応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

高学歴ニートになる原因とは?おすすめの職業と正社員を目指す方法

東大や京大、慶大や早大など、人に羨まれるような輝かしい学歴を持っていながら定職に就かず、いわゆるニートとして過ごしている『高学歴ニート』。以前、『林先生が驚く初耳学!』という番組でも特集されて話題となった存在です。

『高学歴』と『ニート』という、一見相反するような概念に「なぜ?」と首を傾げてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、高学歴ニートに陥ってしまう人の実態や原因、その後の就職方法などについて解説していきます!

高学歴ニートの実態とその割合とは?

先にも述べたとおり、高学歴ニートとは有名大学を卒業したのに働かない人のことを指します。ニートと言われるとおり、就業・就学・職業訓練のいずれにも従事していません。

そもそも、ここでいう高学歴とは一体どこからなのでしょうか?

・国立大学:旧帝国大学出身

・関東の私立大学:早慶上理、MARCH出身

・関西の私立大学:関関同立出身

一般的には、上にまとめたような学歴があれば、世間では高学歴と言われているようです。

高学歴ニートに陥ってしまう人には主に2種類のパターンがあります。「働きたくなくて望んでニートになったタイプ」と、「精神的・体力的な事情から働けなくてニートになったタイプ」です。

周囲の反応は「ムカつく」だとか「クズ」だなどと冷たいかもしれませんが、ニートであったとしても生活が成り立っているのであれば、それも個人の生き方のひとつであるとも捉えられます。社会における個人の在り方については、年々多様性が受け入れられ始めている昨今において、ニートという生き方を選ぶのは個人の自由とも言えます。

近年の高学歴ニートの割合について近年のデータを見ると、国内全体のニートの中でも、大学を卒業した人の割合は約15%ほどであると言われています。6〜7人に1人は大学を卒業していると考えるとその割合は想像するよりも多いものであると言えるでしょう。

POINT

退職理由で見られていること
・前職と同様の理由で仕事辞めないかどうか
・退職理由が志望動機と結びついているかどうか。
仕事に対する考え方や人柄はどうか。

なぜ高学歴なのにニートに?その原因とは?

高学歴なのにニートになってしまう人の原因とは、一体どのようなところにあるのでしょうか?番組で話題になっていた場合も含めて、考えうる原因を紹介していきます。

プライドと理想が高い

高学歴な人は、自らの努力で華々しい学歴を手にした誇りがあるため、妥協を許せない傾向があります。

なので、一般的にあまり名前の知られていない企業や、就職偏差値が低いとされている会社への就職をプライドが許さないケースも。

また、高学歴ゆえにあまりこだわらなければどこへでも就職できる可能性が高いことから、就職活動に対して必死になることができず、ニートの状態を抜け出せない人も多いようです。

失敗が怖い

プライドの高さゆえに、失敗を恐れる癖があることも高学歴ニートに陥ってしまうひとつの原因であると言えます。

高学歴であるということは、少なくとも大学までの進学過程においては人よりも成功しています。そのため、面接での失敗や不採用になることを恐れ、無意識的に失敗を避けるようになってしまうのです。

周囲や親からのプレッシャーが怖い

努力の末に輝かしい学力を手にした人は、親をはじめとした周囲からも高い期待を背負わされていることが多々あります。

周囲から当然大企業をはじめとする、優秀な会社に入社するものと期待され、自分でも良い企業に就職しなければいけないとプレッシャーをかけてしまう傾向があります。そのようなことから就職活動が億劫になってしまうことも高学歴ニートを助長しています。

人と関わるのが苦手

中には、人と関わることが苦手で、面接においてうまくパフォーマンスができなかったり、職場の人間環境に馴染めなかったりする人も。自分の持ち味がうまく発揮できないことから、会社を辞めて高学歴ニートになってしまう人もいるようです。

頭でばかり考えてしまって行動に移せない

頭がいいからこそ、いろんなことを考えすぎてしまって思うように行動に移せなくなっている人もいます。

「自分が本当にやりたい仕事とは?」「自分の生まれた意味とは?」などと、深く考えこんでしまうために働くことへの必要性を感じなくなってきてしまうのです。

挫折の経験が少ない

高学歴ニートになってしまった人は、あまり大きな失敗を経験しないまま、就職して初めて経験した挫折にショックを受けてしまい、なかなか再起できなくなってしまう人も多いようです。

一度の挫折によるショックの感じ方は人それぞれですが、あまり長く引きずってしまうとそのまま高学歴ニートを脱することができずにそのままニートとして延々と過ごしてしまうことになります。

POINT

高学歴なのにニートになる原因
・プライドと理想が高い
・失敗が怖い
・周囲からのプレッシャーが怖い
・人と関わるのが苦手
・頭でばかり考えてしまって行動に移せない
・挫折の経験が少ない


高学歴ニートから脱却!高学歴には1人でコツコツできる仕事がおすすめ?

