応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

年収400万円を目指したい!400万円の手取り額や貯金額、生活レベルを調査!

年収400万円だとどれくらいの生活レベルになるの?と疑問に感じるでしょう。今300万円代の年収をもらっている方は、400万円あれば生活にかなり余裕が生まれることを想像するかもしれません。

今回は、実際に年収400万円の場合の手取り額や生活のレベル、いくらぐらい貯金が可能なのかを、都心部と地方、一人暮らしと結婚した場合の生活スタイル別に紹介します。

年齢別の年収400万円の割合は?

国税庁が行った「平成29年度民間給与実態統計調査」によると、日本人の年間平均給与は、432万円となっています。

割合でお伝えすると、年収400万円を稼いでいる割合は日本全体で14.8%。実は全体の14.8%を占める年収400万円代は日本で3番目に多い給与所得層なのです。

ちなみに日本で一番多い年収の割合が年収300万円台で17.5%、次いで多いのが年収200万円台です。

また、年代別の割合を見ていくと、20代で年収400万円の割合は19.4%、30代は25.0%、40代は20.9%と30代が一番多いことがわかります。

年収400万円は日本の平均的な所得。手の届かない年収ではありません。年収400万円稼ぐことのできる主な業種としては、ITやコンサル、商社、不動産、金融や広告などがあります。

POINT

年収400万円の人の割合は、各年代とも全体の約20%前後。日本全体の20%が年収400万円の給与所得になっている。

参考:https://doda.jp/guide/heikin/age/

年収400万円の手取りと貯金、生活レベルとは?

年収400万円と言うと、どんな生活が想像できるでしょうか?年収400万円あればだいぶ余裕のある生活を送ることができると思われるのではないでしょうか。

しかし、実際には社会保険や住民税など様々な税金が引かれ、手取り額として手元に振り込まれる金額は、月にして約26万円です。

地方であれば家賃や物価が安いため、貯金も余裕でできるかもしれません。しかし、都心部だと家賃も物価も高いです。そのため、都市部での年収400万円の生活レベルは、そこまで余裕があるとは言えないでしょう。それでは、実際に年収400万円の生活費の内訳や可能な貯金額について紹介します。

独身×都心部の場合 

一般的には、家賃は手取り額の3分の1までにするのがいいと言われています。そのため、年収400万円で独身の一人暮らしの方が東京などの都心部に住む場合、8万円ほどの物件に住むことが可能です。

ただ、都心部の中でも人気のエリアは家賃に10万〜12万ほどはかかってきてしまうため、都市部から数駅離れた場所に住むなどの工夫が必要になります。

・家賃:8万円

・水道・光熱費:1万円

・食費:5万円

・日用品・医療費など:3万円

・携帯・インターネット:1万円

・交際費:4万円

   合計:22万円

外食費を含む食費を4万円、日用品や雑費に3万円、交際費を4万円ほど使用すると、残りは4万円ほど貯金することが可能です。しかし、旅行にいったり家電購入などの臨時出費が発生したり、賃貸の契約更新料を貯めておくこと必要があることなどを考えると、老後のための長期的な貯金はほとんど貯まらないのではないでしょうか。

さらに、女性はこの他にも衣服代、美容院にネイルサロンやエステなどと、美容やファッションにもお金がかかります。これらをどれくらいの金額に抑えるかによって、生活レベルが異なってくるでしょう。

貯金するためには外食や趣味・習い事などにかかる費用を減らし、出費を抑えるなどの工夫が必要です。

独身×地方の場合

年収400万円で、独身の一人暮らしの方が地方に住む場合は、東京に比べて家賃が安くなるため、生活にだいぶ余裕があります。

・家賃:4万円

・水道・光熱費:1万円

・食費:2万円

・日用品・医療費:2万円

・携帯・インターネット:1万円

・交際費:2万円

   合計:12万円

場所によってばらつきはありますが、地方であれば一人暮らしで4万円ほどの家賃で住むことも可能です。それだけで都心部で暮らすよりも4万円も多く貯金することができます。また、スーパーや外食する際の物価なども都心部に比べ格段に安くなります。

そのため、食費や日用品、交際費にかかる金額も安く済むため、最低限で生活をすれば月に14万円ほど貯金することも可能でしょう。十分貯金に回すことができるため、趣味や旅行などに使う余裕もあり生活に潤いが出ます。

ただ、地方の田舎によっては、美容院にネイルサロンやエステが遠い場合もあり、その点は不便になったり、交通費が余分にかかってしまうこともあるかもしれません。また買い物もしにくい状況になってしまうことも考えられます。

