応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

営業がストレス!もしかして向いてない?営業職が辛い時の解決策について

営業職をしているけれど、「営業職が向いていないと感じる」「毎月のノルマが達成できなくて落ち込む」「顧客の要求や接待がストレスで辛い」と悩んではいないでしょうか?

営業職が向いていないと感じているのにも関わらず、続けなければいけない場合はとても厳しく辛いと感じる仕事でしょう。

今回は、そんな営業職に向いていない人の特徴や、営業職の辛さを少しでも解決する方法など紹介します。

営業職がストレスを抱えてしまう理由

営業職は、なぜこんなにもストレス耐性の必要な職業なのでしょうか?今章では、その原因を紹介します。

予算やノルマのストレス

営業職のストレスの一つは、毎月の予算やノルマを達成しなければいけないプレッシャーに追い詰められることです。

課せられた毎月の目標が簡単に達成できるものではない場合、重くプレッシャーがのしかかります。

また、営業職は営業成績がそのまま人事評価に繋がります。そしてその評価が年収にも直結してしまいます。

成績のいい営業マンは良いのですが、なかなか商品が売れずノルマの達成ができない月が続いてしまうと、自己肯定感がどんどん下がってしまい、強いストレスを抱えてしまいます。

顧客からのストレス

営業マンは、どんな業界でも顧客から受けるストレスが大きいでしょう。

その中でも、いわゆる下請けという立場の場合、無理難題な要求をしてくる顧客が多くなる傾向にあります。

受注する側と発注される側がはっきりしている業界だと、顧客の要求に振り回されることもあります。

価格の値下げ交渉や、無理な納期を設定、さらにゴルフ接待やお酒の接待など、どれも断りにくく、顧客の要求を実現させようとなんとか頑張ってしまうため、ストレスとなってしまうのです。

業務量のストレス

業務量の多さにも問題があります。例えば、営業職で働いていたとして、新規開拓営業以外を全くやらなくていいわけではありません。

既存顧客のフォローをすることもあれば、見積書や請求書などの資料作成時間・社内会議、営業先の情報を調べる、など、営業マンはやるべきことがたくさんあります。

営業と一口に言っても、ただ電話をかけるだけ、ただ商談に行くだけではないのです。このように、やるべきことが多い上に、タスクのコントロールも難しく、なかなか商談の時間を確保できないことも。それが、営業成績に影響してしまうこともあります。

また、顧客に左右されやすいため、休みが取りにくかったり長時間労働になったりしてしまうこともストレスの原因です。

職場のストレス

社内の人間関係もストレスの原因です。とくに、上司の理解がなく自分の営業スタイルを押し付けたり部下を否定するような場合、とても強いストレスとなります。

上司自体も会社から毎月の達成を求められています。

ノルマを達成しなければ上司としての自分の評価にも影響するため、部下に強く当たってしまうこともあるでしょう。

商品に対するストレス

そもそも、自社の商品に自信が持てない場合、営業マンは売りにくく、ストレスになります。

どこよりも優れているという自信があったり、自分も購入したい魅力的な商品だったりすればと、積極的に提案することができます。

しかし、「自分だったら絶対この商品は買わないな・・・」という気持ちがあると、後ろめたさから自信を持ってその商品を営業できないでしょう。

そうすると商品も売れにくくなり悪循環です。

POINT

営業マンが抱えてしまうストレスの要因は、予算やノルマ・顧客・業務量・職場の人間関係・商材に対するストレスなど人によって問題は様々。

営業が嫌で落ち込んでしまう…。営業に向いていない人の特徴とは

仕事は向き不向きが現れるものですが、営業職も例外なく、性格的に向き不向きが顕著に現れる仕事でしょう。

営業職に向いていない人の特徴を3つ以下に紹介します。

人と話すのがストレス

営業職に一番必要なのはコミュニケーション能力です。

普段から人と遊ぶよりも、一人で家で映画をみているほうが好きな方や、チームワークでみんなで成し遂げるよりも、一人黙々と作業している方が好きといった方は向いていないでしょう。

人が苦手、人と話すことがストレスになるといった性格の人は、顧客先に行くこと自体がストレスとなってしまいます。

断わるのが苦手

顧客からの値引きや期限の要求を断ることができずに了承してしまう方は、営業職に向いていないでしょう。

優秀な営業マンは簡単に値引き要求をのむことなく、安心感や値引き以外でのメリットを伝え納得してもらうように交渉します。

実力以上のことを提示されのんでしまっても、守れなかった場合信用を失うことになってしまいます。営業担当は顧客の要求を断る力も時には必要なのです。

自信がない

自信のない相手から説得されて物を買うことがあるでしょうか。

自信のなさは声や口調・態度・挙動に現れるため、相手にはすぐに見透かされます。

面と向かって堂々を説得しなければ成約に結びつくことはありません。

業界知識や製品知識など、何を聞かれてもはっきりと答えらえるようにすることで自信をもつことができるでしょう。

営業スタイルが合っていない

営業と一口に言っても、企業向けや個人向け、新規開拓が中心の営業や既存顧客と継続的な関係を築くことやフォローがメイン業務と言った具合に、様々な営業スタイルがあります。

個人プレーが好きな人、組織内のバランスやチームでの達成にやりがいを見出せるタイプなど、人それぞれやりがいを感じることが異なります。

自分にあった営業スタイルを見つけると良いでしょう。

POINT

営業に向いていない人は、断ることやコミュニケーションが苦手な性格、自信のなさが原因のこともあるが、そもそも営業スタイルがそもそも合っていない場合もある。

ストレスをためずに営業する解決策とは?

