応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

月収20万円の手取り額はいくら?一人暮らしや結婚生活は可能?

「月収20万円だと手取り額はいくら?その税金の計算方法は?」「月収20万円だとどのような生活ができる?」と疑問に感じているでしょう。本記事では、月収20万円の手取り額の内訳から生活レベルについて詳しく紹介していきます。

月収20万だと手取りはいくら?内訳と計算の仕方について

「月給20万円もらっているはずだけれど、手取りの額は思ったよりも少ない…。」実際、月収20万円からどんな税金が引かれていて、なぜ16万円程度が手取り額になるのでしょうか。ここからは、月給20万円の手取り額と控除額の内訳、その計算の仕方について説明します。

手取り金額と給与から引かれているものは?

手取り金額とは、会社から支払われる給料の全体から、「健康保険」「厚生年金」「社会保険料」「所得税・住民税」などを引いたものです。額面給与からさまざまなものが差し引かれて「手取り額」として支給されます。一般的に給与の75〜80%が手取りの額になります。

そして一定の金額を差し引くという意味で「控除」という言葉が使われます。額面と手取りを計算する時には、「健康保険」「厚生年金」「社会保険料」「所得税・住民税」が「控除項目」となります。

月給20万の手取り額は約16万円

月収20万の手取り額は16万円です。給与からは「健康保険」「厚生年金」「社会保険料」「所得税・住民税といった税金」などの約4万円が控除されます。

額面給与控除額の内訳について

パターン1:東京都在住 40歳未満 独身 残業代なし

額面給与 20万円

手取り給与 16万7460円

控除項目控除額
健康保険料9,870円
厚生年金保険料18,300
雇用保険料600円
源泉所得税3,770円
控除額合計32,540円 

パターン2:東京都在住 40歳未満 既婚 子供1人 残業代なし

額面給与 20万

手取り給与 17万700円

控除項目控除額
健康保険料9,870円
厚生年金保険料18,300
雇用保険料600円
源泉所得税530円
控除額合計29,300円 

住んでいる地域や扶養者の人数、雇用形態によって同じ給与でも控除金額は異なります。同じ東京都在住でも、扶養人数が異なるだけで、控除額に約月3000円の差が出ます。

詳細はご自身の給与明細に記載してあるので、何がどれくらい引かれているのか確認してみてください。

額面給与は希望の手取り額に1.25倍する

手取り額を〇〇円にするには月給でいくらもらえばいいのかを計算したい場合は、希望の手取り額を1.25倍すると、ざっくりですが手取りの額が計算できます。

手取りで20万円欲しい場合は、20万×1.25で月給24〜25万円程度になります。

POINT

月給20万円の手取り額は約16万円。住む地域や扶養人数によって若干金額は異なる。

月収20万の手取り16万でどのような生活ができる?貯金は可能?

月収20万、手取り額16万円ではどのような生活ができるのでしょうか?ここからは、都市部と地方に分けて、月々の生活費と可能な貯金額についてお伝えしていきます。

都市部×一人暮らし

一般的に家賃は手取り額の3分の1の金額に押さえるべきだと言われています。手取り額16万円の3分の1は、5万3000円です。一般的には家賃の他に管理費も負担しなければ行けません。そのような場合はさらに家賃を押さえる必要があるでしょう。

家賃 5万3000円(東京郊外)

食費 2万4000円

水道光熱費 1万円

通信費 1万円

日用品 1万円

自由に使えるお金 3万円

(交際費、交通費、娯楽費、化粧品、洋服代、美容室など)

貯金 2万3000円

食費は手取り額の15%が理想だと言われています。自炊の頻度や食生活、食べる量によって大きく異なりますが、毎日自炊をする場合と自炊をしない場合では、月に2万円ほどの差が出ます。

また自由に使えるお金が3万円と言っても、女性であれば化粧品や美容室の費用もここから賄わなければいけません。さらに、急な病気や怪我で通院する際も自由に使えるお金の中から捻出しなければなりません。

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭の出費も負担しなければ行けません。手取り16万円で東京で1人暮らしをするなら、工夫しなければ生活は苦しくなるでしょう。

都市部×結婚

手取り額16万円で都心部で結婚生活をする場合は、片方の稼ぎだけで生活するのは苦しいため、共働きが必須になるでしょう。相手の稼ぎにもよりますが共働きであれば、家賃や光熱費、食費の負担を一人暮らしよりは軽減できます。

