけないように注意しています。

以前、生理中に落ち込みやすくなったりイライラしたりした時には「なんでこんなこともできないんだろう」「生理痛がない人もいるのに、自分は体調管理さえできないのか」と自分を責めてしまうこともありました。

ですが最近では「生理だから仕方ない!しっかり休んで明日に備えよう」と開き直ってしっかり休むようにしています。しっかり休むことで次の日の仕事にも集中できるので、メリハリをつけて仕事をすることが大切だと感じています。

まとめ

PMSの症状は人それぞれ。そのため女性同士でもその辛さを理解してもらえないこともあります。生理痛が酷いのに無理をして働いていては、身体に支障をきたすこともあります。

もし生理痛が酷いのに理解してもらえない職場の場合は転職を考えるのも一つの手です。

バレないで勤務できる会社もある?!

最近、新規システムの導入が早いIT企業や、時代の変化への対応が早いスタートアップ企業では、「体調が悪いので休みます」と社内で伝えたのち、後から、誰にもバレないように、勤怠システムを通じて、生理休暇だとして申請することができます。

このため、自分の欠勤はチームメンバーに報告しますが、その休みが体調不良なのか、生理休暇なのかは、だれもわからない仕組みになっています。

勤怠管理者にはバレてしまうこともありますが、これなら「生理だと言いづらい…。」「バレたくない…。」という人も安心ですよね。

その他、自分のペースで働ける職場はたくさんあります。もし転職を考えている場合はキャリチェンのキャリアコンサルタントにご相談くださいね。