応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

文系が就職するにはどんな業界、職種がいい?就活の仕方についても紹介

就職活動を行っていると、「理系は就職に有利で文系は不利」と聞いて不安になった方がいるのではないでしょうか?

文系の就職は理系に比べて難易度が高いといわれていますが、実際にはそこまで大差はありません。

今回は、文系の就職と理系の就職の違い、文系の就職先の業界や職種、選考でアピールすることなど紹介します。

文系の就職は難しい?不利になる?理系との違いとは

一般的に、文系は理系に比べて就職が厳しいといわれています。リクルートキャリアの就活みらい研究所「就職プロセス調査 (2021年卒)2020年8月1日時点 内定状況」のデータによると、文系の就職内定率が76.9%、理系の就職内定率は90.8%という結果が出ています。

このことから、「理系の方が就職に有利なのでは?」と感じられるのではないでしょう。しかし、これには、理系は内定が出る時期が早いというカラクリがあります。

実際には、内定をもらうスピードが異なるため、文系と理系での就職率にそこまでの差はないといわれています。

また、文系は幅広く多数の企業を受けることが多く、理系は専門職のため数を絞って受ける傾向があるため、一概に文系と理系でどちらが就職に有利とはいえないでしょう。ただし、大学院卒となると話は別です。

理系の大学院卒者は、研究者やエンジニアとしてすぐに即戦力として活躍しやすいため、採用率が高くなる傾向があります。

その一方で、文系の大学院卒者は大学院で学んだことを活かせることが少なく、企業も初任給を高く支払う必要が出てくるため、採用ニーズにマッチしにくくなります。

文系の就職先の業界とは?

文系の学生が、主に就職先として選ぶ人気の業界を紹介します。

金融

金融の中には、「銀行」「証券会社」「保険会社」「中小企業関係金融機関」「農業関係金融機関」「ノンバンク」「リース業」「政府系金融機関」などがあります。金融というのは、お金を融資したりお金に関わる商品を販売する産業です。

金融というと、とても安定しているイメージがあるのではないでしょうか。実際に、金融は個人や法人問わず無くてはならない存在のため、最も安定している職業といわれています。

また、年収水準も高いことから、文系就活生にとても人気の業界です。

メーカー

メーカーと呼ばれる業界の中には「自動車メーカー」「食品メーカー」「化粧品メーカー」「製薬メーカー」などがあります。工場で材料の加工から始まり、組み立て・商品を作っている業界です。

戦後物資の少なかった日本は加工技術を向上させることで、自動車や家電製品などを製造してきました。そんな世界的ブランドに携わりたいという文系就活生に人気の業界です。

小売

小売業界は、商品や物品を販売する産業で、「飲食料」「衣服」「医薬品」「化粧品」「自動車」「書籍「百貨店」「スーパー」など様々な種類があります。

小売業は日常的に利用するとても身近な存在であるため、ほとんどの方がイメージしやすい仕事でしょう。

小売業はBtoCのため、消費者が喜んだり自分の仕事が役に立っていることを実感しやすく、人気の業界となっています。

サービス 

サービス業には、「人材」「教育」「介護」「警備」「インターネット」「広告」「旅行代理店」「レジャー施設運営」「ホテル運営」と様々な種類があります。

小売業と同じく日常的にサービスを受けていることもあり、身近に感じられる業種です。おもてなしをすることで、人の喜びを感じたり仕事を通じて社会貢献性を実感しやすいため、人気の業界です。

マスコミ

マスコミ業界の中には「アナウンサー」「新聞記者」「テレビ局」「制作会社」「出版社」などがあります。マスコミ業界は、企画力や表現力など自分のセンスを発揮できることや、社会的な影響力が大きいことなどが大きな魅力でしょう。

また、とても華やかな世界に感じられるため、文系就活生に人気が高い業界です。

文系の就職先の職種とは?

