応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

カジュアル面談とは?書類選考の進め方、質問内容や服装まで紹介

転職活動を行う際、選考の前に行われることが増えてきた「カジュアル面談」。しかし、そこまで普及していないため、企業側にカジュアル面談を提案されたら普通の選考面接と一体何が違うのかわからず困ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんなカジュアル面談のメリットや、準備すべきことなど紹介します。

カジュアル面談とは

カジュアル面談とは、通常の選考面接とは違い、「まずはざっくばらんに相互理解を深めましょう」と言う意味合いで使われています。とくに、ITやエンジニアなどの専門業界の採用で行われていることが多いです。

求人サービス「Wantedly」では、新卒採用でも「話を聞いてみたい」や「ランチおごります」と言った項目でカジュアル面談が行われています。まだ応募するかどうかも決まっていない段階でも、会社のことをフランクに質問することができ、企業説明会をもっとカジュアルにしたものと想像するとイメージすると良いかもしれません。

普通の面接との違いとは

通常の面接との違いは「選考」ではないという点。通常の面接は求職者が応募し、企業が採用するかどうか判断するために質問して答えるような場になります。しかし、まだ応募するか決まっていない段階のため、企業と応募者が対等に質問しあえるやわらかい雰囲気の場となります。

カジュアル面談は選考に影響する?

とはいえ企業も選考の一環として行っているため、もちろん応募者の人柄や経歴などもチェックしています。カジュアル面談で好感触に感じたとしてもその後の選考で落ちることも多々あります。応募に前向きな企業でのカジュアル面談は、面接と同じぐらいの気持ちで臨んだ方が良いでしょう。

POINT

カジュアル面談は、選考面接ではないため企業と応募者が対等に質問しあえる場。ただし、企業は選考の一環として行っているので、選考に影響がないわけではない。

カジュアル面談を受けるメリットとは

カジュアル面談は主に、

・転職者と企業のミスマッチを感じられる
・聞きづらいことも質問しやすい

といった応募者側にとってとても大きなメリットがあげられます。

転職者と企業のミスマッチを感じられる

応募者と企業でざっくばらんに会話ができるため、応募者にとっては会社の雰囲気を知ることができます。面接ではほとんどの時間が面接官からの質問に答える時間となり、応募者が質問できる時間は面接終盤のほんの数分しかないことがほとんどです。そのため、応募者側は、選考が進むにつれて後からミスマッチを感じることも多いです。

しかし、カジュアル面接では気軽にこちらから質問ができるので、しっかり企業の雰囲気を知り自分の譲れないポイントについて質問しておいてから、応募に進むことができるのです。

聞きづらいことも質問しやすい

採用面接では聞きづらいことも、カジュアル面談なら聞きやすいことも応募者にとってのメリットです。採用面接では、選考に関わるためあまり待遇や給料などは聞きづらいものです。カジュアル面談時なら気軽に聞きやすく、その回答の結果次第で応募するかどうか判断しやすくなります。

POINT

カジュアル面談は選考が始まった後のミスマッチを防いだり、選考面接では聞きにくい給料待遇や労働環境などについて質問しやすい場。選考前に応募するかの判断がしやすくなる。

カジュアル面談を受けるデメリットとは

反対にカジュアル面談を受けるデメリットは、

・コミュニケーション能力が必要
・選考の回数が多くなる可能性

があげられます。

コミュニケーション能力が必要

選考面接では採用担当者が会話を主導していくため、基本的に面接官に聞かれたことに答えていくスタイルです。応募者は聞かれたことにしっかりと答えていけばそこまでのコミュニケーション能力がなくても乗り切れるでしょう。しかし、カジュアル面談は質問形式ではありません。こちらからも話題を振り、会話を続けていく雑談力やコミュニケーション能力が必要とされます。

選考の回数が多くなる場合も

カジュアル面談は、一次選考の前段階で0.5次選考のようなものです。そのため、カジュアル面談を行った後から選考がスタートとなる場合が多く、その後に書類選考・一次面接・二次面接・最終面接と続くと、回数が増えたと感じるかもしれません。また、回数が増えるため必然的に内定までも時間がかかります。

