応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

面接が怖いと感じるのはなぜ?面接が怖い!を回避する対処法

「面接が怖くて行きたくない」と思ってしまうのはなぜでしょうか?面接が苦手で苦手を改善しようと思うなら、その原因を知るところから始める必要があります。

ここからは、まずなぜそのように思うのか、考えられる原因を解説していきます。

面接が怖いと思う人は多い


「面接を怖い」と思う方は意外と多いです。上記のデータからもわかるように、「面接に怖さを感じない」方は0%だったのに対し「面接が怖くはないけれど少しは緊張する」「面接は怖い」と感じる方は合わせて100%いるという結果になっています。面接を受ける人は皆、面接を怖いと感じているのですね。

面接が怖いと思うのはなぜ?

面接を受ける人のほとんどが「面接は怖い」と感じています。その理由はなんでしょうか?ここからは、面接を怖いと思う理由を解説します。

自信がない

自分に自信をもてないと、他人から評価されるのが怖く、面接に行くのが怖いと思ってしまうかもしれません。

また、自分に自信を持てないと「他人からいい評価を受けるのは難しい、だから面接に落ちるだろう」と思ってしまうため、怖いと感じるようになってしまうのです。

自信をつけるには、繰り返し面接の練習をして、自信をつけましょう。

面接はそもそも緊張する場

面接は人生の大きな転機となる場です。初対面の人に自分の考えを正しくわかりやすく伝えなければならない上、面接の合否によって、今後のキャリアが変わる可能性があるため、緊張するのは当たり前だと言えるでしょう。

さらに実は求職者だけではなく、面接官も緊張してしまうことも。面接官もいい人材を採用しなければいけないと、緊張していることがあるのです。

他人の緊張はこちらにもうつってしまうことがあります。面接官の緊張を感じ取ってしまい、こちらも緊張してしまいます。

相手からどう思われてるか気になる

面接は面接官に短時間で自分をアピールしなければならない場です。面接では、自分の過去の経験から感じたこと、失敗から学んだこと、挫折経験、これまでの経歴など、これまでの自分の本心を知らない人にアピールしなければいけません。

さらに、面接の場にいるのは、面接官1人とは限りません。面接官が複数人いたり、他の求職者もいることもあります。

そのような場で、自分の経験や失敗を他の人に話すことは、非常に勇気のいることであり「こういってどう思われるかな?」「こんなことを言って相手に引かれないかな?」と気になってしまうでしょう。

ましてや、初対面の人に自分の失敗経験やを伝えなければいけない場なので、相手にどう思われているか気になってしまい、面接を怖く感じてしまうのは当たり前と言えます。

練習不足だから

練習不足では、面接を上手く乗り越えることは難しいです。

面接では、企業研究、業界研究を事前にしておかなければ、自分自身に自信を持つことができず、怖いと感じてしまうでしょう。

たとえ面接で聞かれることを想定して準備していたとしても、面接の練習をしていなければ、あたふたしてしまう可能性が高いです。

面接前には「やれることは全てやった」「これだけ練習すれば絶対に大丈夫」と思えるくらいの練習をしておきましょう。

言いたいことを伝えるには、話し方や声のトーンも重要です。自分の伝えたいことを初対面の人に上手く伝える練習をしておくことが、面接を突破するために大切です。

失敗するのが怖い

「失敗してはいけない」「完璧にしなければいけない」「間違えてはいけない」と思い込んでしまうと、面接が怖いと感じるようになります。

それだけだけではなく、面接で大きな失敗をした経験があると、より失敗が怖くなってしまい、面接そのものに臆病になってしまいがちです。

また、過去に面接でトラウマとなるような経験があれば、より怖いと感じてしまうでしょう。

不採用が続くと怖い

面接を受けていて不採用が続いてしまうと「自分は価値のない人間なのでは?」「自分には面接が向いていないのでは?」と人格を否定された気になってしまうかもしれません。

しかし、不採用だったとしても、その企業に合わなかっただけで、社会から必要とされていないわけではありません。落ちてしまったからと落ち込まずに、次の面接に向けて練習をするのが得策です。

社会のレールから外れるのが怖い

転職活動が上手く行かないと社会のレールから外れた気がして怖くなってしまうかもしれません。

特に思うように転職活動が進まないと、よりその不安な気持ちから面接そのものが怖いと感じてしまうでしょう。

面接官が怖い

面接を受ける側だけではなく、面接官側も真剣に面接をしています。あえて怖い顔をして圧迫面接をしている面接官もいますが、時には自然と怖い顔になってしまう方もいます。

面接官が怖いと思うのではなく、怖いと思わないように面接慣れしていくのがコツです。

POINT

面接が怖いと感じてしまうのは、面接はそもそも緊張する場であり、自分に自信を持てない、練習不足の場合は面接の場が怖くなってしまうから。また不採用が続いたり、失敗が続いたりすると、社会のレールから外れてしまうのではないか、と面接そのものが怖くなってしまう可能性がある。

面接が怖い!を回避する対処法

「面接を受けるのが怖い!」「面接が怖くて、もう受けたくない!」という場合の対処法をお伝えします。面接の恐怖心を無くして、面接を突破する方法をお伝えします。

質問を想定しておく

想定できる質問とその回答を用意しておきましょう。面接官がその質問をする意図、企業が欲しいと思っている人物像を踏まえて、質問とその回答を準備しましょう。

面接が怖い理由の一つに「何が起きるかわからない」という点が挙げられます。聞かれそうな質問をある程度想定して練習しておくことで、わからないことに対する不安を和らげられるでしょう。

面接慣れする

面接を繰り返すことで、面接に対する不安をなくすことができます。「面接の練習をしっかりしてきたから大丈夫」と「また失敗してしまうかも」という不安をなくすことで、面接の怖さを払拭することができるでしょう。

面接の予行練習をしておく

身近な友人や家族などの第三者に面接官になってもらって、面接の予行練習をすれば、面接の場になった時に慌てなくても済むでしょう。

次の面接の練習だと思う

失敗が怖いのであれば、次の面接の練習だと思えば気を楽に面接が受けられるかもしれません。何事も練習だと思って、面接を受けましょう。

面接の練習は、身近な人を頼りに予行練習をしたり、実際に何度も面接を受けて練習するのも一つの手ですが、キャリアコンサルタントのような転職活動のプロに相談するのもおすすめです。

転職活動のプロであるキャリチェンのキャリアコンサルタントは、面接を突破できる面接のポイントやコツ、あなたの魅力をしっかり伝えられる自己PRなど、あなたの転職活動をしっかりサポート致します。是非お気軽にご相談ください。

POINT

面接が怖い!を回避する対処法

・質問を想定しておく
・面接慣れする
・面接の予行練習をしておく
・次の面接の練習だと思う

失敗を怖がらずに挑戦することが大切

23200694 – time for change

転職活動は人生の大きな転機になります。その転職活動の合否を決める面接で緊張したり怖いと感じたりするのは当たり前のことです。失敗を怖がらずに挑戦する気持ちが大切です。

もし転職活動が上手く行かない、面接対策が上手くできない、とお悩みの方は是非キャリチェンのキャリアカウンセラーにご相談ください。面接の準備から面接対策、練習まで丁寧にサポート致します。是非お気軽にご相談くださいね。