次に、文系の就職先に選びやすい職種を紹介します。

営業

自社の商品やサービスの魅力を伝え、自社と顧客の架け橋の役目をするのが営業です。ただ売れば良いだけではなく、顧客の抱える課題の解決策を一緒に考え、提案する力が求められます。

営業とひと口に言っても、既存営業・新規開拓営業・内勤営業など種類があります。営業の仕事は、受注数や会社に貢献した利益額に応じてインセンティブがもらえるため、成果次第で高収入を得ることができる職種です。

人事

人事は、人材採用・人材育成・人事評価・労務管理・人事制度企画立などを行う仕事です。

自社にマッチする人材をどうやって採用するか考え、採用した社員が能力を発揮できる仕組みづくりを担うなど、組織にとって必要不可欠な存在です。

ひと口に人事といっても、大企業と中小企業では人事の仕事内容に相違があります。大企業の人事は業務内容が細分化される傾向があり、それぞれのプロフェッショナルになることが求められます。

それに比べ、中小企業では多岐にわたる人事関連業務をこなすことが多く、マルチに活躍できる人材が求められます。

総務

総務の仕事内容がいまいちわからないという声をよく聞きます。それもその通りで、総務の仕事は、他部署が担当しない仕事を行う役目なのです。そのため、企業によって総務の仕事内容が異なることが多くあります。

その中でもよくある業務が、機器や備品の管理・施設管理・文書管理・株主総会や取締役会の企画と運営・社内行事の企画と運営・電話やメール、来客対応です。

総務の仕事は縁の下の力持ちという役割で、人のサポートをするのが好きな方やコミュニケーション能力の高い方に向いている職種になります。

\総務の仕事について知りたい!/

総務課とは?仕事内容や役割、やりがいや必要なスキルまで紹介

経理

経理は会社のお金の管理をする仕事です。1日単位で行う業務には、現金の出納状況の確認・伝票整理・経費精算・備品の購入があります。

そして、月単位では現金の出納状況の確認・伝票整理・経費精算・備品の購入、年単位では決算書の作成・貸借対照表の作成・源泉徴収税や保険の管理、支払いを行います。

経理は、単純な入力ミスでさえ会社に大きな影響を与える可能性があり、会社にとって重要な役割を担う仕事です。

文系出身者が選考でアピールすべきこととは?

理系の就活生は専門知識をアピールすることができますが、文系就活生は選考で何をアピールすれば良いのかわからないという方も多いでしょう。文系だからアピールすることがないと思う必要はなく、自分の強みをアピールしましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力の高さはアピールできるポイントです。ビジネスシーンでは「相手の話を聞き、自分の意見も伝える意思疎通ができる力」が求められることが多いです。

一方的に話をするのが上手なことは、コミュニケーション能力が高いとは言えないので注意しましょう。

・お客さまの話に熱心に耳を傾けること

・表情や口調から、心情を読み取る力

・相手に的確な質問を投げかけ、お客様の本当のニーズを引き出す力

これらの能力があることを、自分の経験を交えて話せると良いでしょう。

仕事に対する熱意

面接では自社への就職意欲の高さを重視しています。新卒の採用は、就職後の成長を見越したポテンシャル採用が基本です。そのため、中途採用のようにスキルや即戦力を求めているわけではないのです。たとえ能力があったとしても、熱意が感じられなければ成長が期待できないと判断されます。

また、内定を出しても辞退するかもしれないと企業は考えるため、熱意が感じられないと採用を躊躇することがあります。面接では志望動機を明確にし、熱意をアピールしましょう。

\文系出身が手に職をつけられる仕事とは/

【手に職をつける】文系向きの仕事7選!資格や経験は不可欠?

まとめ

文系の就職と理系の就職の違い、文系の就職先の業界や職種、選考でアピールすることなど紹介しました。理系の方が早く内定が出るため就職率が高いように見えるだけであり、文系だからといって就職の難易度にそこまでの大差はないでしょう。

新卒の採用は、就職後の成長を見越したポテンシャル採用が基本のため、スキルがないからと落ち込む必要はありません。コミュニケーション能力や仕事に対する熱意をアピールして、内定を勝ち取りましょう。