応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

職務経歴書・履歴書に志望動機は必要?書き方の注意点、具体例を紹介

履歴書を書く際に、何を書いたら良いのか悩んでしまうのが「志望動機」。本心は年収や福利厚生が魅力的だったといった理由だとしても、正直にそのまま書くことはできませんよね。

そこで今回は、どんな理由を書いたら良いのか、ポイントを5つ紹介します。また、未経験の職種や新卒、事務職などのパターン別に例文も紹介するので参考にしてくださいね。

志望動機とは

志望動機とは、応募企業に対して「他の会社ではなく、なぜこの会社のこの仕事を希望するのか?」を示すためのものです。

リクルートが2014年に行った「就職白書」によると、企業が採用面接を行う際に重視するポイントとして、なんと志望動機が78.3%という結果になっています。

企業は採用面接の際、自社への熱意がどれだけあるのかどうかを判断したいため、履歴書の志望動機欄を重視しているのです。

そのため、応募者は応募した企業への志望理由を明確に伝えることが大切になってきます。理由が思いつかないから書かないということは絶対にやめましょう。

また、履歴書の志望動機の欄の文字数にはとくに決まりがないため、どれぐらいの文字数を書いたら良いのか悩んでしまう方もいるのでは?

理想の文字数としては、400文字程度が良いでしょう。企業によっては文字数を指定してくることもあるため、基本的には300文字程度を用意しておき、指定された文字数に調整するのが良いかもしれません。

履歴書に書く志望理由が思いつかないという方は、「応募企業を選んだ理由」「活かせる経験・スキル」「入社後に実現したいこと」を盛り込むのがおすすめです。

(参照:リクルート白書)

POINT

企業が採用面接で重視するのは志望動機が78.3%。400文字程度で、企業への熱意や他ではならない理由を明確に伝えましょう。


履歴書の志望動機を書く時のポイント

今章では、履歴書の志望動機を書く時に押さえておくべきポイントを5つ紹介します。

企業が求める人材ニーズを考える

自分の志望する企業がどんな人材を求めているのかを考えましょう。そのヒントは、企業のHPや求人票の中にあります。

くまなく読んでいると、何度も出てくる話題や同じ単語があることに気付きます。それらは企業の大切にしていることや、求めていることなのです。そうやって分析していくと、だんだんと企業の求めている人物像が浮かび上がってくるでしょう。

過去の職務経歴を活かす

企業はもちろん、自社に貢献してくれる人材を採用したいと考えて採用面接を行っています。そのため、自分の前職での職務経歴を活かし、何か応募企業に結びつく経験があれば積極的に志望動機に記載しましょう。

その際、前職での経験をできるだけ具体的に書くと、あなたならではのオリジナリティを出すことができ効果的です。

自分のスキルを活かす

直接活かせるスキルがないとしても、自分の持っているスキルが何か結びつく可能性があります。徹底的に企業の求める人物像を洗い出し、少しでも繋がる点があれば上手に結び付けてスキルを活かすのが手です。

熱意を伝える

企業は数ある企業の中で、どうして自社なのかという点をとても気にしています。どうしてもここではないとという、明確な理由を伝えましょう。その熱意によって話してみたいと思ってもらえる可能性が上がります。例えば、物を売る企業だとしたら、他にも同じような製品を売る会社もあるでしょう。しかし、自分はその製品のファンで、他社製品よりどれだけ優れていて好きなのかを熱意を持って伝えれば、リアルさや説得力が増すでしょう。

退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

志望理由を書く際には、退職理由と志望理由に一貫性を持たせましょう。言っていることが変わっていると感じると、「この人は自分の軸がないのだな」「本音は違うのではないか?」と判断されてしまいます。

例えば、退職理由に「前職では収入が不安定で、安定したかったため」と伝えたのにも関わらず、志望動機に「貴社のチャレンジしていく社風を魅力的だと思ったため」と書いてしまうと、採用担当者もどっちなのかわからなくなってしまいます。意外とこういったミスをしてしまう方が多いので気をつけましょう。