これからも営業職を続けたい!といった方に、ストレスをためずに営業する解決法を紹介します。

ストレスの原因を考える

まずは、自分が今受けているストレスの原因を考えてみましょう。

今売っている商品が嫌いで売りにくいことがストレスなのか、会社の人間関係がストレスなのかなど、ストレスの原因を深掘りして突き詰めましょう。

自分ではわからないという方は、最近ストレスを感じた時にどんなことが起こったのか、紙に書き出してみてください。

いくつも書いてみると、自分のストレスの原因が浮き彫りになってきます。

原因がはっきりしたら、次にそれを解消する方法を考えてみましょう。

うまくいかない原因を考える

ストレスの原因が長時間労働による疲れや、社内業務に時間が取られて営業する時間がないのであれば、業務の効率化を考えてみましょう。

例えば、事務処理や提案書作成などは、テンプレートにしておいたり、メール対応やスケジュール管理を工夫することでグッと時間を短縮することが可能です。

できる限りの改善策を考えてみるのがおすすめです。

同僚や上司に相談する

ストレスは人に話すことで多少緩和することができます。会社にメンタルヘルスケアがあれば、相談してみましょう。

また、同僚や上司に自分の悩みを打ち明けてみるのもおすすめです。意外と相談されると面倒見の良い人が、熱心にアドバイスしてくれるかもしれません。

POINT

営業でのストレスを解消するには、自分のストレスの原因を考えましょう。原因を突き止めたら問題を解消する方法を考える。それでもダメな場合は、メンタルヘルスケアや上司などに相談してみましょう。

営業職が辛い!その体験談

私は美容が好きだったため、新卒で化粧品メーカーの会社に入社し、小売店への自社の化粧品を営業を担当していました。
しかし、いざその商品について深く勉強していくと、会社は利益ばかり重視していて化粧品の成分は販売価格と見合ったものではない上、あまりいい成分を使っているとは言えず「私だったらこの化粧品は使いたくないな・・・」という気持ちが芽生えていました。
しかし、しばらくは仕事だと思って頑張って営業していたんです。
「自分だったらこの化粧品を使いたくない」という気持ちから、やはりだんだんと売りたい気持ちになれなくなり、営業成績はボロボロでした。
仕事に誇りが持てなくなり自分にも自信が持てなくなってしまったのです。
毎月のノルマを達成できない私は会社の居心地も悪くなってしまい、日に日に会社にいくことも憂鬱になっていきました。
営業自体がもう嫌というわけではないのですが、商品に誇りを持ったり、自信を持って堂々と提案ができるかどうかはとても大切なことだと実感しました。

商品が好きだという気持ちや、化粧品へのイメージのみで入社したわけですが、当然、会社は利益を出すために存在しているわけですから、利益率やブランドの意味の実情を知ってしまうと、イメージが違った、と感じる場合も多いでしょう。

このように、実際には、仕事をする前に持っていた実際のイメージと、営業を通して知る実態には乖離があることが多いです。

これらを通して、それでも営業と向き合うか、それとも転職するかは自分が決める部分ですが、現状に不満を感じるのであれば、転職を視野に入れるなど環境を変えてみるのもおすすめです。

営業がストレスで辛いなら転職を考えるのも手

ストレス解消する方法を試しても、どうしても今の会社での営業職が辛いと感じる場合は転職してみてはどうでしょうか。

営業職として転職

上記の体験談のように、営業職自体がストレスというわけではなく、売る商材が問題でストレスを抱えている場合には、職種は変えなくても業種や会社を変えればストレスを受けずに済む可能性が高いです。

また、職場の人間関係が悪くてストレスという方も、転職することによって問題を解消できるかもしれません。

営業から営業への転職は、前職のスキルをそのままスライドできるため、とても転職しやすくおすすめです。

他の職種に転職

営業自体がもう嫌だという方は、全く別の職種に転職してみると良いでしょう。

30代になるとなかなか未経験で挑戦することが難しくなります。

様々な職種をポテンシャルで採用してもらえる20代のうちに、やってみたかった職種へチャレンジしてみましょう。

以下の記事では営業職からの転職におすすめの職種を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\営業経験は他でも役立つ?営業職から転職可能なおすすめの職種/

営業から転職可能な職種は?営業経験は転職で有利になる?体験談と紹介

また、営業職としての経験が活きるような職種を選ぶことで、未経験でも一歩リードした転職が可能です。

例えば、化粧品系の営業から化粧品系の企画職になるのであれば、キャリアチェンジしているとはいえ、活きる部分が大きくなります。また、営業事務などもおすすめです。

POINT

今の会社での営業が辛いなら他業種の営業職や、全く別の職種へ転職するのも手です。

まとめ

とりあえず今が辛いから辞めたいと安易に行動してしまうと、何度も転職を繰り返してしまうことになります。

まずは、今の営業職でのストレスの原因は何なのかはっきりさせましょう。コミュニケーションがそもそも苦手で辛いのなら、営業以外の仕事に転職すれば解消される可能性が高いです。

また、営業職自体に問題はないけれど商材が・・・という場合には、スライド転職することで解消されるかもしれません。

自分一人だと次の転職先を探すのが不安という方は、転職エージェントへの相談がおすすめです。

キャリチェンならあなたの転職活動をしっかりとサポートします。ぜひ気軽にご相談くださいね。