応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

女性向け!未経験、学歴関係なし、資格なしで稼げる仕事はある?

女性の社会進出が進み、女性の就く職業の選択肢は大きく広がりました。

しかし、高収入を得るには、それなりの学歴や経験、資格が必要になります。

今とは違う仕事をしたいと思っても、スムーズに転職するのは難しいでしょう。

では、武器が少ないけれど自立できるほどの収入が欲しい女性は、どのような仕事に就けばいいのでしょうか?

今回は、学歴に自信がない、経験や資格がない女性でも稼げる仕事について解説します。

「稼げる」の定義って何?

お金持ちになりたい、高収入を得たいという願望はほとんどの方が持っているでしょう。

しかし、具体的に年収いくらくらいから高収入と見なされるのか、その定義をご存知ですか?

国税庁が平成30年に行った国民の収入の実態調査によると、給与所得者の年収は平均441万円です。

これに比べて、20代女性は平均約286万円、30代で平均約315万円と、大幅に少ないのが分かります

結婚して専業主婦になったり、出産で仕事を辞めたり、育休を取ったりというライフステージの変化により、キャリアを継続することが難しくなる場合が多いからです。

また、男性の平均年収は女性と比べて約545万円と多くなっています。

年収500万円が高収入のライン

女性は男性と比べ、収入が低くなりやすいことが分かりました。

20代〜30代の女性であれば、男性と同程度の年収500万円程度があれば、高収入と言えるのではないでしょうか。

最近では、バリバリ働く女性をバリキャリと言いますが、バリキャリの定義は、年収500万円以上と言います。

仕事を通して500万円稼げているのであれば、それは稼げていると判断して良いでしょう。

\ バリキャリの定義が知りたい! /

バリキャリ女子の特徴とは!年収はいくらから?結婚できないって本当?

男性の場合は年収1000万円以上を目指す人が多い

日本人男性の場合、結婚を機に仕事を辞めたり、育休をとったりとキャリアを中断することが女性に比べて少ないため、年収は多くなる傾向があります。

年功序列、終身雇用により、50代以上では年収700万円以上稼ぐ男性も少なくありません。

男性では、1つの目安として年収1000万円を目指す人が多いようです。

女性と違い、年収500万円程度では、あまり年収が高いと判断されないのが男性です。

\ 年収500万の場合生活はどうなる? /

20代で年収500万は負け組?勝ち組?実際の生活実態と人生設計

女性でも稼げる仕事ランキングトップ7

それでは、女性の高収入ラインである年収500万円を超えるには、どのような仕事に就けばいいのでしょうか?
女性が稼げる仕事ランキングをご紹介します。

ここで注目していただきたいのは、どれも、資格なしでも稼げるもので、学歴ではなく実力で勝負できるものです。

資格や学歴で優位にたたなくてもここにある職業に就くことで、稼ぐことができます。

1、大手銀行

高収入と安定を両立している職業というイメージが強いのはやはり銀行でしょう。

大手銀行に就職した場合の平均年収は700万円程度だと言われており、女性の高収入ラインである年収500万円を大きく超えます。

銀行によっては簿記やファイナンシャルプランナーといった資格を持っている人には手当を出していますので、努力次第てさらなる高収入が望めます。

一見ハードルが高く感じる銀行ですが、実は入社するときに特別な資格は必要ありません

入社後のスキルアップ次第で、年収を大きくアップさせることができます。

2、不動産

不動産業も、昔から高収入のイメージの強い職業です。

年収は400万〜700万円程度と言われていますが、不動産契約数によってボーナスが出る会社も多いです。

インセンティブを通して稼いでいる人が多いのでしょう。

会社にもよりますが、不動産会社も入社の際に特別な資格は必要ない場合が多いので、採用試験をパスすれば誰でも働くことができます。

3、システムエンジニア(SE)

