応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

転職したばかりだけど辞めたい!転職活動で不利になる?転職理由とは

「転職したばかりなのにもう辞めたい」「まだ半年も経ってないのに、今辞めたら履歴書に影響するんじゃないか」「新しい職場が合わなくて転職に失敗した」

そんな風に転職したばかりだけど仕事を辞めたいと思ってしまう方は多くいます。そんな時、すぐに転職しても良いのか、すぐに辞めるとどんなリスクがあるのかなど紹介します。

本当に辞めたい?転職後すぐに辞めたいと思ってしまう理由

転職してすぐに辞めたくなってしまった時は、一度立ち止まってみるべきです。転職してすぐという時期は、実は多くの方が転職先が合わないと感じて辞めたくなることが多いのです。

理由を以下で紹介します。自分は本当に今辞めるべきなのかよく考えてみましょう。

新しい職場や人間関係に慣れていない

人見知りの方や新しい環境に溶け込むのが苦手という方は、単に新しい職場に慣れるのに時間がかかり、辞めたい気持ちになっていることが考えられます。

新しい職場というものは、人間関係も一から構築しなければならず、どんな話をすれば良いのかわからなかったり、どう接していいのか悩むでしょう。

どれだけ社交的な人でも、すぐに新しい環境に馴染むのは難しいことです。しかし、こういった悩みは最初だけの場合が多いです。

少しずつ職場の雰囲気にも慣れ、どんな人間性なのか分かってくればいつの間にか打ち解けていきます。こういった理由の場合は、少し様子見してみるのがおすすめです。

仕事内容に慣れていない

前職と同じ仕事内容であれば、すぐに仕事に慣れるかもしれません。しかし、全く経験したことのない未経験の職種の場合、新しい仕事内容に慣れるまでに時間がかかります。

その間はどうしてもうまくいかないことだらけの状況が続き、投げ出したくなり辞めたい気持ちになってしまうのです。

しかし、誰でも最初はできなくて当たり前です。目の前の仕事をひたむきにこなしている内にだんだんと仕事にも慣れてくるでしょう。

思っていた仕事や社風と違う

自分のやりたい仕事があってその会社を選んだのに、簡単なことばかり頼まれて思っていた仕事ができないということもあります。

やる気があって意気込んで入社したのにこれではガックリしてしまいますよね。

しかし、「少しずつ仕事に慣れてくれればいいよ」という会社側の配慮の場合も多くあります。

入社してすぐに成果を求めてくる会社よりも、社員を育てようとしている余裕のある会社なのかもしれません。

この場合、すぐに見切りをつけてしまうのはもったいないでしょう。

仕事についていけない

未経験で入社した場合に、「最初は簡単なことから徐々に」と言われていたのにすぐに現場に出されたり、研修制度がなく上司も全く面倒をみてくれなかったりすると、仕事についていけなくなってしまうでしょう。

面接時にお互いの疎通がうまくできておらず、上司もあなたがどこまで分かっているのか把握できていないということもあります。遠慮せずにわからないことはわからないとしっかり伝えましょう。

POINT

転職してすぐの時期は、職場環境に慣れず居心地が悪かったり、新しい仕事内容の場合はついていけないと思ってしまいがちです。最初は仕方のないことなので、すぐに見切りをつけて諦めてしまうのはもったいない!

転職後にすぐ転職してもいい場合

転職したてによくある、すぐに辞めたくなってしまう理由をお伝えしました。上記のような理由であればしばらく様子をみるべきです。しかし、転職後すぐに時期でも、以下の理由であれば転職しても良い場合があります。

仕事に行こうとすると具合が悪くなる

どうしても上司や同僚と馬が合わないことや、会社の社風が嫌で仕事に行こうとするだけで具合が悪くなるというケースもあるかもしれません。

このままここにいると鬱になってしまうと感じるほど嫌な時には、すぐに辞めてしまうのも手かもしれません。

鬱病は一度患ってしまうと治療が大変で、もし悪化すると、働くことができなくなってしまうリスクすらあります。

ですので、「気づいたら涙が出てくる」「どうしても会社にいきたくない」など、身体に何かしらのサインが出ている時は、休んだ方が長い目で見たときの自分のためになります。

\その体調不良危険かも!?ストレスチェックをしよう/

仕事のストレスで限界を感じたら?サインや症状、対策方法を紹介します

聞いていた仕事内容と違う

聞いていた仕事内容と違う場合も退職を考えても良いでしょう。例えば事務職で採用されたにも関わらず、「店舗での実務を積んでから」や「今は人が足りないから」などと、何かと理由をつけられて別の仕事をさせられる場合もあります。

この場合は辞めても仕方ありません。そのまま在籍していても、他の仕事を任せられる危険性は常につきまといます。

また聞いていた仕事内容や条件と大幅に異なる場合は、違法に当たる可能性もあります。雇用契約書に書いてある内容を入念に確認しましょう。

雇用契約書がない場合、そのこと自体は違法ではありません。ですが、労働条件の明示は法律上義務付けられており、これに違反した企業は罰則の対象になります。

労働条件の確認を会社に申し出ても取り合ってもらえない場合は、労働基準監督署や弁護士に相談するのもおすすめです。

ハラスメントがある

上司や同僚からセクハラやパワハラをされた時は退職した方が良いでしょう。本来であれば証拠を集めて加害者に制裁を下したいところです。

しかし、入社してすぐの場合は相談しにくいことや相談しても味方がつきにくいケースが多くあります。

証拠集めにも時間がかかるため、見切りをつけて早々に辞めてしまった方が、自分の大切な時間を無駄にしなくて済む場合もあるかもしれません。

自分のビジョンと違う

自分が将来やりたいことに対して、今の仕事だと意味がないと感じる場合は、辞めた方が良いでしょう。例えば、営業スキルをあげてバリバリ稼ぎたいのに、事務作業が多い場合は、自分の成長にも繋がりません。