そのため生活費の負担は減るかもしれません。ですが、子供ができた場合を考えると、貯金はなかなか難しくなるでしょう。

・世帯年収 手取り32万円の場合

家賃 9万6000円

食費 5万円

水道光熱費 2万1000円

通信費 16000円

日用品 1万5000円

自由に使えるお金 2人合わせて8万円

貯金 4万2000円

一人当たりの家賃の負担が減る分、自由に使えるお金も増えますが、子供のための貯金や将来に必要な資金の貯金など、様々なお金が必要なります。自由に使えるお金があると言っても、交際費や娯楽費を考えずに使っていては、すぐになくなってしまうでしょう。

地方×一人暮らし

ここからは地方で一人暮らしをする場合を考えます。栃木県を例にしていきます。

家賃 5万円(ワンルーム)

駐車場代 4000円

食費 2万4000円

水道光熱費 1万円

通信費 1万円

日用品 1万円

自由に使えるお金 3万円

(交際費、交通費、娯楽費、化粧品、洋服代、美容室など)

貯金 2万3000円

地方といっても、どこに住むかによって家賃は異なります。東京と比べて、同じ家賃でもよりグレードのいい部屋に住むか、それとも家賃を下げてグレードを押さえるかどちらかを選ぶことができます。

ただ、地方に住む場合、車が必要になることが多いです。駐車場代と車検の費用を考慮しておきましょう。

地方×結婚

家賃 6万円(1LDKの場合)

駐車場代 4000円

食費 5万円

水道光熱費 2万1000円

通信費 16000円

日用品 1万5000円

自由に使えるお金 2人合わせて8万円

貯金 7万5000円

都心部に比べて家賃が抑えられる分、貯金に回すことも可能。都市部で生活するよりも経済的にゆとりのある生活ができるでしょう。ただ、子供ができた場合の養育費を考えると、贅沢な暮らしをするのは難しいと言えます。

\手取り20万円あれば生活は楽になる?年収400万円の生活レベルを紹介/

年収400万円を目指したい!400万円の手取り額や貯金額、生活レベルを調査!

POINT

手取り16万円の場合、家賃を抑えれば生活は楽になるが、工夫が必要。

手取り16万円で生活が苦しい!今よりも少し楽な生活をする方法

「手取り16万円でやりくりするのが難しい…」「月末になると家計が苦しくなってしまう」そんな場合どのようにすればもっと生活が楽になるのでしょうか。ここからは、今よりも生活を楽にするために見直して欲しいポイントを紹介します。

支出を把握する

まず「毎月何にいくら使っているのか」を把握していますか?何にいくら使っているのかわからない状態で節約しようとしてしまうと「切り詰めた生活をしているのに貯金ができない」という状態になってしまいます。

まず家計簿をつけて、毎月無駄遣いしているお金はないかを見直すところから始めましょう。

固定費を見直す

節約をする際には、固定費を見直すことから始めるのが有効です。携帯プラン、定期購入、定額サービス、光熱費、保険料などを見直すことで、毎月の払い過ぎを防ぐことができるかもしれません。格安SIMを検討する、あまり使用していない月額サービスを解約するなどをすれば月に5000円〜10000円の節約も可能です。

自炊をする

食費を押さえるために、自炊をはじめてみるのもおすすめです。自炊をする人としない人の食費の差は月に2万円ほどと言われています。節約のために自炊を始めた人の中には、自炊をしていくうちにだんだん楽しくなってきたという方も多いです。まずは簡単に作れる料理から挑戦してみる、1日1食だけは自炊に挑戦してみるなど、楽しみながら自炊をするといいですよ。

副業やパートなどを始めてみる

節約をするのではなく、収入を増やすのも考えましょう。副業やパートなどを始めて収入を増やすのもおすすめです。自分ができる範囲のものから始めてみましょう。

転職・キャリアチェンジする

収入をアップさせるには、転職をするのも手です。年収アップを狙って転職する人も多く、上手に転職をすれば、収入アップも可能です。

\派遣社員から正社員にキャリアアップで年収もアップした体験談/

派遣社員から正社員に変われた私!プロのアドバイスでスピード内定!

POINT

手取り額16万円で少しでも生活を楽にする方法支出を把握し、固定費を見直す。自炊をして食費を抑えつつ、収入を増やすことを検討してみるのがおすすめ。

まとめ

月給が20万円であれば手取り額は16万円です。16万円で生活するためには、様々な工夫をしなければなりません。節約をして家計を楽にするのもいいですが、収入アップを目指すのもおすすめです。

志望理由に「年収アップしたいから」と伝えてしまうと、内定を獲得するのは難しいです。志望動機をどのように伝えるかを考えることが転職活動を成功させる鍵になります。

転職活動をどのように進めればいいかわからない際はキャリチェンのキャリアカウンセラーに是非ご相談ください。キャリチェンのカウンセラーはあなたにあった条件の職場を選び、転職活動をサポートします。是非お気軽にご相談くださいね。