応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

社内恋愛で別れた後、仕事に影響を与えない方法とは?破局が理由で退職してもいい?

社内恋愛は、恋人と職場が一緒で、仕事中でも恋人と合わせられる幸せな恋愛です。でも別れてしまえば、会いたくなくても職場で顔を合わせなければいけないデメリットがあります。職場で出会ったときには気まずく、同じプロジェクトを任された場合などは特に気を使わなければなりません。

別れたからといって関係性がリセットされることはなく、同じ職場で働き続ける限りお互いに居心地が悪くなります。仕事に影響を出さないためにも、付き合っていた関係性をうまく終わらせる必要があります。

そこで今回は社内恋愛で別れた後に仕事に影響を与えないにはどうしたらいいのか、またその後の過ごし方について解説していきます。

社内恋愛で別れた後に辛くなる理由

普通の恋愛でもパートナーと別れた後は辛いですが、職場恋愛だからこそ経験する辛さがあります。ここからは、職場恋愛で別れた後に辛くなる理由について解説します。

元パートナーと毎日顔を合わせないといけない

社内恋愛をしていて別れた時に最も辛いことが、元パートナーと毎日顔を合わせないといけないことです。失恋をしたときには、元パートナーと距離を置いて失恋を思い出せないようにして、時間が解決をするのを待つ方法が有効です。

ですが社内恋愛であった場合、元パートナーと顔を合わせることが多く、別れた辛さを忘れるのには時間がかかります。

周囲の視線が痛い

社内恋愛をしていることを同僚や上司に公表している場合、別れた時には視線が気になってきます。周りからすると、仲が良さそうだった2人の関係が突如ぎくしゃくした関係に変わってしまうと、どのように接していいか分かりません。

周囲は違和感を覚えながら仕事をしていかなければなりません。ですが、時間がたてば周囲も2人への接し方などが分かり、適切な距離感で仕事ができるようになるでしょう。

パートナーの新恋人を見てしまう可能性がある

お互い同じ職場で働いていると、元パートナーに新恋人ができた時、その相手がどういう人なのかを知ってしまう可能性があります。さらに、その新恋人とあなたが仕事で関わらなければならないかもしれません。

また、新人が入ってきた際に、その新人とパートナーが付き合う可能性や社内誌で相手の結婚を知ってしまう可能性もあります。同じ職場にいる限り、相手の近況を知りたくなくても耳には入ってくるでしょう。パートナーへの未練がなければ特に何も感じないかもしれませんが、未練がある場合には元パートナーの近況を知るたびに辛い思いをするかもしれません。

POINT

社内恋愛で別れた後に辛くなる理由は、元パートナーと毎日顔を合わせないといけないことや、周囲の視線が気になること。さらに、新恋人と顔を合わせることになるかもしれないので、未練がある場合はより辛いと感じるでしょう。/p>

社内恋愛で別れた時はどうすべき?仕事に影響を与えないために

仕事仲間としての関係でいる

社内恋愛で別れた後、職場でどのように接していけばいいのかを悩むのは自分だけではありません。元パートナーも同じ悩みを抱えているはずです。一度は恋愛関係になった以上、別れた後すぐに同僚としての関係に割り切るのは難しいでしょう。

そこで、ぎくしゃくしないためには職場で顔を合わせたり、一緒に仕事をするときなどで、必要以上に踏み込み過ぎないことが大切です。同僚以上の距離感でいると付き合っていた時の関係を引きずるだけなので、一歩引いた距離感で接しましょう。

職場での接し方を決めておく

社内恋愛で別れた後、元パートナーと社内でばったり出くわしたり、一緒に仕事をすることがあるかと思います。その時に気まずくなったり、冷たく接せられたりする場合には、敬語を使って距離を保つことがおすすめです。

上司や同期、部下などの仕事上の関係性で仕事を進めていくことで、互いを恋人同士ではなく、仕事仲間であると認識することができます。

また、別れた後、元パートナーに「職場では他の同僚と同じように対応するから」と伝えておくことも良いでしょう。先に伝えておくことで相手も同じような対応をしてくれる可能性が高くなるため、職場で気まずくなることもすぐになくなるはずです。

別れたことを知っている人に伝える

付き合っていたことを知っていた同僚には、職場の雰囲気を壊さないためにも別れたことを報告しておきましょう。周りの人も、付き合っていることを知っている場合の接し方と、別れたことを知ってからの接し方は変わってきます。同僚であれば、仕事仲間というよりも友達目線でさまざまな相談に乗ってくれるでしょう。

また、同僚だけではなく上司にも報告しておく必要があります。上司の場合は同僚とは少し異なり、仕事面線のアドバイスをくれたり、仕事上の融通を利かせたりくれるでしょう。上司に相談することで、別れた後の職場環境や仕事のしやすさに影響する可能性もあるため、少し言いづらくても上司にも相談しておくのがおすすめです。

POINT

社内恋愛で別れた時にすべきこと
・仕事仲間としての関係でいる
・職場での接し方を決めておく
・2人の関係を知っている同僚や上司に別れたことを伝える

仕事に影響でるかも!社内恋愛で別れた後のNG行動

元パートナーを極端に避ける

元パートナーと別れた後、極端に相手を避けることはやめておきましょう。別れた後ということで顔を合わせることが気まずくなってしまうことは分かります。しかし、そういった態度は周りの人も見ています。

別れたからといって、元パートナーを極端に避けていればそれを見た同僚は気を使ったり、あなたに対して不満を抱くかもしれません。余計なコミュニケーションをとることを避け、仕事に必要なコミュニケーションのみ取るようにしましょう。