POINT

カジュアル面談は、面接ではないためこちらかも雑談力やコミュニケーション能力が必要となります。さらにカジュアル面談を挟むため内定までも時間がかかる。

カジュアル面談のために準備すべきこと

それでは、いざ人事からカジュアル面談に呼ばれた際に、どんな準備をしておけば良いのか紹介します。

聞かれそうな質問の回答を考えておく

企業側から聞かれそうな質問の回答も用意しておきましょう。企業側からはたいてい「今後どんな仕事をしてみたいか」「今の仕事の不満点」などを聞かれることが多いです。質問された時にハキハキと回答ができるように、回答を準備しておくのがおすすめです。

逆質問も用意しよう

反対に、自分の聞きたいこともまとめておきましょう。選考の前段階のため気軽に話せるとはいえ、何も質問を用意しておかないと企業側に聞かれた場合に言葉に詰まってしまいます。会社のミッションや将来のビジョンについてや、採用したい人物像など聞いておくのがおすすめです。会社への興味を持っていることが伝わりアピールになります。さらに企業が採用で求めている人物像がわかれば、本番の採用面接で強みになるでしょう。

\逆質問も考えておこう!具体例を紹介/

面接の最後の質問でいいアピールをするには?逆質問の具体例を紹介

企業のことは調べておく

応募するか決めていない段階だとしても、企業研究はしておくのが正解です。まったく企業のことを理解していない状況で話を聞きに行ってしまうと、せっかくの時間を無駄にしてしまいます。企業側からもこの人は興味がないのだなと判断されてしまい、選考で落とされる可能性が高くなってしまいます。

POINT

カジュアル面談の準備として、聞かれそうなことへの回答や自分の聞きたい質問をしっかりとまとめておこう!

カジュアル面談での服装や必要な持ち物とは

面談当日は、面接ではないためスーツと私服どちらを着ていくものなのか悩む方も多いのではないでしょうか?ここでは、当日の服装や持ち物について紹介します。

ビジネスカジュアルがおすすめ

カジュアル面談当日は、ビジネスカジュアルが無難でおすすめです。いくら面接ではないとはいえ、普段通りの服装で行ってしまうのはおすすめできません。企業側からは「私服で構いません」と言われるかもしれませんが、女性ならブラウスに綺麗めなスカートやパンツ合わせ、男性ならYシャツにパンツなどカジュアル過ぎない格好で行きましょう。心配な場合はジャケットも用意しておくのがおすすめです。

履歴書や職務経歴書などの書類は不要

カジュアル面談では、とくに履歴書や職務経歴書は必要ありません。ただし、途中でメモを取ることもあるため、最低限の筆記用具やメモ帳などを持参しましょう。

POINT

カジュアル面談は、カジュアル過ぎない綺麗めな服装で挑みましょう。持ち物は筆記用具とメモ帳程度で十分です。

カジュアル面談後の選考の流れについて

カジュアル面談が終わったあとの進め方は、企業によって異なります。カジュアル面談時に企業から好印象をもたれた場合には、終了後に先方から正式に選考に参加してほしい旨を告げられたり、そのまま一次面接をスキップして最終面接や内定に進める場合もあります。しかし、企業から興味を持ってもらえなかった場合には、何も声がかからない可能性があります。それでも選考に進みたいと強く思うのであれば、こちらから終了時に選考に進みたい気持ちを伝えましょう。

まとめ

入社してから思っていたのと違ったと、失敗してしまうのはもったいないことです。せっかくのカジュアル面談の場を無駄にしないように、聞きたい質問をしっかりとまとめて聞き逃しのないようにしましょう。

また、カジュアル面談はそのまま一次選考を突破して最終面接や内定に漕ぎ付けられるチャンスの場でもあります。選考前の面談だと思って気を抜かずに、一社一社としっかりと向き合って面談に挑みましょう。

転職活動はカジュアル面談だけではなく、書類選考対策や面接対策が必要になります。転職活動でわからないことがあれば、是非キャリチェンのキャリアコンサルタントにご相談ください。あなたにあった職場選びから選考の対策まで、転職活動をサポート致します。是非お気軽にご相談くださいね。