応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

仕事が向いてないのは甘え?辞めたい時の判断のポイントと注意点

「この仕事向いていないかも…」と思ったことはありますか?

また「なんとなく向いていない」という理由では、ただの自分の甘えなのかなと思う方もいるでしょう。

今回は、仕事が向いていないと思った時やそう言われた時にチェックしたいポイント、その対処法を紹介します。

安易に転職に踏み出す前に一度立ち止まって考えてみましょう。

仕事が向いてない?そんな時にチェックしたいポイント

「今の仕事、もしかして向いていないかも?」そう悩んでいる時にチェックしたいポイントを7つ紹介します。

自分に当てはまるポイントがあるか確認してみましょう。

仕事の成果が出ているか

仕事の成果が出ていますか?自分では今の仕事が向いていないと思っていても、成果が出ている場合には、仕事に対してポジティブになれないだけであって、実は向いている可能性の方が高くなります。

人は日々の仕事になれてしまうため、成果を出していてもそれが当たり前となってしまっているため、気付きにくいことがあります。小さなことも良いので自分のできている部分をチェックしてみましょう。

将来の自分を想像できるか

会社に憧れの上司や先輩はいるでしょうか?会社の上司や先輩は、未来の自分のポジションです。

その人たちをみて「自分もこうなりたい!」という気持ちを持てていれば、自分のなりたい未来が描けているしモチベーションになるため良いでしょう。

しかし、そういった気持ちがわかなければ、今の会社に居続けても3〜5年後の将来がポジティブに想像できないということになります。

仕事にやりがいを感じているか

今行っている業務にやりがいを感じているか考えてみましょう。誰かのために役に立っていると感じられる瞬間や、何かを達成した喜びを感じることはありますか?

もちろん仕事なので辛いことや嫌なことがあるのは当然で、一日中楽しく過ごせるという日ばかりではないでしょう。

それでも、今の仕事で得られるポジティブな感情があるかどうかを考えてみましょう。

やりがいが感じられているのであれば、向いていないということはありません。

仕事の仕方に問題がないか

仕事の進め方に問題はありませんか?仕事をしている時、どんなシーンで仕事が向いていないかもと思ってしまうのか思い出してみましょう。

例えば数字の入力をいつもミスしてしまい、向いていないかも…と思ってしまう場合、入力ミスを防ぐ仕事の進め方を生み出せば解決するかもしれません。

プライベートが充実しているか

プライベートは充実しているでしょうか?実は、仕事に問題があるのではなくプライベートで様々な問題を抱えていて悩んでいるということが、仕事へも影響をきたしている可能性もあります。

休日なのに仕事のことばかり考えていたり、仕事のことを考えるとプライベートの時間が楽しめないという状態は、上手くストレス発散や気分転換ができていない可能性が高いです。

体調にまで支障をきたしている場合はすぐに辞めたほうがいい場合も…。

職場環境に問題がないか

教育制度が整っていなく誰も教えてくれないといった職場環境では、仕事が上手くいかなくて当然です。この仕事は向いていないと自分で決めてしまう前に、職場環境に問題がないかチェックしましょう。

また、上司からのパワハラやモラハラ・セクハラなどされていないでしょうか?

時と場合によりますが、上司に「この仕事向いていない」と言われるのは、これらのハラスメントに当たる可能性があります。

この言葉は人を傷つける言葉であり、モチベーションを下げる発言です。

とても感情的になっている時に出てしまう言葉で、ビジネスの場において論理的に話す時に用いる言葉ではないでしょう。

そのため、このようなことを言われてもあなたが気にすることはありません。それでも気にしてしまって辛いという場合は転職も視野に入れましょう。

自分に自信が持てるかどうか

自分の仕事に自信が持てない人も、仕事が向いていないと思いやすい傾向にあります。このような気持ちは、新卒時ではなく2年目や3年目といった時期に起こりやすくなるようです。

まだ自分に自信が持てない段階なのに、先輩から「もうできて当たり前」という扱いを受けてしまうと、大きなプレッシャーに感じてしまい「向いていないかもしれない」と考え出してしまうのです。

また、こういった自信のなさは「同期と比べると自分は仕事ができていない」と、他人と比べてしまう方に多くなります。

仕事が向いていないと感じる時の対処法

それでは、仕事が向いていないと感じてしまう時の対処法を3つ紹介します。安易に転職を繰り返してしまう前に、まずはできることを試してみましょう。

向いていないと感じる理由を考える

まずは、自分が今の仕事に向いていないと感じる理由を考えてみましょう。そして、解決する方法はないのか考えてみてください。仕事が向いていないと感じる理由は、「失敗」が大きく影響しています。

人は、仕事で何度も失敗をしてしまうと、向いていないんじゃないかと考えてしまうのです。また、楽しいと感じられなかったり自分の能力が活かせていないように感じたりしても、向いていないと思ってしまいます。

けれど、失敗してしまうなら、失敗しないように打開策を考えれば良いのです。そのためには、失敗してしまう原因の追求をすることや、冷静に分析することが大切です。

「向いていない」のではなく、「投げ出しているだけ」ということを理解し、受け止めてみましょう。

自分のやりたいことや得意なことを見直す

自分のやりたいことや得意なことは何だったのか、初心に戻って考えてみましょう。

最初には、今の会社に入社することにワクワクしていたのではないでしょうか。

人は何度も同じことをしていると、できることが当たり前となってしまい、その成功に気づかなくなってしまう傾向があります。

よくよく考えたら自分はちゃんと成果を出せていることに気づくかもしれません。

初心に戻って考えてみても、最初にやりたかったことと今の業務が違っていたり他にやりたいことがあるなど、今の仕事には満足できないという場合には転職を考えてみましょう。

また、転職して3ヶ月という期間は、仕事の向き不向きの見極めにちょうど良い期間です。早めの段階で思っていたのと違うと気づいた時は、中途半端に半年や1年と続けても無駄な時間となってしまうため、見切りをつけましょう。

信頼できる人に相談する

職場の人に仕事が向いてないと言われて悩んでしまっている場合には、信頼のおける相手に相談してみましょう。

頼れる人がいるだけでも安心感を得ることができますし、具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。相談する相手は会社の同僚や仲の良い相手にするのが良いでしょう。

\上司に相談する時の注意点とは?/

職場の人間関係の悩みは上司に相談してもいい?相談時の注意点とは

まとめ

仕事が向いていないと思った時にチェックしたいポイントや、その対処法を紹介してきました。仕事が向いていないと思ってしまう理由は人によって様々です。

成果を出せていたり、失敗を繰り返してしまうから向いていないと考えてしまっている方は、打開策を考えれ問題を解決すれば、辞める必要がないでしょう。

しかし、精神的にきつい場合や、やりたいことと違っていたという場合には転職を考えてみても良いかもしれません。

ただし、転職活動をする際に、ありのままにマイナス理由を伝えてしまうと採用されにくくなってしまいます。

転職活動を成功させるには、マイナスな理由ではなくポジティブな理由を伝えることが大切です。「次の転職こそ成功させたい!」「自分に合った職場を選びたい」と悩んでいるという方は、ぜひキャリチェンにご相談くださいね。