応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

30代前後の女性は転職面接でどんな服装をするべき?おすすめコーディネートも紹介

近年では終身雇用の意識が薄れ、自分の能力や夢に合わせて転職をしていく生き方が注目されるようになりました。

しかし、いくらハードルが下がったとはいえ、転職は気軽にできるものではありません。

自分のやりたい仕事に就くチャンスを逃さないためにも、面接ではできるだけ失敗をしないように気をつけるべきでしょう。

そこで今回は、30代前後の女性の転職面接での適切な服装について解説します。

面接はスーツで向かうのが無難!でもどうやって選べばいい?

画像

転職面接の場合でも、新卒の面接と変わらず、スーツを着用するのが基本です。

服装の指定がない場合でも、どのような服がいいのかと迷うくらいならば、スーツで臨む方が無難でしょう。

スーツでも、上下揃いのビジネススーツでも、上下の違うジャケットとパンツもしくはスカートでも構いません。

ネイビー・黒・グレー・ベージュなど、無難な色を選びましょう。

明るい色は華やかに見えますが、派手になりすぎないように注意が必要です。

第二新卒なら転職面接もリクルートスーツでもいい?

最近では、私服OKの会社も増えてきており、転職前の会社には私服で通勤していたので、ビジネススーツを持っていないという方もいるでしょう。

その場合は、新卒の就職活動に使ったリクルートスーツでも問題ありません。

実は、リクルートスーツとビジネススーツの間に明確な境界線は存在しないのです。

軽い生地でリーズナブルなものがリクルートスーツ、質が良く、高価なものがビジネススーツとされていますが、値段やブランドで決められているわけではないのです。

しかし、リクルートスーツは、安定感がない、経験が浅い、誠実でないという印象を与えてしまうことがあります

社会人らしく落ち着いた印象を与えたいなら、ビジネススーツを着用するのがベストであることは間違いありません。

自由と言われた場合

「服装自由」は、応募者の負担を軽減するための企業側の配慮です。

基本的には、私服でもスーツでも構いません。

ただ、私服を着た応募者の雰囲気、服装のビジネスマナーを確認するという目的を持っている会社も多いので、どちらかというと、自分らしさがアピールできるものでビジネスカジュアルの私服が望ましいでしょう。

どうしても何を着ていいのかわからないなら、スーツを着用しましょう。

私服を指定された場合

「服装自由」ではなく、「私服指定」の場合は、ビジネスカジュアルらしい私服が望ましいです。

私服指定の場合は、服装自由の場合と違い、明確に応募者の服装マナーを確認するというねらいがあるためです。

転職面接の際のスーツのインナーの選び方

画像

リクルートスーツを着用する場合でも、ビジネススーツを着用する場合でも、インナーは印象を大きく左右する要素になります。

では、どのようなインナーを着るべきなのでしょうか?

ブラウスやシャツが基本です。

襟がついているものだとかっちりとした印象、ついていないものだと柔らかく親しみやすい印象を与えます。

襟なしの場合は、胸元の空きすぎに気をつけましょう。

長袖でも半袖でも構いませんが、長袖はスーツの袖から出ないようにします。

白やベージュなど、どの色のスーツにも合わせられる色を選ぶといいでしょう。

柄はなるべく無地が好ましいですが、派手でなければストライプやドットが入っていても構いません。

遠目で見るとわからない程度の柄を選びましょう。

素材

レーヨンやポリエステルなど、適度なツヤ感があるものがおすすめです。

あまりに安っぽい素材だと、新卒っぽい印象を与えてしまいます。

形、色、素材ともに、落ち着いた印象を与えるものを選ぶのが大切です。

高級感のあるインナーで、しっかりした社会人だということをアピールしましょう。

女性の転職面接でよく聞く「ビジネスカジュアル」とは?

画像

服装自由、私服指定の際には、ビジネスカジュアルを着用するのは望ましいです。

しかし、ビジネスカジュアルとは具体的にどのような服装のことを指すのでしょうか?

ビジネスカジュアルとは、スーツほど堅くはないけれど、取引先の方や上司に失礼にならない程度に落ち着いた服装のことです。

奇抜過ぎたり、露出が多かったりすると、面接官に悪印象を与えてしまいますので、控えめでおとなしい服装を意識するようにしましょう。

簡単にビジネスカジュアルを演出する方法

しかし、自分では地味な服装だと思っていても、周りの人がそう思っていなければ意味はありません。

では、どのような点に気をつければ、浮かないビジネスカジュアルになるのでしょうか?
ここでは、主に3点を紹介します。

ベーシックカラーでまとめる

ビジネスカジュアルは、おとなしい色味が基本です。

黒、ネイビー、グレー、ベージュといったベーシックなカラーを意識して取り入れるようにしましょう。

パステルカラーなどの淡い色味であれば、ピンクや水色でも大丈夫です。

はっきりとした原色は控えましょう。

鮮やかな色を使いたい時は一点のみ

ベーシックカラーが基本といっても、なんだか全体の印象がぼんやりとして見える、似たようなコーディネートになってしまうなどの理由で、鮮やかな色を取り入れたいときもあるでしょう。