コンピュータを扱うシステムエンジニアは、技術職である分給料も高いです。

優秀なエンジニアになると、20代で年収800~1000万円を稼いでしまう人もいます

OSやアプリを開発する仕事というだけあってかなりの知識や勉強が必要となりますが、五術をつけた分収入は確実に上がります。

近年では、独学でSEの知識を得られるようなサイトや動画が多くありますので、ある程度コンピュータを使える人ならおすすめの職業です。

4、士業の事務所

士業とは、弁護士や公認会計士など、国家資格が必要な業務の独占性が法律で保証されていることです。

弁護士や公認会計士は高収入間違いなしの仕事ですが、難関な試験に合格する必要があります。

しかし、そういった士業の事務所の事務職や営業職であれば、特別な資格はいりませんし、未経験でも採用されます

税理士事務所、法律事務所など、一見簡単に就職できなさそうなところでも、事務職なら資格や経験不問で就職できてしまうのです。

5、芸能やタレント

ユーチューバーが子供が将来就きたい職業ランキング1位になるなど、近年芸能関係の職業は大きく注目を集めています。

ライブ配信やYouTube、SNSの活用で高収入を稼ぐことができ、タレントの種類はますます広くなってきています。

音楽、ゲーム、メイクなど、自分の好きなことを仕事にできるのも大きなメリットでしょう。

自分のコンテンツが視聴者の需要と一致すれば、月に何千万円といった超高収入も夢ではないでしょう。

今後も伸びてくる市場なので、期待ができます。

6、大学職員

大学教授は専門的な知識を持っており替えの効かない存在であるため、かなりの高収入であることが予想できます。

ですが、いくら高収入であるとはいえ、大学教授になるには並大抵の努力では叶いません。

しかし、大学教授でなく大学職員としての就職なら、資格や知識がなくても可能です

もちろん、語学や簿記の、コンピュータなど、資格やスキルを持っていればアピールにはなりますが、必ず必要なものではありません。

筆記試験や面接に受かれば、大学で働くことができます。

私立大学の場合、年収は1000万円を超える場合もあります。

7、社長になる、開業する

社長といえば高収入な職業の筆頭ですが、実は社長になるのに資格や経験は必要ありません

合同会社であれば、最低6万円から設立することができ、リスクも思っているよりも低いです。

消費者のニーズを見極め、うまく運営していくことができれば、かなりの収入を見込めるでしょう。

何かした特化したスキルがあるのであれな、開業する場合、年収にアッパーはありませんので、稼ぐことができるでしょう。

会社設立のメソッドは、本などで簡単に手に入れられます。独学でも知識をつけることができます。

フリーランスになる方法もあるので、会社に依存しない働き方について少し考えてみてもいいかもしれません。

\ 女性に人気な仕事を見てみる /

おしゃれに働きたい!女性が憧れる華やかな仕事10選!

年収を上げるには、年収が上がる仕組みを知ることが重要

高収入が望める仕事について解説してきましたが、年収を上げるには、そもそも上記に挙げた仕事がどうして高収入なのかを知る必要があります。

高収入たる所以を知らなければ、ただ闇雲に働いても結果が出ることはありません。

給料の高い仕事には、必ずその理由があるのです。

年収が上がる仕組みと方法

年収を上げる方法は、大きく3つに分けることができます。

それぞれを詳しく解説していきます。

希少価値の高い存在になる

1番分かりやすい方法は、代わりのいない存在になることです。

シール張りやパック詰めといった作業系の仕事と専門的な講義を行う大学教授とを比べると、大学教授の方が収入が高いのは明確でしょう。

ノウハウや知識が必要なく、誰でもできる仕事の給料が高いということはあり得ません。
経験を身につけて替えの効かない貴重な人材になることは、高収入への1番の近道なのです。

機械でできる仕事をしない

近年、「AIの発達によって仕事がなくなるのではないか」と話題になっています。

実際に、オックスフォード大学では、スポーツの審判、レジ係、電話オペレーターなど、アメリカの倉庫用者の約半分の仕事が人工知能に取って代わられるという分析結果を発表しています。

機械化できない領域はどこなのかをしっかり見極め、個人にしかできないクリエイティブなスキルを身につけていく必要があるでしょう。

他人に貢献できる体制をつくる

企業が重視するのは、一時的な業績向上ではありません。

恒常的に成果を出し続ける仕組みを作ることができる人材を重要視します。

そこで、部下の特性を理解し、能力に応じて継続的に成果を出し続けられるように働いていくことが重要です。

仲間と一緒に働く場合は、個人の業績のみでなく、相互の協力も大きなカギとなります。

年収を上げるためにできる行動

ここまで、年収を上げる方法を説明してきました。

以上をクリアすれば、年収を上げることができます。

では、具体的にどのような行動を通して、年収を上げることができるのでししょうか。

出世する

まずは、出世/昇給するということです。

当然ですが、重役にまで昇りつめれば、かなりの高収入が望めるでしょう。

転職する

今の会社が自分にあっていないと感じるなら、転職してしまうのもおすすめです。

新しい環境に身を置くことで、意識も変わってスキルアップしやすくなる例もあります。

思い切って、今とは全く違う職種に転職してみるのも、自分の新たな可能性を切り開く一歩になります。

独立/開業する

自分で事業を始めてしまうのも1つの手です。

運営も事業も全て自分次第ですので、うまくやれば膨大な利益を手に入れることができます。

まとめ

近年、女性の社会進出が進んだことで、女性の職業の選択をは大幅に増えました。

一方で、女性の年収が男性に比べて少ないのも事実です。

知識や経験を蓄えて自分の希少価値を高めること、クリエイティブなスキルを身につけ、AIの及ばない範囲の仕事をすること、仲間と協力し、継続的に利益を出し続けることで増収が見込めます。

経験や学歴がなくても高収入が期待できる仕事は多くありますので、まずはキャリアを積むことがキャリアアップへの第一歩となります。

とは言っても漠然キャリアアップをするにも行動を起こしづらい方がほとんどだと思います。

もし、お悩みの方はキャリチェンにいるキャリアコンサルタントに相談してみませんか?
キャリチェンでは、未経験からキャリアチェンジするけど、年収を上げる転職を支援しています。

年収が上がる転職は難しいと思われがちですが、例えば、この記事でも紹介したように、高収入の業界に特化して転職することで年収を上げることが可能です。

キャリチェンでは、成長業界を加味した今後のご提案や、女性のこれからのキャリアと真摯に向き合ったご相談が可能です

ぜひ一度いらしてみてください。

画像