応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

退職届の出し方、書き方を例文付きで紹介

会社を退職する際に提出する退職届。初めて退職する方は退職届をいつまでに出したら良いのかタイミングがわからなかったり、正しい書き方や退職理由はどう書けば良いのか悩んでしまうのではないでしょうか?

今回は、そんな方のために、退職届の書き方を例文付きで紹介します。

ぜひ辞める際の参考にしてくださいね。

退職届を書く前にやるべきこと

いざ会社を退職しようと思った時に、退職届を書くよりも先にやるべきことを紹介します。

会社を円満に退職するためには、準備が大切です。

以下の点に注意して進めていきましょう。

就業規則を確認する

まずは、会社の就業規則を確認しましょう。民法状では14日前に提出すれば問題ないとされています。

しかし、いきなり従業員に辞められては仕事が回らなくなり、会社側に嫌な印象を与えてしまいます。

そのため、退職する時は退職希望日の1ヶ月前に上司に伝えることが一般的となっています。

ただし、こちらもあくまで一般論に過ぎません。会社によって、それぞれ決まりが設けられているので、確認が必要です。

さらに、最後に有給を消化したい場合や業務の引き継ぎが必要な場合は、1ヶ月以上前から出しておく必要があることもあります。会社の規則を事前に確認しておきましょう。

\退職したいけれど有給が残っている場合の対応/

退職したいが有給休暇が残ったまま!買取は可能?上手に消化して円満退社する方法

上司に相談する

退職届を提出する前に、事前に上司に相談しましょう。退職願と退職届は別物です。

退職願は退職したい旨を相談ベースで伝えるものとなり、退職届は退職が決定してから会社に届出の書類として提出するものになります。

名前が似ていて混同しやすいので注意しましょう。

また、退職届は会社によって規定の退職届のフォーマットがある場合もあります。

まずは、退職する意思が確定したらすぐに上司に相談するのがベストです。

\退職理由はこう伝えよう!伝え方の例文やタイミングなど紹介/

面接で自己紹介はどうする?好印象を与える例文も紹介

POINT

退職したい場合は、まずは会社の就業規則を確認してどれぐらい前に伝えたら辞めることができるのかチェックしましょう。その上で、上司に口頭で退職したい旨を伝えるのがおすすめ。

退職届の例文と書き方のポイント

退職届は手書きが基本でしたが、最近はパソコンでテンプレートをダウンロードしてプリントアウトする方法も多く利用されています。

自分の好きな方を選びましょう。

こちらでは、退職届の手書きでの書き方を紹介します。用意するものや、書き方をテンプレート付きで紹介するので参考にしてくださいね。

用意するもの

退職届を作成するには、用紙・封筒・ペン・のりを用意しましょう。用紙サイズはB5かA4が一般的です。

罫線あり・なしはどちらでも問題ありません。

封筒を選ぶ際は、何も描かれていない白無地の封筒が基本です。

柄物や郵便番号枠のついたものなどは、NGなので注意しましょう。

また、用紙サイズがA4用紙の場合は「長形3号」、B5用紙の場合は「長形4号」を使用します。ペンはフリクションの摩擦で消えるような類のペンは不可です。

ボールペンや万年筆など、消えないペンで記入しましょう。

書き方と例文

退職届の手書きでの書き方を紹介します。

退職届は以前は縦書きが主流でしたが、最近は横書きが多くなっています。

以下では、横書きでの書き方をテンプレートにして紹介します。

退職届(用紙)のテンプレート


1.一行目に中央寄せで「退職届」と書く

2.二行目は提出する日付を記載する

3.三行目退職する会社の正式名称と、四行目に代表取締役社長の正式名称を書く

4.一行空けて、六行目と七行目に自分の担当部署名と自分の名前を記載し、名前の後ろに押印する

5.自分の名前のあとは二行空ける。十行目に退職の旨を伝える内容を書く

6.一行空け、以上と記載ししめる

退職届(封筒)の書き方

1.封筒の表面の中央に「退職届」と書く

2.裏面の左下に、自分の所属部署と名前を書く

退職理由はどうしたら?

退職届に退職理由を詳しく記載する必要はありません。

退職する際に、「転職」や「人間関係が原因」「仕事への不満」「会社への不満」など様々な理由があるでしょう。

しかし、そのような理由を退職届に記載する必要はありません。

全て「一身上の都合」で通すのが良いでしょう。

また、結婚や出産などの一般的におめでたい理由のような場合でも、「一身上の都合により」と明記するようにしましょう。

退職届の出し方

最後に、退職届の封筒の入れ方や上司への渡し方を紹介します。

正しく封筒に入れる

封筒への入れ方にもポイントがあるので気をつけましょう。

用紙や封筒にすべて記入が終わったら、用紙は3つ折りに折りたたみます。

そして、用紙を入れた後は封をのりで留めます。

閉じた封と封筒が重なる中央部分に「〆」と書いて完成です。

上司に渡す

退職届を作成し終わったら上司に直接渡しましょう。

退職届を渡す際は、どうしても気まずさが付きものです。

つい、手渡しは憂鬱だからと上司の机に置いておきたくなってしまうかもしれません。

しかし、机に置いてしまうと責任感のない人という印象に映ってしまったり、確実に渡ったたか定かでなくなってしまったりするため、手渡ししましょう。

渡すタイミングは、上司の忙しくないタイミングがベストです。

午前中の仕事が始まったばかりがよいでしょう。そうすれば仕事を途中で中断することなく迷惑がかかりにくくなります。他には、お昼休みの少し前でも良いでしょう。

POINT

用紙は三つ折りにして封筒にいれ、封はのり付けして最後に「〆」と書く。上司に渡すタイミングは上司の忙しくない時間帯にして、とくに、仕事を途中で中断させることのない朝一か、お昼前あたりに渡すことがベスト。

まとめ

退職願と退職届の違いがわからず混乱していた方もいたのではないでしょうか?

ドラマのシーンのように、いきなり退職届を上司に叩きつけては、円満退職どころか険悪となってしまいます。

まずは、退職願と共に上司に相談ベースで退職したい旨を伝えましょう。

そこで上司が納得してくれて退職日が決定したら、やっと退職届を出すタイミングとなります。

タイミングを間違えてしまうと受理されなくなってしまい、希望していた時期で退職できなくなってしまう可能性も…。

しっかりと就業規則を確認して、時期を間違えないように計画を立てて退職しましょう。

また、今の会社を退職した後の転職先に悩んでいるという方は、ぜひキャリチェンにご相談くださいね。キャリチェンでは、あなたの次の転職をしっかりとサポートします。