その場合は、スカーフやベルトなど、小物で取り入れることをお勧めします。

小物であれば、全体のバランスを崩さずにコーディネート引き締めることができます。

体の半分以上を占めるような部分(トップスやスカート)に取り入れるのはやめましょう。

ボディラインを出し過ぎない・露出をしない

ビジネスカジュアルにおいて、過度な露出やボディラインのはっきり出る服はNGです

軽々しい印象を与えてしまうためです。

ミニスカートやショートパンツは避け、なるべく膝丈や膝下丈のスカートを着用しましょう。

また、ストッキングも必須です。

夏場は、ノースリーブを許可している会社もありますが、露出を避けるため、カーディガンを羽織っていくのがいいでしょう。

ビジネスカジュアルは、ビジネスシーンに適した服装でなければいけません

しかし、明確な規定がないため、人によってアウトとセーフの基準が異なり、問題になってしまうことも。

面接でのビジネスカジュアルに迷ってしまったときは、ネットで検索する、友人や家族に意見をもらう、スーツを着るなどして対策しましょう。

ビジネスカジュアルにおける色の考え方

ビジネスカジュアルにおいて、一番大切なのは、黒・ネイビー・グレー・ベージュ
ベーシックなカラーを中心にすることです。

実は、こういったベーシックカラーにも、それぞれ違った印象があるのです

黒は、最もフォーマルな印象の色です。

シャープで大人っぽい雰囲気なので、落ち着いた社会人らしい印象を与えたいときにぴったりです。

ネイビー

ネイビーや紺は、最も定番といっていい色です。

黒と同じように落ち着いた印象を与えますが、黒ほど重くないのが特徴です。

誰にでも似合う定番の色なので、迷ったらネイビーを選ぶのが無難でしょう。

グレー

グレーは、信頼を与える色だと言われています。

暗いグレーは落ち着いた印象、明るいグレーは穏やかで柔らかな印象というように、彩度や明るさによって印象が大きく変わるのが特徴です。

自分が演出したいイメージに合わせて選ぶのが大切です。

ベージュ

4色の中では最も明るく、華やかな色です。

光を反射して、顔色を明るく見せてくれます。

一方で、華美になりすぎてしまう場合もあるので注意が必要です。

暗い色の靴や小物を選ぶなどして調節しましょう。

おすすめブランドやコーディネートは?

画像

ビジネスカジュアルは、社会人らしく高級感のある服を選ぶのが基本です。

しかし、必ずしも高価なものを選ぶ必要はありません。

ユニクロやしまむらで揃える選択肢も

近年、低価格で上質な服を提供する店が増えてきました。

ユニクロやしまむらといったリーズナブルな店でも、高級感のあるビジネスカジュアルのコーディネートを揃えることができます。

シンプルで着回しのきく服がたくさん揃っていますし、SNSにもたくさんのレビューが書き込まれています。

また、ユニクロやしまむらではビジネスカジュアルだけでなく、スーツを購入することができます。

わざわざ専門店へ行かなくても、転職に必要な一式を揃えることができるのはとても便利でしょう。

こういった店を活用するのも、頭のいい方法の1つです。

転職後も着用するなら専門店での購入が無難

転職後、日常的にスーツを着用する機会があるのであれば、専門店でしっかりしたビジネススーツを購入するのもおすすめです。

30代前後であれば、それなりの経験を積み、さらなるステップアップを狙う方も少なくないでしょう。

将来への投資として、長く使える良質なスーツを持っておくのも、賢い選択だと言えます。

まとめ

画像
30代前後の女性の転職面接は、基本的にはスーツで臨むのが基本です。

ビジネススーツを持っているのなら、ビジネススーツが最適ですが、リクルートスーツしか持っていない場合は、社会人らしい印象を与えられるようにインナーを工夫する必要があります

スーツは専門店でも、リーズナブルな店でも購入することができますので、希望の職場に合わせて選舞踊にしましょう。

私服指定の場合は、おとなしいビジネスカジュアルを着ることになります。

なるべくベーシックな色でまとめ、身体のラインを出さないようにしましょう。

第一印象の多くは服装で決まってしまいます。

大切な転職面接で失敗しないように、しっかり自分の服装のマナーを確認してから面接に臨みましょう。

転職にリクルートスーツはOK?面接官に好印象を与えるスーツスタイルのポイントを徹底解説!

画像