結婚×都心部の場合

結婚していて夫婦合わせた世帯年収が400万円の場合であれば、生活はかなり厳しくなります。夫婦で住む場合、部屋の広さも必要です。家賃の高い23区に住むことは厳しいため、電車で40分程度の郊外に住むのが現実的かもしれません。

・家賃:8万円

・水道・光熱費:1万5,000円

・食費:5万円

・日用品・医療費:3万円

・携帯・インターネット:1万5,000円

・交際費:2万円

   合計:21万円

上記の最低限の生活費しかかからない場合、5万円ほどの貯金が可能です。しかし、ここに美容や衣服代もプラスするとほとんど貯金は難しいのが現状です。さらに子供がいる場合には、食費や光熱費も上がります。。

配偶者も、仕事をしていると、生活は豊かになりやすいですが、収入源が一人になってしまうと、なかなか厳しいでしょう。

結婚×地方の場合

結婚していて夫婦の世帯収入が400万円でも、地方であればもう少し楽に生活することができます。

・家賃:5万円

・水道・光熱費:1万5000円

・食費:3万円

・日用品・雑費:2万円

・携帯・インターネット:1万5000円

・交際費:3万円

   合計:16万円

やはり家賃が安く済むことや物価が安いことによって、最低限の生活をすれば月に10万円ほど貯金ができるでしょう。子供がいる場合でも多少の貯金はできるため、生活が苦しいレベルにはなりません。

ただし、地方だと交通手段が不便なため、家族がいると、車がないと生活がしにくいことも多いです。その際は上記にプラスして車の維持費や車検代もかかってくるなどの費用もあります。

田舎だから一概に暮らしやすいわけではなく、年収400万で収入源が一つに絞られてしまうと、余裕のある生活は難しいでしょう。

POINT

どのような生活スタイルでも独身であれば生活はできるが、都市部で生活するにはさまざまな工夫が必要。都市部でも地方でも、家族がいれば余裕のある生活は難しい。

年収400万円以上稼ぐためには?

では、年収400万円以上稼ぐためにはどうしたら良いのでしょうか?主な方法としては「今の会社で昇給する」と「転職をする」のがおすすめです。この2つを順番に紹介していきます。

昇給する

今の会社で年収をあげるためには、昇給を目指すのがいいでしょう。そのためには、社内の評価基準を満たして、上司からの評価を得る必要があります。

この評価基準とは、上司が部下を評価する際に基準とする評価制度のことです。この基準を満たすことができればできるほど、会社に評価されます。そして上司に評価されれば、昇給して年収がアップすることも可能です。

昇給を目指すには、

①評価基準を明確にし、そのためには何を達成すればいいのか目標値を立てる

②その基準を満たすために自分のスキルが足りない場合は、どんなスキルが必要なのか

➂そのスキルをどのように身につけられるかを考える

などの行動を取る必要があります。

よくあるのが、評価基準が不明瞭な場合です。その場合は、上司に相談し、目標ラインを設定してもらうなどしてもらう必要があります。

転職する

今の会社にいても、昇給する見込みが望めない…そんな時は早めに見切りをつけて、転職するのも手です。

未経験の業種、職種に転職する際は、年齢が若い方が有利です。もし転職を考えている場合は、できるだけ早いうちに転職するのがいいでしょう。

転職と一言で言っても、主に、「キャリアアップ」と「キャリアチェンジ」の転職があります。今の仕事の経験やスキルを活かして、同業界や同職種で活躍していくのがキャリアアップです。例えば、営業職を極め、同じ営業職で転職して売る商材を変えるのは「キャリアアップ」です。

反対に、営業がきつくて事務職に変更して転職する場合、それは「キャリアチェンジ」です。

POINT

年収400万円を目指すなら、昇進するか転職するかの方法がおすすめ。今の会社で昇進が難しいと感じたら転職を視野にいれよう。

年収アップを狙った転職はキャリチェンがおすすめ

年収をあげるために転職活動を始めても、自分から給与交渉をするのはなかなか難しいことです。こちらから申し出なくても、給与について話をする場を設けられることもありますが、希望金額と提示された金額にかなりの差がある場合も多いです。

自分で年収交渉をするのは自信がないという方は転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用して転職活動をすると、自分と会社の間に転職エージェントが入るため、自分で希望額を伝えなくても代わりに交渉してくれるので年収交渉がスムーズというメリットがあります。初めての転職で不安という方は、ぜひキャリチェンに相談してくださいね。