応募する

応募する

Tel.03-4500-9361 / 受付時間:平日10:00~19:00

こちらは全て株式会社エージェントゲートでの採用・募集となります。

ハローワークの職業相談で聞くべき内容とは?具体例つきで紹介

初めて退職をしてハローワークに行くことになった方にとって、ハローワークはどんなことを相談することができるのか、失業保険の手続きはどうしたら良いのかなどわからないことが多いでしょう。

ハローワークをスムーズに利用するために、ハローワークで可能な相談内容から行く際の手順、就職活動実績に必要な質問の具体例など紹介します。

ハローワークとは?

ハローワークとは、正式名称「公共職業安定所」と呼ばれ、主に職業紹介事業を行っています。民間が経営する転職エージェントと比較すると、ハローワークは国が運営していることが大きな違いです。

ハローワークは職業紹介の他にも、仕事を失ってしまった方の生活を支援したり、再就職に必要なスキルを身に付けるための「職業訓練校」の紹介も行っています。

以下の記事では、ハローワークに関する詳しい情報を紹介しているので、ぜひこちらも参考にしてください。

\ハローワークとは?ハローワークのメリットやデメリット、民間のエージェントとの比較を紹介/

面接で自己紹介はどうする?好印象を与える例文も紹介

ハローワークの職業相談の内容について

ハローワークではどんな相談ができるのか教えてもらう機会がないため、わからない方も多いのではないでしょうか。

極論、ハローワークでは求職に関する内容であれば、何でも相談が可能です。

求職についての相談

ハローワークでは、検索システムを利用して自分で求人を募集している企業を検索することができます。

そこで気になる求人があれば、窓口の担当者に求人の詳細を確認したり紹介状を発行してくれるなど、応募するための手続きを行ってくれます。

また、求職活動のやり方の指導・適性検査・自己分析・履歴書の添削・面接対策なども実施してれます。

失業保険の受給手続き

ハローワークでは、失業保険の受給手続きも行っています。自分の住んでいる住居地を管轄するハローワークへ行き、求職者登録をします。

そして、離職票を提出し受給資格が確認されたら、別日に行っている「受給者への説明会へ参加します。

失業保険を受給するには、求職活動実績があることや様々な条件を満たす必要があります。

そのため、説明会に参加し自分が適用されるかどうかを確認して、条件を満たしていれば失業保険を受給することが可能となります。

職業訓練校の紹介

ハローワークでは、求職者を対象に「職業訓練校」の紹介も行っています。求職者の中には、本気で再就職したくてもスキルがないことが原因となって、応募条件にすらマッチしないことがあります。

そのため、求職者が希望する企業へ応募できるように、ハローワークが提携している職業訓練校でプログラミングやCAD、簿記、経理など様々な種類の勉強ができるプログラムを用意してくれているのです。

POINT

ハローワークは主に、求職についての相談・失業保険の受給手続き・職業訓練校の紹介などを行っており、求職に関する内容であれば、何でも相談が可能。

ハローワークの職業相談に行く際の手順

ハローワークへ職業相談に行く際の手順を紹介します。事前に調べておかないと、行ってから必要なものが足りず再度伺うこととなってしまうことがあるので注意しましょう。

持ち物

ハローワークにどんな目的で行くのかによって持ち物は異なります。自分でシステムを利用して求人を検索したいだけの場合は、とくに持ち物は必要ありません。

ただし、窓口で履歴書の書き方についても相談したい時は、履歴書も持参しましょう。次に、失業保険の手続きのためにハローワークに行く時は、必要な持ち物が数点あります。以下に、必要な持ち物を記載します。これらがないと受付ができないので注意しましょう。

また、失業保険を受給するために必要な求職活動実績ですが、ハローワークで職業相談を行い、ハンコを押されて初めて活動実績が認められた証拠となります。

言わなくても通常押してくれますが、万が一ハンコなしだった場合には必ず申し出ましょう。

・雇用保険被保険者離職票1

・雇用保険被保険者離職票2

・個人番号確認書類

・身元確認書類(免許証やパスポートなど)

・写真2枚(正面上半身でサイズは縦3.0cm×横2.5cmのもの)

・印鑑(ハンコ)

・本人名義の預金通帳もしくはキャッシュカード

流れ

ハローワークに失業保険の手続きに行く際の流れを紹介します。ハローワークに行ったら、最初に求職の申し込みをし、就職先の希望条件や経験した仕事などを記入します。

雇用保険被保険者離職票1と雇用保険被保険者離職票2を提出し、窓口で離職理由の質問を受け、問題がなければ「雇用保険受給資格者のしおり」が渡され初日はこれで終了です。時間はおよそ1時間程度で終わるでしょう。

次に、初日の手続きから1~3週間後に行われる「雇用保険説明会」に参加します。失業保険の仕組みを2時間程度聞き、「求職活動計画書」が交付されます。

また、失業保険の認定を受けるのに必要な「雇用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」も当日受け取りましょう。初日の手続きから4週間後についに第1回の「失業認定日」となり、失業給付金を受け取ることが可能です。

その後も4週間に1度のペースで、書類申請と面談に出向き、就職活動の状況を話したり職業相談を行う必要があります。

【具体例】ハローワークの職業相談の質問内容

ハローワークで失業保険を受給するためには、最低でも月に2回の活動実績が必要となります。しかし、ハローワークの職業相談で、何を聞くか悩んでしまいますよね。

ここではどんなことを相談すれば良いのかわからない方に向けて、よく質問される内容の具体例を箇条書きにして紹介します。

・自己分析の方法が知りたい

・職務経歴書の書き方が知りたい

・履歴書の書き方が知りたい

・どんな仕事が向いているのかわからない

・うつ病を患ってしまい前職を退職したが、退職理由はどう書くのが良いのか知りたい

・残業がなく、定時で帰れる求人はあるか

・託児所がある職場を希望しているので、どんな求人があるか紹介してほしい

・入ったばかりの新着の求人を見せて欲しい

・フレックスタイム制の求人を希望しているが、どうやって探せばいいのか知りたい

・副業ができる職場を探しているので、探し方を教えてほしい

・職業訓練を受けると優先的に仕事の斡旋をしてもらえるのか知りたい

・〇〇系の職業訓練はありますか?

・職業訓練を実際に受講した人の就職率を教えてほしい

まとめ

ハローワークとは、一体どんなサービスを行っているのか、ハローワークで可能な職業相談の内容、職業相談に行く際の手順、職業相談の質問内容を紹介しました。

また、失業保険を受給するために必要な就職活動実績のために、どんなことを質問したら良いのか、その具体例も紹介しました。失業保険の受給手続きに電話や予約など不要ですが、持ち物だけは忘れると手続きができないため、注意しましょう。

また、ハローワークの職員は強く就職活動の状況を聞くことは少ないです。そのため、必要以上に不安になることはありません。職業相談では、自分の気になる質問を聞いたり相談してみましょう。