高学歴ニートの人の原因を整理してきました。ニートになってしまったからには原因があり、その原因や要因になってしまった事例を踏まえると、周囲にあまり影響されず一人でコツコツ進められる仕事がおすすめです。

ここでは、ニートにおすすめの職業の中から、特に高学歴な人に向いている職種をピックアップしてみます。

WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、ウェブページをより美しく使いやすいようにデザインする職業のこと。デザインやコーディング、プログラミングなどの専門知識が必要なことから、自分の時間を使って黙々と勉強を続けることに慣れている高学歴な人には向いていると言えます。

また、在宅勤務もしやすいためにフリーランスとして独立することも、毎日の通勤が体力面でも難しいと考える方や自分のペースで働きたいという方にも向いているでしょう。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアとは、クライアントのニーズに対し、最適なシステムを設計、開発する職業です。

こちらも技術職なので、仕事のほとんどを自分ひとりで黙々とこなせる仕事と言えます。また、ある程度の技術と実務経験を積んでいればその後の転職活動においても有利になりやすいという点からも、職場の人間関係を不安に感じている人にもおすすめです。

プログラマー

プログラマーは、専門の言語を用いてコンピューターのシステム開発をする人のことを言います。

一般的に、システムエンジニアが顧客とのやり取りや設計などの工程も担当する仕事であるのに対し、プログラマーはシステムエンジニアから依頼された設計書に基づき、実際にプログラミングを行う仕事とされています。

専門の技術職の中でも、人との交流の機会が少ないために、コミュニケーションに自信がない方にも目指しやすい仕事なのではないでしょうか。

フリーライター

フリーライターは、主に出版や広告、WEBなどの業界においてフリーランスとして執筆を請け負う仕事です。

基本的なPCスキルや文章力を求められる仕事なので、文章を用いる表現力やタイピングに自信がある方にも向いている職業であると言えます。特に高学歴であれば文章を読んだり書いたりすることに抵抗が少ない方が多いでしょう。

また、こちらも在宅勤務がしやすい点や自分のペースで働きやすい点もメリットです。

POINT

高学歴ニートにおすすめの仕事
・WEBデザイナー
・システムエンジニア(SE)
・プログラマー
・フリーライター

\ 手に職をつけるには? /

【手に職をつける】文系向きの仕事7選!資格や経験は不可欠?

\ 自分に向いてる仕事が知りたい! /

向いてる仕事がわからない!自分にあった仕事の見つけ方は?人見知り・オタク・マイペースな人にオススメな仕事

高学歴ニートが正社員を目指す方法

では、一度高学歴ニートになってしまった人が正社員を目指すにはどうしたらいいのでしょうか?

高学歴ニートに陥りがちな人の特徴も考慮しながら、もっとも手っ取り早い方法を4つ紹介します。

有効求人倍率の高い業界を狙う

求職者1人あたりに何件の求人があるのかを示す『有効求人倍率』を参考にして、より効率的に就職活動を行なっていきましょう。

不採用になってしまう確率の高い狭き門ばかりを狙ってしまうと、再びプライドを傷つけてしまったり就職活動が億劫になってしまうことにも繋がります。高学歴ニートの人は、できるだけ就職難易度の低い業界を狙いましょう。

まずはアルバイトや派遣から始めてみる

必ずしも正社員からスタートしなければならないということはありません。

特にやりたいこともないような場合、まずは派遣社員やアルバイトなどの責任の少ない立場で自分が楽しく働けそうな仕事を選んでみるのもおすすめです。

派遣社員やアルバイトであれば就業時間についてもある程度自分の好きなように調整ができるので、いきなり週5で働くことに不安があっても社会復帰のリハビリになります。

中にはアルバイトからの社員登用制度を設けている会社もあるので、そこで少しずつ社員を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

\ アルバイトから正社員になる方法について /

アルバイトから正社員になるのは難しい?正社員登用と中途採用どちらを選ぶべき

自分の考え方を変える

高学歴は優秀であり、低学歴は劣っているといった考えを持っているとしたら、それを改めることも高学歴ニートを脱するための有効手段であると言えます。

世の中には、学歴がなくとも人柄や人間性、バイタリティなどを評価されて社会で活躍している人がたくさんいます。自分の固定の価値観で、低学歴の人の意見は聞きたくない、従いたくないといった考えをしてしまうと社会復帰がより困難になってしまいます。

まずは広い視野を持てるように、自分の考え方を変えてみましょう。

転職サービスに相談する

自分に合った仕事がわからない人や、就職活動の進め方に不安を感じているような方は、転職サービスに相談することで、より効率的に就職活動を進めることができます。

転職サービスでは、履歴書や職務経歴書の作成や、面接対策、自己分析や企業分析など就職活動に関わる工程のほとんどをサポートしてくれますよ。

何から始めればいいのかわからず悩んでしまう場合は、このようなサービスに頼るのも有効な手段です。

POINT

高学歴ニートが正社員を目指す方法
・有効求人倍率の高い業界を狙う
・アルバイトや派遣から始めてみる
・自分の考え方を変える
・転職サービスに相談する

まとめ

高学歴ゆえの悩みで自分の首をしめてしまう高学歴ニート。しかし、一度失敗しているとはいえ、高学歴ニートの人には高学歴だからこそ多様な可能性が眠っているとも言えます。

キャリチェンでは、未経験の人や休日や残業などの労働条件を重視したい人にもチャレンジしやすい求人を多数紹介しています。

面接の回数も1回と、就職活動の負担も最小限に抑えて正社員を目指せるので、就職活動を面倒に感じてしまっている方にもおすすめですよ。

また、ホームページでは就職活動をするために知っておきたい自分の職業価値観が60秒でわかる『お仕事価値観診断』サービスも

努力して得られた輝かしい学歴を活かすためにも、重い腰をあげる一歩をキャリチェンから始めてみるのはいかがでしょうか。