自分に営業スキルがつく環境にいくことが非常に大切なので、「ここにいても自分の将来のためにならない」と思ったら退職がおすすめです。

キャリアは早咲きできるに越したことはありません。時間を無駄にしないように、早めの決断が大事です。

\セクハラを受けた際の退職方法について/

セクハラが辛くて辞めたい。被害にあった時にすべきことと退職の手順について

給料の未払いがある

入社早々に、給料の未払いが発生した場合もすぐに辞めて問題ありません。給料が未払いになる主な理由は、会社の経営不振や内部体制の組織破綻などが考えられます。

資金繰りがずさんだったり、社内に経理がおらず組織体制が破綻している場合や経理担当者が仕事をしていない場合は給料が未払いになることがあります。

経営状態の不安定な会社や内部体制が破綻している会社にい続けても、倒産の可能性が高くなります。後々辞めることになる可能性も高いため、早めに辞めるのも一つの手です。

転職後3ヶ月以内である

転職後3ヶ月以内は試用期間の場合があります。社会保険や厚生年金にまだ未加入であれば、辞めても職歴として残らないため履歴書に傷もつきません。

入社して1週間や1ヶ月の段階で、会社が合わず辞めたいと感じた場合には、試用期間の間に辞めましょう。

転職後すぐの転職は不利になる?

辞めることは簡単にできても、転職後すぐに辞めるとその後不利になるのか心配になるのではないでしょうか?すぐに辞めることで発生するデメリットをお伝えするので、しっかりとリスクを把握して一旦踏みとどまってみましょう。

マイナスの印象を与える

どんな理由で辞めたとしても、周りにはマイナスな印象を与えてしまいます。一度ならまだしも、何度もすぐに辞めてしまうと環境や人のせいにする人だと思われるでしょう。

仕事だけではなく、プライベートでも「仕事が続かない人」だと判断されてしまいます。特に婚活をしている場合は「仕事が続いていないのは何か問題があるのではないか」とマイナスな印象を与えてしまうこともあります。

次の転職が難しくなる

試用期間中に辞めてしまえば履歴書に書かなくて済むため問題ないのですが、半年程度で辞めてしまった場合、次の転職活動にも影響を与えてしまいます。

面接では必ず採用担当者から前職を辞めた理由を聞かれます。その際、短い期間で退職してしまうとどうしてもまたすぐに辞めてしまうのではないかと懸念されてしまいます。

学ぶ機会を逃してしまう

転職してすぐは簡単な仕事ばかりでつまらないこともあります。そのまま長くいれば上司からの信頼も得られ、もっと難しい仕事を任させたかもしれません。

仕事ができるようになるとやりがいも感じられるようにもなります。

また、その会社でしか学べなかったこともあるはずです。簡単に辞めてしまうとそういった勉強の機会損失にもつながってしまうため、大きなリスクとなる可能性も否定できません。

POINT

転職したばかりですぐに辞めてしまうことは、マイナスな印象を与えてしまい次の転職先が見つかりにくくなってしまいやすい!さらにそこでしか学べないことも学ぶ機会を逃してしまうリスクがある。

転職したばかりで辞めた場合、退職理由はどうすべき?

期待して入社しても、どうしても自分に合わなかったり、会社側の問題でどうしても辞める必要があることもあるでしょう。

そんな時に一番気になるのが、転職の際に伝える「退職理由」ではないでしょうか?どんな理由を伝えたら良いのか紹介します。

前向きな退職理由を述べる

転職後すぐに退職した際の理由は、前向きな内容で採用担当者が納得するような理由を述べましょう。おすすめなのは、「最大限改善できるように努力したけど無理だった」という点を伝えることです。

例えば、自分のやりたい仕事があって前職に就いたのに、会社の都合で別の仕事ばかり与えられ一向にやりたい仕事ができないことが理由だったとします。

その場合は、会社側に自分の想いを一生懸命訴えたけれど、それでも改善してもらえなかったことを伝えましょう。

客観的に見ても、そのままその会社でいつかやらせてもらえるまで待つよりも、他の会社ですぐに希望の仕事をさせてもらえた方がより早くスキルアップできることは理解できます。

どうしたら改善できるかを考え実際に行動したけれど叶わず、退職することが最善だと判断した上で、決断したことだということを伝えましょう。

すぐに離職したことの不本意さを伝える

上記の理由に加え、自分でもすぐに離職したことへ不本意だった気持ちも伝えるようにしましょう。採用担当者は、「うちの会社もすぐに辞めてしまうのではないか」という点に不安を感じてしまいます。

その不安を払拭するためには、「本来であれば長く勤めたかったけど、不本意ながら仕方なかった」ということを分かってもらいましょう。

POINT

転職したばかりですぐに辞めてしまった場合は、前向きな理由で自分でも努力したけど叶わなかったことと、自分でも不本意な退職だった旨を伝えましょう。

まとめ

転職してすぐに辞めることはリスクがあります。一度ぐらいであればあまり気にすることもありませんが、人間は簡単に辞めることを繰り返すと辞め癖がついてしまうものです。

何度も短い職歴を繰り返してしまうと、どうしても転職は難しくなってしまいがち。本当に辞める必要があるのかどうかしっかりと考えた上で決断してくださいね。

「転職したばかりなのに辞めたい…次の転職は成功させたい」場合は、転職のプロであるキャリアカウンセラーに相談してください。キャリチェンのキャリアカウンセラーはあなたに合った職場をご紹介します。是非お気軽にご相談くださいね。