社内恋愛で別れた後に無視をするのは自分の居場所をなくしてしまうかもしれません。

恋愛関係だったことを社内にばらす

恋愛はプライベートな話であるため、別れた後に社内恋愛だったことをばらすことはやめておきましょう。せっかく、社内恋愛していたことを隠していたのに、別れた後にばらすと今まで隠していた努力が無駄になります。

また、どうして別れたのかなど踏み込んだ質問をされるかもしれません。さらに自分にだけではなく、元パートナーにも迷惑がかかる可能性があります。

悪口を言いふらす

社内恋愛で別れた時のNG行動の中で最もやってはいけないことは、別れた相手の悪口を言いふらすことです。たとえ別れたとしても、社内で一緒に働く仲間であることには間違いないです。

悪口を言いふらすことで、二人の関係性が悪化して顔も合わせたくなくなることに加え、周囲の人たちも、悪口をいう人は信用できなくなってきます。元パートナーにではなくても、悪口を言うことは間違っているので止めておきましょう。

POINT

社内恋愛で別れた後のNG行動
・社内恋愛だったことをばらす
・元パートナーの悪口を言いふらす。

社内恋愛での破局が理由で退職してもいい?退職してしまう場合のデメリット

今までのキャリアがなくなってしまう

基本的に社内恋愛での破局が理由で退職することはおすすめしません。社内恋愛で別れたといって、今まで培ってきた自分のキャリアを無駄にするのはもったいないです。職場自体が好きであるなら、退職せずに働き続けることが良いでしょう。

失恋によって心が傷ついたままでは仕事が手につかず、周りとの関係もうまくいかないことがあります。ですが、失恋で傷ついたダメージは時間がたてば治ることがほとんどです。

失恋したことで簡単に仕事を辞めてしまうと、収入はなくなりますし、急に転職活動をすることになります。失恋したまま転職活動を続けることは身体的にも精神的にも辛いことです。

ですが、時間がたっても状況が改善されない場合、転職を視野に入れることも大事です。職場にいることが辛かったり、周りの目が気になり続けていて疲弊していけば、仕事どころではありません。無理をして体を壊すのであれば、転職することも大事です。

転職先でも受け入れられにくい

転職活動では、退職した理由が失恋であれば不利になります。採用する側からすれば、職場の人間関係が壊れるかもしれない人材を雇うリスクがあるからです。また、社内恋愛はどの職場でも起こる可能性があることです。転職して違う職場で働いても、職場恋愛をして別れてしまうと、また職場での居心地が悪くなり、転職を繰り返すことになってしまいます。

前職と同じように転職を繰り返す可能性がある以上、企業側としては職場恋愛が原因で退職した人を採用するのはリスクがあると感じるのです。

そのため、退職理由は社内恋愛で別れたためではなく、自分のやりたいことを仕事にしたかったからなどの理由にしましょう。

社内恋愛が原因で退職することが悪いのではなく、冷静に状況を判断し自分がどうしたいのかをはっきりさせることが大事なのです。

POINT

社内恋愛での破局が理由での退職は、転職先で受け入れられにくいためおすすめしない。時が経つのを待つべきですが、時が経っても辛い状況のままであれば転職を考えるのも手!

社内恋愛で別れた後の体験談

社内恋愛をして別れた後の体験談をそのまま勤続した人と転職した人の2つの例を紹介します。

別れた後も勤続した女性の例

同じ部署の同僚と社内恋愛に発展し、1年半ほどお付き合いをしました。しかし、お互いの結婚観へのズレが原因で別れることに。交際中は交際していることを周りに隠していたので、別れたからと言って周囲に気を遣わせる事はありませんでした。

ですが、別れた後も元彼と仕事で一緒になる機会が多く、別れた当初はお互い気まずい思いをしました。

ただ、別れる時には、お互いが気まずくならないように、プライベートの連絡は一切なしで、職場でも仕事の連絡以外はしないようにしようと約束していました。そのおかげか、時が経つにつれて、恋人の関係から仕事の関係へと割り切ることができました。

今では仕事の同僚としていい関係を築けています。また、周囲の人たちは私たちが付き合っていたことも、別れたことも知らない人ばかりだったので、何事もなかったように仕事ができています。

転職した女性の例

隣の部署の先輩と半年間、社内恋愛をしていました。先輩と社内恋愛している事を知っていた同僚が「その先輩が他の部署の女の子と休日にデートしているところを見かけた!」と教えてくれました。

先輩を問い詰めたところ、その他の部署の新人と二股をかけていることが発覚。二股をかけられて耐えらなかった私は、先輩に別れを切り出しました。

自分から別れを切り出したものの、未練は残っていました。そのため、先輩と二股をかけていた女の子を職場で見るたびに、負けたような悔しい気持ちに。また、周りにも変な気を遣われてしまい、なかなか仕事に集中できませんでした。

「このまま同じ職場にいても仕事がおろそかになってしまう」「新しい職場でやり直したい」という気持ちから、転職を決意。新しい職場では人間関係のわだかまりもなく、働きやすい環境で働けています。今ではあの時転職を決意して良かったと思っています。

まとめ

社内恋愛の破局が原因で元パートナーと気まずくなったり、職場の人間関係が上手く行かないなど悩むことが多くなるかもしれません。自分達の仲がぎくしゃくするだけならいいのですが、周りの人に迷惑をかけてはいけません。大事なのは時間が解決することを待つことです。

ですが人間関係や、周囲の目が気になり続けて自分が辛くなるのであれば転職することも一つの手段です。居心地が悪い職場で働き続けることで体を壊しては元も子もありません。

もし転職するのであれば、キャリチェンのキャリアコンサルタントに相談することをおすすめします。ひとりひとりに合わせて丁寧にカウンセリングを行った上で、あなたに合った職場を紹介します。転職で分からないことがある人は気軽にご相談ください。