POINT

履歴書の志望動機を書く時のポイントは5つ!「求められている人材ニーズを洗い出す」「前職での経験を活かせることをアピール」「スキルを活かす」「その企業ではなければならない熱い思いを伝える」「理由は一貫性をもたす」です。

志望動機の例文

それでは、最後に具体的に志望動機の例文をいくつか紹介します。

未経験の職種への転職の場合

前職では、デザインやPOPなどの制作の進行管理業務を行っていました。デザイナーとクライアントの間に立ち、クライアントとの打ち合わせで決定したイメージを、いかに的確にデザイナーに伝えデザインを起こしてもらうかという業務を遂行してきました。

しかし、その際ラフ案を自分で作成することが多く、だんだんと自分でデザインを制作する側にまわり、さらに高いレベルでデザインができるようになりたいと考えるようになりました。そのため、すぐに即戦力として貢献できるようWEBデザインの夜間スクールに通い、デザインスキルも学びました。

進行管理としての、両者の中間の業務経験を活かし、両方の立場を考えて仕事ができるデザイナーとして活躍したい所存です。

第二新卒の場合

新卒で入社した会社では希望の部署に入れず、大学で学んだことが活かせないことに悩んでいました。しかし、せっかく縁あって入社した会社なので、すぐに退職することは踏みとどまりました。

社会人として最低限の基礎やマナーなどを身に着けつつ、何か結果を残したいと思い2年在籍しました。そして、同期の中で営業成績1位を取ることができたため、今度こそ自分の専門性を活かし本当にやりたいことができる企業に転職したいと思い、貴社に応募させていただきました。

\第二新卒っていつまで?第二新卒が転職に成功するポイント/

第二新卒はいつまで?企業が第二新卒に期待するのは?転職に成功するポイント

事務職への転職の場合

派遣社員として、さまざまな会社で事務業務を経験してきました。どうしたらもっと効率よく効果をあげられるかを考え、Word・Excelスキルを向上させ行動してきました。おかげでどの会社に異動しても、現場から高い評価をいただくことができました。しかし、派遣社員のままだと任される業務の範囲が限られていることがネックでした。

そのため、もっと責任ある業務を任せてもらいスキルアップがしたいと考え、応募させていただきました。貴社では、業務範囲を固定せず、会社の成長のために自ら考え業務に取り組んでいきたいと考えております。

同業他社への転職の場合

前職でもアパレルの販売をしており、店長として勤務していました。お客様と信頼関係を築き、顧客様になってお店にまた来てくれることにとても喜びを感じていました。この先もアパレルの販売をやっていきたい気持ちに変わりはありません。

しかし、前職は客単価が低く数を売る方針でしたが、次第に客単価の高いショップで、もっと1着1着にこだわったものを販売したいと考えるようになりました。前職では店長まで役職も上がり、結果も十分出した今、次のステージに進みたいと思った次第です。

貴社のブランドは客単価も高く、また以前からとても好きなブランドで何着も愛用しているため、貴社でなら活躍できると思い応募させていただきました。

まとめ

志望動機は、「他の会社ではなく、なぜこの会社のこの仕事を希望するのか?」といった点を上手に伝えましょう。企業の求める人材ニーズの把握や、自分の過去の経歴の棚卸しを行い、企業の求めている人材にマッチするようにアピールすることが大切です。

また、志望動機を伝える際には、自分の言っていることに一貫性があるかどうかチェックしましょう。矛盾点があると、本心ではなく考えてきた内容なのだと受け取られてしまいます。

企業の採用担当者は、日々たくさんの応募者と面談をしているため、嘘や辻褄の合わない答えはすぐに見抜く力があります。たかが志望動機と思わず、慎重に内容を考えましょう。

しかし、自分で考えた内容だと、本当にこれで大丈夫か不安になる方も多いのではないでしょうか。そんな時はキャリチェンへ相談するのがおすすめです。信頼のおけるプロのキャリアカウンセラーが親身になってサポートします。ぜひ気軽にご相談くださいね。